夢破れて山河あり 意味。 夢破れて山河有り。。。。国語の授業か何かで昔習ったと思うんですがこ...

ねこ猫まんま

夢破れて山河あり 意味

国破れて山河あり 読み: くにやぶれてさんがあり 国は戦乱で滅びてしまったが、山や川は元の自然のまま変わらず存在している。 「国破れて山河あり」とは、「変化する人の世」と「変わらない自然」とを比べ、今の自分の心境を表す言葉です。 自然の偉大さに感動する言葉と捉える人も多いですが、それよりも、時の流れを肌に感じたことで、今の自分の状況を嘆くのほうがが大きいです。 1-1.作者は中国の詩人「杜甫(とほ)」 「国破れて山河あり」は、中国の詩人、杜甫の記した「春望」という詩の冒頭の一文です。 杜甫は中国の唐の詩人です。 中国にはもう一人、中国文学史上最高の詩人として李白(りはく)という人がいます。 この人は「詩仙(しせん)」と呼ばれていることから、これに対し杜甫は「詩聖(しせい)」と呼ばれています。 杜甫は、詩の題材に社会情勢や政治の矛盾などを積極的に盛り込みました。 そのことから、後の世ではその作風が「詩史(しし)」と呼ばれています。 「詩史」とは、史実や伝記を詩の形で記すことをいいます。• 国破山河在:国破れて山河あり 城春草木深:城春にして草木深し 感時花濺涙:時に感じては花にも涙を濺ぎ 恨別鳥驚心:別れを恨んでは鳥にも心を驚かす 烽火連三月:峰火三月の連なり 家書抵万金:家書万金に抵る 白頭掻更短:白頭掻けばさらに短く 渾欲不勝簪:渾べて簪に勝へざらんと欲す 杜甫が46歳の時のことです。 当時唐を治めていた玄宗(げんそう)は、優れた皇帝でしたが、世界三大美女として知られる楊貴妃(ようきひ)に夢中になりました。 二人は深く愛し合いましたが、政治をほったらかして長安から離れた温泉に入り浸り、楊貴妃の一族が唐の政治を思うがままにするようになってしまい、それを快く思わない家臣の間で争いが起こります。 家臣の一人である安禄山(あん・ろくざん)が反乱を起こし、玄宗と楊貴妃は逃亡、長安の都は反乱軍に占領されてしまいました。 これが後の世にいわれる、「安史の乱(あんしのらん)」です。 (この時の玄宗と楊貴妃の逃避行は、後に「長恨歌(ちょうごんか)」という漢詩に歌われ、平安時代に日本に伝わり大ブームとなりました) 杜甫は新たに立った皇帝の元に急いで駆けつけようとして、占領された長安を脱出しようとします。 しかし反乱軍に捕まり、家族と引き離されて約二年も長安に閉じ込められ、監視されることになってしまったのです。 「春望」はこの時の不安や焦り、家族への思いといった心境を表した詩とされています。 2.松尾芭蕉が詠んだ「国破れて山河あり」の解釈は? 「奥の細道」の作者である松尾芭蕉は、平泉を訪れた時に、杜甫の「春望」を思い出し、句を詠んでいます。 <原文> 国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、笠打敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ。 <現代語訳> 杜甫は、「春望」で「国破れて山河あり」と詩を詠んでいる。 「国が滅びてしまっても、山や河は昔と変わらずそのままだ。 荒廃した城にも変わらず春は巡ってくるが、ここには草木がただ生い茂っているだけだなあ」。 