ドラえもん しずかちゃん お 風呂。 【悲報】しずかちゃんお風呂好きすぎて体のにおいがキツかった?理由は?

【悲報】しずかちゃんお風呂好きすぎて体のにおいがキツかった?理由は?

ドラえもん しずかちゃん お 風呂

しずかの愛称はアニメでの「しずかちゃん」呼びが馴染み深いですが、マンガでの愛称は一貫して「しずちゃん」となっています。 この変更は「しずかちゃんのほうが音としてわかりやすいから」とアニメ制作側が原作者同意のもとで行ったものです。 また、アニメが海外向けにローカライズされた際にはsueという名前に改名されました。 これはローカライズされた作品で度々見られる、馴染みやすい発音に変えるための処置で、他のキャラクターも例えばジャイアンがBig Gとなるなどの変更が加えられています。 あまり知られていない事実として、マンガの連載開始当初は本名が「しず子」と表記される事がありました。 名前が変わってしまったというのは驚きです。 長寿マンガ・長寿アニメの例に漏れず、『ドラえもん』も画風が徐々に変化していきました。 その結果、しずかの見た目も少しずつ変わっていっています。 藤本弘 藤子・F・不二雄 は特にしずかちゃんの描写に思い入れがあったらしく、より可愛らしく絵が変化していきました。 単行本収録時の修正も多く、なかには単行本化の際に修正した上で自選集出版の際、再修正を加えたことも。 アニメでも、長い放送の間に徐々に可愛らしい方向へ変化していきました。 特に放送開始直後と2000年以降は作画監督による変化が大きく、毎週違う姿を見せていたこともあります。 2005年のリニューアル以降は制作体制の見直しからそれまで見られた各話ごとの変化は減りましたが、そのかわりにデザインが変更されました。 藤子のタッチを残しつつ、より現代的な可愛らしさを持った姿となっています。 長寿マンガらしく、キャラクターの性格に変遷が見られる『ドラえもん』のキャラクター。 その中でも性格の変化が著しいのがしずかちゃんで、最初はかなりお転婆な少女でしたが、徐々にマドンナらしい優しくて可愛らしいキャラクターになっていきました。 藤本の中では、連載を続けるにつれてしずかちゃんのヒロインとしての位置づけに変化が現れたようです。 その変化が伺える作品として、「水たまりのピラクル」という短編があります。 本作でのしずかちゃんは、雑誌掲載時にはスネ夫の誘いに乗ってのび太を放置し、のび太の方に行けば不満をいうなどのかなりひどい仕打ちを見せていました。 ですが、本作が単行本に収録された際には、スネ夫の誘いを断ってのび太についていき、のび太の不満をフォローするなど思いやりのある性格にリライトされています。 とはいえ、お転婆さが鳴りを潜めたあとでも、子どもらしく背伸びをしたがる姿も見られました。 両親が泊りがけで出かけた時に夜更かしと洒落込む姿からは、単なる優等生ではない一面が伺えます。 性格が変わる前のしずかちゃんは、かなり口の悪い少女でした。 のびたに対して「クラスでいちばんわずれんぼのあんたが?」と言い放つ姿は象徴的と言えるでしょうか。 また、性格が安定してからも度々胸の内を伺わせる発言が見られます。 自分がついているから安心しろというのび太に「だから心配なのよ」と言い切ったり、エイプリルフールの嘘について、ハラハラさせてホッとさせるのがいいと、騙される側からすると心臓に悪い持論を展開したりと、意外な「黒しずかちゃん」の姿が垣間見えます。 また、のび太の趣味を「幼稚」とバッサリ切り捨てるなど、イメージにそぐわない反応を見せることもありました。 意外と冷淡な性格をしているのかもしれません。 