私は笠を置いて腰をおろし、その詩を思い出しながら、いつまでも栄華盛衰の移ろいを思って涙した。 この話は「平泉(ひらいずみ)の段」です。 「奥の細道」で、芭蕉は見たままの風景を表現するために杜甫が詠んだ「青草深し」を「青草みたり」としました。 杜甫の表現した「青草深し」は、杜甫が見た風景であるとともに、人間の世とは関係なく営みを続ける自然に、人間の身勝手さをも嘆く気持ちが込められています。 ちなみに、芭蕉は平泉で、有名な「夏草や兵どもが夢の跡」という句も詠んでいます。 かつてこの地は、藤原一族が治め栄華を誇っていました。 源平合戦の後、源義経(みなもとのよしつね)が再起を誓い、落ち延びたこの地では、多くの兵士が戦い命を落としていきました。 しかし芭蕉がこの地を訪れた時には、平泉は草が生い茂る静かな場所へと様変わりしていました。 芭蕉は「人の行いや思いは時と共に消えてしまう。 だが自然はそれに関係なく営みを繰り返し残り続けていくのだ」としみじみ思い、この句を詠んだと言われています。• 今までがむしゃらに仕事をしてきましたが、中途退社せざるを得ない今は、 国破れて山河ありという心境です。 戦争に行った人が、日本に帰って思ったのは 国破れて山河ありという思いだった。 人間のすることの愚かさに対する悲しみだけだけが残ったそうだ。 「 国破れて山河あり」は中国の都の話が題材だが、平家物語にも通じるものがあるように思う。 変化し続ける人の世の中と自然の変わらない営みを比べることで、より 今の悲しい気持ちを強調する時にふさわしい言葉が「国破れて山河あり」なのです。 4.「国破れて山河あり」の間違った使い方に注意 「国破れて山河あり」を、 「国は滅びても自然は変わらず営みを続けるのあきらめるな」という励ましの意味で使う人もいます。 「春望」では、苦労の末にようやく高官に仕える仕事に就けた杜甫が、戦でその地位を失い、家族とも引き離され、不安を抱えていた時の心情を語った詩です。 そのため本来は「夢も希望もなくただただ不安だ」という心を示すものなので、使う時には注意しましょう。• The country is in ruins,and there are still mountains and rivers. (国は没落しても、山と川は変わらずあり続ける)• Empire broken mountain river remain. (国は壊れても山と川は残る) 「奥の細道」を英訳した、日本文学者のドナルド・キーン氏は、「国破れて山河あり」を以下のように訳しています。 「Countries may fall,but their rivers and mountains remain. 」 remainには「生き残る、取り残される」という意味があり、他の英訳が直訳であることに比べ、より心情を加味した訳となっています。 まとめ 「国破れて山河あり」は、中国の杜甫の詩「春望」の一節です。 日本でも多くの人がその詩を読み、松尾芭蕉の「奥の細道」にも引用されました。 「国が滅びてしまっても、山や川は変わらず営みを続けている」ことと「過去の栄光を失ってしまった今の自分」を重ね合わせ、今自分が置かれた現状を嘆く意味が込められています。 過去を振り返り、不安や悲しみにくれる心情を表現する言葉なので、使う場合には注意が必要です。

次の

今日のことわざ『国破れて山河あり』

夢破れて山河あり 意味

こんにちは、とるてです。 いつもご覧いただきありがとうございます。 今日はある言葉を紹介しながら、考察していきたいと思います。 その言葉とは 国破れて山河在りです。 みなさんどこかで目や耳にしたことがあるのではないでしょうか?• 国破れて山河在り 私がこの言葉を強く意識したのは数年前です。 それまでに出会ったことはあったと思いますが、意識していなかったこともあり、心には引っかかっていませんでした。 よく間違いとしてあるのは、• 夢破れて山河在り• 国敗れて山河在り ですね。 これらは間違いです。 この言葉の出自は、誰もが聞いたことがあるであろう中国の詩人、 杜甫です。 李白と並び称され、 詩聖と呼ばれています。 この言葉が出てくる全文としては、次の詩になります。 國破れて 山河在り• 城春にして 草木深し• 時に感じて 花にも涙を濺ぎ• 別れを恨んで 鳥にも心を驚かす• 峰火 三月に連なり• 家書 萬金に抵る• 白頭掻いて 更に短かし• 渾べて簪に 勝えざらんと欲す 訳はこのようになるようですね。 国都(の長安は)は破壊されてしまったが、山や川は(昔と変わることなく)存在している。 (荒れはてたこの)町にも(いつもと同じように)春がやってきて、草や木は深くおい茂っている。 (この乱れた、いたましい)時世に心を痛め悲しんで、(いつもの春ならば楽しむはずの)花を眺めて涙をこぼし、 (家族と)はなればなれになっていることをうらめしく嘆いては、(楽しいはずの)鳥の声にはっと胸をつかれる。 (いくさの)のろしは幾月もの間ずっと続いてうちあげられて(戦乱はいつ終わるとも知れず)、 家族からの手紙は万金に価するほど貴重なものに思われる。 (悲しみのあまり)しらが頭をかきむしると、(髪の毛は心労のために)ますます短くなっていて、 冠をとめるかんざしをさすことがまったくできなくなろうとしている。 この詩を読んで、みなさんはどのように感じるでしょうか?捉え方は人それぞれかもしれませんが、私は ハッとさせられました。 当時はうつで苦しんでいたこともあり、心が安らぐような言葉を探したり、理不尽な世の中を憂いていました。 私の解釈 出会っていたかもしれないであろう学生時代には何の不安も無かったため、恐らく自分の中で引っかからずにスルーしていたのでしょう。 ところが厭世観が強くなっていたうつ期には、これが刺さりました。 特に前半部分ですが、 戦乱の世の中で国が滅んでしまっても、自然である山や川は変わらずに存在している。 私の解釈は、現在と置き換えて次のように捉えていました。 こんなにも昔から、世の中を憂いている人はいるんだ。 いつの時代も戦争は無くならない。 戦争は人の欲や権力を持っている人によって引き起こされる。 なんて愚かなことだろう。 自然はただただそこに存在しているのに。 破壊しているのに環境破壊だ、自然災害だ、なんて叫んでいるのはその人間。 人間は愚かすぎる。 他の生物からしたら、一番の天敵でいらない存在ではないだろうか? 人間の欲 現在は日本で内戦は起こっていませんが、世界では戦争が絶えません。 戦争ではなくとも、世の中いろんな争いが起こっています。 それらは異常で過剰な欲によって引き起こされています。 欲をザっと挙げるだけでもこんな感じです。 三大欲求 食欲 性欲 睡眠欲• 五大欲求 食欲 性欲 睡眠欲 自己顕示欲・自己実現欲求• 五欲 財欲,色欲,食欲,名誉欲,睡眠欲• 七欲 食欲、金銭欲、物欲、色欲、権力欲、名誉欲、睡眠欲 しかし生きていく為に必須であろう三大欲求を除くと、金銭欲や名誉欲というものは、いき過ぎると争いを生んでしまいます。 お金も名誉も死んだらおしまい。 そんなにがっついてお金を貯めようと、名誉を得ようと、墓場まで持って行けません。 昔からそう、頑張って頑張って自分を蔑ろにして生きたところで、得られるのは過剰なお金であったり、名誉であったり、権力であったり、異性であったり。 でも 自然は何でも受け入れてくれる。 どんな人、生物だろうと 平等に。 世の中根本的には変わらないし、変えることも不可能に近い。 それならば達観しよう。 自然と共存したい。 あるがままを受け入れ、少欲知足の精神で、自分を労わる。 欲は必要だ!と声高に言う人もいるけれど、確かに最低限は必要だろうし、それが人間らしさかもしれない。 それでも欲はキリがなく、過剰にはいらない。 自分自身が充実して、納得できればそれでいい。 そのような考え方のほうへシフトさせていきたい。 私はこのような考え方に至りました。 うつの調子が良くなった今でも、この時の思いはそのままです。 少し冷めた目で現実を見ていますが、それはそれで楽です。 うつになる前のほうが幸せだっただろうけど、もう戻れないんだから、そんなことを考えても仕方がないです。 松尾芭蕉 ちなみにあの 松尾芭蕉も、この杜甫の詩を引用しています。 芭蕉は杜甫を尊敬、崇拝していたようですね。 あの有名な、奥の細道の一節に出てきます。 三代の栄耀一睡のうちにして大門の跡は一里こなたにあり。 秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。 まづ高館にのぼれば北上川南部より流るる大河なり。 衣川は和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落ち入る。 泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて、南部口を固め、夷を防ぐと見えたり。 さても義臣すぐってこの城にこもり、功名一時のくさむらとなる。 「 国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と、 笠うち敷きて、時の移るまで涙を落としはべりぬ。 夏草や兵(つはもの)どもが夢の跡 卯の花に兼房見ゆる白毛(しらが)かな 曽良 芭蕉といえば、 夏草や兵どもが夢の跡のほうが有名ですね。 世の中はいつになっても根本的なところは変わらないんだな、と思わされました。 やはり歴史は繰り返す、ですね。 さいごに 世の中にはいろんな人がいていろんな考え方があります。 十人十色とも言いますし、それは否定しません。 しかし過剰な欲、人に迷惑をかける行為はいかがなものでしょうか?それよりも周囲の人や自然に感謝の気持ちを持って生きてみませんか? 因果応報とも言います。 感謝の気持ちや優しい気持ちを謙虚に持ち、自然に畏怖の念を持って接すると、生きることが楽になっていきます。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