前述の「水たまりのピラクル」 単行本化後 のように聖人ぶりが発揮される話も多いのですが、ときおり見える腹黒さもまた彼女らしさと捉えるべきです。 ただただ人がいいだけのキャラクターよりも人間味が感じられる……というのはいいすぎでしょうか? しずかちゃんの趣味の一つに、バイオリンがあります。 同じく音楽系の習い事であるピアノはいやいやしている描写が多いのに対し、バイオリンを手にした彼女の楽しそうなことといったらこの上ないレベル。 好きこそものの上手なれという言葉がありますが、彼女のバイオリンには当てはまりません。 のび太曰くジャイアンの歌と並び立つ騒音公害なのです。 ジャイアンの歌ほどピックアップされることはありませんが、母親に演奏を止めさせられたこともあります。 更にアニメオリジナルストーリーやゲーム作品では武器扱いされたことまでありました。 ですが、このバイオリンが下手という設定はマンガの連載が進行する中で固まっていったもののようです。 初期のマンガにはみんなの前で演奏して褒められるなど、普通に聴ける描写がありました。 しずかちゃんの好物の一つに焼き芋があります。 チーズケーキや寿司を抑えての一番好きな食べものなのですが、本人はどうやら焼き芋好きを恥ずかしいことと思っているようです。 人の好き嫌いや恥ずかしさに関しては個々に差があるものですが、彼女の恥ずかしがり方は凄まじいものがありました。 そのことが伺えるのが「しずちゃんの心の秘密」。 しずかちゃんの誕生日プレゼントに彼女が一番欲しいものを渡したいと思ったのび太は、ドラえもんの道具「アンケーター」でしずかちゃんの疑似人格を作り出し、好物を聞きます。 本来この道具は質問を拒否することは無いのですが、彼女の疑似人格は答えを隠そうと必死になりました。 22世紀の科学力をも跳ね返さんとするそのすさまじい意志力たるや、よほど焼き芋好きが恥ずかしいようです。 また、恥ずかしいことをどうしても表に出したがらない、プライドの高さも伺える話でしょう。 女の子らしさとは裏腹にお転婆なところを持つしずかちゃん。 実は腕力も男子顔負けです。 「正かくグラフ」という道具でのび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫の力を計測した結果、しずかはのび太の2倍、スネ夫に匹敵する力もちだと判明しました。 さすがにジャイアンはかないませんが、彼女のイメージからは大きく離れた結果と言えます。 その力が存分に発揮されるのがキレた時。 ひみつ道具で災難にあった際、その元凶となったのび太やドラえもんがギッタギタのメッタメタにされるシーンが散見されます。 また、のび太と体を入れ替えた際にはスルスルと大木を登りきり、野球をやれば大活躍とその運動神経の良さを発揮しました。 先ほど紹介したグラフの正しさが証明された形ですね。 しずかちゃんの趣味嗜好を見てみましょう。 前述のバイオリンやお風呂の他、人形やぬいぐるみが好きで集めていたり、植物を愛でている描写や写生をしている場面も多く見られます。 絵に関してはかなりの腕を持つらしく、デザイナー志望で画家に評価されるほどの画才を持つスネ夫より上手と評されたこともありました。 また、カラオケを行った際にはマイクを離そうとしないことや、気分がいい時に鼻歌を披露することなど、歌うことが好きだと思われる描写もあります。 料理も好きで母と一緒にクッキーを焼いた際の評判は上々でした。 ですが、一人で作った際には砂糖と塩を取り間違えるというフィクションにありがちなミスをしてしまったところを見るに、得意ではないようです。

次の

ドラえもんのしずかちゃんの苗字は?お風呂は?お父さんは?誕生日はいつ?

ドラえもん しずかちゃん お 風呂

しずかの愛称はアニメでの「しずかちゃん」呼びが馴染み深いですが、マンガでの愛称は一貫して「しずちゃん」となっています。 この変更は「しずかちゃんのほうが音としてわかりやすいから」とアニメ制作側が原作者同意のもとで行ったものです。 また、アニメが海外向けにローカライズされた際にはsueという名前に改名されました。 これはローカライズされた作品で度々見られる、馴染みやすい発音に変えるための処置で、他のキャラクターも例えばジャイアンがBig Gとなるなどの変更が加えられています。 あまり知られていない事実として、マンガの連載開始当初は本名が「しず子」と表記される事がありました。 名前が変わってしまったというのは驚きです。 長寿マンガ・長寿アニメの例に漏れず、『ドラえもん』も画風が徐々に変化していきました。 その結果、しずかの見た目も少しずつ変わっていっています。 藤本弘 藤子・F・不二雄 は特にしずかちゃんの描写に思い入れがあったらしく、より可愛らしく絵が変化していきました。 単行本収録時の修正も多く、なかには単行本化の際に修正した上で自選集出版の際、再修正を加えたことも。 アニメでも、長い放送の間に徐々に可愛らしい方向へ変化していきました。 特に放送開始直後と2000年以降は作画監督による変化が大きく、毎週違う姿を見せていたこともあります。 2005年のリニューアル以降は制作体制の見直しからそれまで見られた各話ごとの変化は減りましたが、そのかわりにデザインが変更されました。 藤子のタッチを残しつつ、より現代的な可愛らしさを持った姿となっています。 長寿マンガらしく、キャラクターの性格に変遷が見られる『ドラえもん』のキャラクター。 その中でも性格の変化が著しいのがしずかちゃんで、最初はかなりお転婆な少女でしたが、徐々にマドンナらしい優しくて可愛らしいキャラクターになっていきました。 藤本の中では、連載を続けるにつれてしずかちゃんのヒロインとしての位置づけに変化が現れたようです。 その変化が伺える作品として、「水たまりのピラクル」という短編があります。 本作でのしずかちゃんは、雑誌掲載時にはスネ夫の誘いに乗ってのび太を放置し、のび太の方に行けば不満をいうなどのかなりひどい仕打ちを見せていました。 ですが、本作が単行本に収録された際には、スネ夫の誘いを断ってのび太についていき、のび太の不満をフォローするなど思いやりのある性格にリライトされています。 とはいえ、お転婆さが鳴りを潜めたあとでも、子どもらしく背伸びをしたがる姿も見られました。 両親が泊りがけで出かけた時に夜更かしと洒落込む姿からは、単なる優等生ではない一面が伺えます。 性格が変わる前のしずかちゃんは、かなり口の悪い少女でした。 のびたに対して「クラスでいちばんわずれんぼのあんたが?」と言い放つ姿は象徴的と言えるでしょうか。 また、性格が安定してからも度々胸の内を伺わせる発言が見られます。 自分がついているから安心しろというのび太に「だから心配なのよ」と言い切ったり、エイプリルフールの嘘について、ハラハラさせてホッとさせるのがいいと、騙される側からすると心臓に悪い持論を展開したりと、意外な「黒しずかちゃん」の姿が垣間見えます。 また、のび太の趣味を「幼稚」とバッサリ切り捨てるなど、イメージにそぐわない反応を見せることもありました。 意外と冷淡な性格をしているのかもしれません。 前述の「水たまりのピラクル」 単行本化後 のように聖人ぶりが発揮される話も多いのですが、ときおり見える腹黒さもまた彼女らしさと捉えるべきです。 ただただ人がいいだけのキャラクターよりも人間味が感じられる……というのはいいすぎでしょうか? しずかちゃんの趣味の一つに、バイオリンがあります。 同じく音楽系の習い事であるピアノはいやいやしている描写が多いのに対し、バイオリンを手にした彼女の楽しそうなことといったらこの上ないレベル。 好きこそものの上手なれという言葉がありますが、彼女のバイオリンには当てはまりません。 のび太曰くジャイアンの歌と並び立つ騒音公害なのです。 ジャイアンの歌ほどピックアップされることはありませんが、母親に演奏を止めさせられたこともあります。 更にアニメオリジナルストーリーやゲーム作品では武器扱いされたことまでありました。 ですが、このバイオリンが下手という設定はマンガの連載が進行する中で固まっていったもののようです。 初期のマンガにはみんなの前で演奏して褒められるなど、普通に聴ける描写がありました。 しずかちゃんの好物の一つに焼き芋があります。 チーズケーキや寿司を抑えての一番好きな食べものなのですが、本人はどうやら焼き芋好きを恥ずかしいことと思っているようです。 人の好き嫌いや恥ずかしさに関しては個々に差があるものですが、彼女の恥ずかしがり方は凄まじいものがありました。 そのことが伺えるのが「しずちゃんの心の秘密」。 しずかちゃんの誕生日プレゼントに彼女が一番欲しいものを渡したいと思ったのび太は、ドラえもんの道具「アンケーター」でしずかちゃんの疑似人格を作り出し、好物を聞きます。 本来この道具は質問を拒否することは無いのですが、彼女の疑似人格は答えを隠そうと必死になりました。 22世紀の科学力をも跳ね返さんとするそのすさまじい意志力たるや、よほど焼き芋好きが恥ずかしいようです。 また、恥ずかしいことをどうしても表に出したがらない、プライドの高さも伺える話でしょう。 女の子らしさとは裏腹にお転婆なところを持つしずかちゃん。 実は腕力も男子顔負けです。 「正かくグラフ」という道具でのび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫の力を計測した結果、しずかはのび太の2倍、スネ夫に匹敵する力もちだと判明しました。 さすがにジャイアンはかないませんが、彼女のイメージからは大きく離れた結果と言えます。 その力が存分に発揮されるのがキレた時。 ひみつ道具で災難にあった際、その元凶となったのび太やドラえもんがギッタギタのメッタメタにされるシーンが散見されます。 また、のび太と体を入れ替えた際にはスルスルと大木を登りきり、野球をやれば大活躍とその運動神経の良さを発揮しました。 先ほど紹介したグラフの正しさが証明された形ですね。 しずかちゃんの趣味嗜好を見てみましょう。 前述のバイオリンやお風呂の他、人形やぬいぐるみが好きで集めていたり、植物を愛でている描写や写生をしている場面も多く見られます。 絵に関してはかなりの腕を持つらしく、デザイナー志望で画家に評価されるほどの画才を持つスネ夫より上手と評されたこともありました。 また、カラオケを行った際にはマイクを離そうとしないことや、気分がいい時に鼻歌を披露することなど、歌うことが好きだと思われる描写もあります。 料理も好きで母と一緒にクッキーを焼いた際の評判は上々でした。 ですが、一人で作った際には砂糖と塩を取り間違えるというフィクションにありがちなミスをしてしまったところを見るに、得意ではないようです。