夢 破れ て 山河 あり 城 春 にし て 草木 深 し

夢破れて山河あり 意味

芭蕉句碑|松尾芭蕉と中尊寺|五月雨の 降残してや 光堂 typeahead-container', widget. 帝は怒りて、三司に詔して雑問せしむ。 poiClasses; if! 張忠綱編注『杜甫詩話六種校注』(斉魯書社、2002年) 杜甫の作品は収録されていないが、宋の蔡夢弼『杜工部草堂詩話』など6種類の詩話を収録している。 elements['q']. toggleClass 'selected', e. removeClass this. 観光スポット周辺• source. onHide this ; if this. 昔からそう、頑張って頑張って自分を蔑ろにして生きたところで、得られるのは過剰なお金であったり、名誉であったり、権力であったり、異性であったり。 夏草や兵(つはもの)どもが夢の跡 卯の花に兼房見ゆる白毛(しらが)かな 曽良 芭蕉といえば、 夏草や兵どもが夢の跡のほうが有名ですね。 杜甫はしばしば賦頌を奉り、それによって誇って言うには、「わが先祖の杜恕・杜預以來、儒者の家としての伝統を継ぎ、仕官の家としての本文を守り続けること11代、杜審言に至って、文学をもって中宗皇帝のみ代に世に知られるようになりました。 style[typeof this. 黒川洋一『杜甫 ビギナーズ・クラシックス』角川学芸出版、2012年、14頁。 this. いつの時代も戦争は無くならない。 春 望 (五言律詩。 data. 戦乱ののろし火は、もう何ヶ月も続いていて、家族からの手紙は万金にも値(「あたい」)する(ほど貴重である)。 errorClass ; api. (元年) : 河南府鞏県(現在の)で生まれる。 ですが、ひとりひとりドラマがあり、苦しみに耐えていると思います。 「春望」の背景は「安史の乱」 「国破れて山河あり」の歴史的な背景は、「安禄山(あんろくざん)の反乱(安史の乱)」です。 getAttribute 'data-dateFormat' ; if! 松原朗編『杜甫と玄宗皇帝の時代』 、2018年• 津坂東陽『杜律詳解』(上中下、関西図書、1897年(明治30年))• opener. selectedFilter. push '• (国は没落するが、山河は依然としてありつづける)」となり、「春望」は「Spring View」です。 options. 高木正一『杜甫』 、1969年• lastSuccessfulQuery! 臣歎其功名未就、志氣挫衄。 どんな人、生物だろうと 平等に。 あの有名な、奥の細道の一節に出てきます。 slice i. 林継中『新訳杜詩青華』(全2冊、、2015年、台湾)。 val newVal. query , value : this. options. emit 'website-click-event' ; taRecord. 本文 [ ] 書き下し文 [ ] 国破れて 山河在り (くにやぶれて さんがあり) 城春にして 草木深し (しろはるにして そうもくふかし) 時に感じては 花にも涙を濺ぎ (ときにかんじては はなにもなみだをそそぎ) 別れを恨んでは 鳥にも心を驚かす (わかれをうらんでは とりにもこころをおどろかす) 烽火 三月に連なり (ほうか さんげつにつらなり) 家書 万金に抵る (かしょ ばんきんにあたる) 白頭掻けば 更に短く (はくとうかけば さらにみじかく) 渾て簪に 勝えざらんと欲す (すべてしんに たえざらんとほっす) 口語訳 [ ] 国の都の長安は戦争で破壊されてしまったが、山や河は昔のままである。 杜甫 find this. this. 『 詩人篇 六・七 杜甫』(、2019年5月-)全12巻(後者は未刊)- 抄訳 日本語での杜甫評伝・研究 [ ]• そのとき厳武が再び成都尹兼剣南東西川節度使となって成都にかえってくることを知り、1年9ヶ月ぶりに草堂へと戻る。 「国破れて山河あり」の由来 「国破れて山河あり」は、杜甫 とほ という人物の『春望 しゅんぼう 』という詩集の一説です。 (大暦5年) : 4月、潭州から乱を避けて、湘江を南にさかのぼり、衡州に入った杜甫は。 'set' : 'clear'] paramName, target. (この時の玄宗と楊貴妃の逃避行は、後に「長恨歌(ちょうごんか)」という漢詩に歌われ、平安時代に日本に伝わり大ブームとなりました) 杜甫は新たに立った皇帝の元に急いで駆けつけようとして、占領された長安を脱出しようとします。 召されて京兆功曹參軍に補せられしも、至らず。 杜甫は、唐の時代の中国でもっとも有名であった詩人です。 縣令具舟迎、乃得還。 「国破れて山河あり」に込められた意味は?引用された詩の作者は誰? 贊曰、唐興、詩人承陳隋風流、浮靡相矜。 removeClass this. 二人は深く愛し合いましたが、政治をほったらかして長安から離れた温泉に入り浸り、楊貴妃の一族が唐の政治を思うがままにするようになってしまい、それを快く思わない家臣の間で争いが起こります。 次に、具体的な使い方を例文で紹介します。 しかしながら琯はその性格に余りにも抜けたことがあり、かつ琴を鳴らすことを過度に好むところがありました。 source. clientHeight document. まとめ 「国破れて山河あり」は、中国の杜甫の詩「春望」の一節です。 options. options. 數しば寇亂を嘗むるも、節を挺して汙す所なく、歌詩を為りて時の橈弱を傷み、情は君を忘れず、人は其の忠を憐むと云う。

次の