次の

しずかちゃんの入浴シーンはカット? 米版ドラえもん放映決定 海外ファン期待

ドラえもん しずかちゃん お 風呂

設定 [ ] 周囲の人物からの二人称は、原作では「しずちゃん」と呼ばれているが、アニメ版では「しずかちゃん」が定着している。 アメリカ版では「Sue(スー)」という愛称になっている。 また、連載初期は「しず子」と表記されていることもあった。 両親からの呼び名は「しずか」。 なお、初期には・からも「しずか」と呼ばれたことがあった。 1973年と1979年4月2日の初アニメ化から2005年3月18日まで32年に渡って茶色の栗毛だったが、放送開始から約30年以上が経過して同年4月15日からは黒髪に変更されたほか、目を閉じる動画が睫毛と一緒に下がるものに変更された(目が回っている場面を除く)。 (日本テレビ版アニメ)、及び第2作1期では桃色(または赤)一色の服。 同じく、桃色で白いラインが入ったふんわりめのスカートをほぼ毎回着用していたが、では着用していない(これに近いトレーナーや襟付き服、及び普段着などは着ている)。 2017年7月28日放送の「あの名作が帰ってくる!ドラえもん夏の1時間スペシャル」からは再度リニューアルが行われ、桃色の襟付き服着用時のスカートの色が、青と緑から赤に変更されている。 髪型はで()、眠る時や入浴時も解かないが、第2作2期では解いている場面も見られるようになった。 彼女が他の登場人物を呼ぶ場合、原作の大半とそれにならったアニメ第2作(テレビ朝日版)では、、のび太、、をそれぞれ「ドラちゃん」、「のび太さん」、「スネ夫さん」、「たけしさん」など、おおむね「さん」付けで呼んでいる。 の初期(1982年10月の「人間メカを作ろう」まで)では「さん」付けではなく、「のび太くん」「たけしくん」など「くん」付けで呼んでいた。 原作でも初期ではドラえもんのことも「ドラえもんさん」、「ドラえもん」と呼んでいた(2巻「ロボ子が愛してる」では「野比くん」と呼んでいる)。 その他にも、原作中に、ジャイアンを「ジャイアンさん」などと呼んでいた時期もあった。 またアニメ第2作1期の初期では「ジャイアン」と呼び捨てにしていた時期もあった。 長編映画では、『』、『』、『』の3作品までは、のび太、ジャイアン、スネ夫のことを「くん」付けで呼んでおり、『』以降は「さん」付けで呼ぶようになっている。 一方、「」では、のび太を一貫して「さん」付けで呼んでいる。 『恐竜』、『宇宙開拓史』、『大魔境』も同様である。 のび太との身長差に関する描写は、相対的に高く描かれることもあれば低く描かれることもあり、一定しない。 原作の誕生日に関する場面は、があったり 、半袖だったり 、さらには12月2日という説もあり全く一定でない。 アニメでは誕生日の設定は定かでないものの、誕生日を5月(何日かは不明)とする設定がある。 テーマソングとして「しずかちゃんのうた」(作曲・編曲:、歌:)と「おとなりのプリンセス」(作詞:、作曲・編曲:、歌:)がある。 前者はテレビアニメ第2作1期、後者はテレビアニメ第2作2期の曲となっている。 の 、天野星夫 、西条ひろみ 、郷ヒデキ 、タレントのトシちゃん(または田原のトンちゃん )、 、 、福山雅秋() 、甘栗旬() 、 の大ファン。 美容には気を遣っており、「顔の美容体操」を行っている。 また、よく虫歯に冒されており、痛くてべそをかいていたり 、親に歯医者に連れて行かれたり する描写が多い。 単行本初期巻では、しずかと同じ姿をした「みよちゃん」なる女性が存在する。 この情報についてはを参照(後年の版ではセリフが修正されている)。 雑誌「小学四年生」1970年1月号(1969年12月発売)の「ドラえもん」の連載開始当初は、名前が「しず子」とされておりのび太は「しず子さん」と呼んでいた(「しず子」という表記は単行本には未収録)。 「静香(しずか)」の名前に変更されたのは、連載開始から2年後「小学四年生」1972年2月号掲載の「のび太のおよめさん」(てんとう虫コミックス6巻収録)からである。 名字の「源(みなもと)」もこの話が初出であった。 学業成績および運動能力 [ ] は良く、先生から「きみの成績は最近ますますあがって……」などと褒められるシーンが度々登場するが、テストで85点を取って母親に叱られ、泣きそうな顔をしたこともある。 のようにには通っていないが、がついている。 をする場面が描かれたことは少ないが、ひみつ道具でのび太の体と入れ替わったときには、野球で活躍したり木登りにチャレンジしたりするなど 、優れた体力の持ち主でもある。 ときにはのび太以上に快活な振る舞いを見せることもある。 また、ドラえもんの道具「」によると、のび太、しずか、スネ夫、ジャイアンの中では3番目に力持ちだとされる。 また映画『』などでは1人でも構わずプールに行こうとする姿も描写されていることや、海や湖では泳ぎ回る様子も見受けられる。 機転が利く面があり、『のび太の大魔境』では先取り約束機で未来の自分達を呼び寄せたり、『のび太と鉄人兵団』ではミクロス の「昔に戻って神様に文句を言いたい」という台詞を聞いてタイムマシンで過去のメカトピアに行って神様にロボットの未来を変えさせる等、ドラえもん達に勝利を与える事が多い。 ドラえもんのゲーム内でのしずかはたいていを武器にする(シリーズによってはこけおどし手投げ弾などを使う)。 性格 [ ] 基本的に真面目で優しく、困った人を見かけると放っておけず 、ひみつ道具の妨害(ムシスカンが放つ強烈な不愉快放射能)をはねのけて、のび太を助け、のび太の「そんなに心配してくれたの?ボクの事。 」という問いに「あたりまえでしょ! お友達だもの!! あなた弱虫よ、先生に叱られたくらいで!」と叱咤したりもした。 ジャイアンとスネ夫にいじめられたのび太を慰めることも多い。 先生に叱られたことは「ジャイアンやスネ夫と一緒にローラースケートで道路を走る」「ドラえもん、のび太、出木杉と一緒に裏山で遊んでいたとき」「夢の中でのび太やジャイアンと一緒に宿題をしていたとき」くらいで 、単独で先生に叱られたことはない。 おしとやかで礼儀正しいイメージが強いが、母親の厳格なしつけが影響しており 、本人も世間体をかなり気にしている ことに裏付けされるものである。 実のところ周囲の目の届かないところでは、を投げ食いしていたり 、寝転がって物を食べたり 、下着姿で寝転がっていたり と、はしたない姿も見られ、両親が泊まりがけで出かけたときなどは大っぴらに夜更かしできることを喜び、「いっぺん見てみたかったのよね」などと言ってテレビの深夜放送を盗み見たりもしていた。 また「のおけいこさぼっちゃった」とあっさり言い放ってレッスンを抜けたり、ピアノの稽古中に泣きべそをかいていることもある。 おてんばでヒステリックな一面も持っており、特に恥ずかしい思いをした、入浴をこっそり覗かれるなどプライバシーを著しく侵害された(未遂を含む)ときそれが顕著になり、主にその元凶となったのび太やドラえもんに対し、本気で引っ掻いたり、平手打ちをしたりしている。 大切にしている人形を紛失させられたときにも、このように激昂したことがある。 のび太、ジャイアン、スネ夫や、時には持ち主のドラえもん本人がひみつ道具を悪用したり調子に乗って使い続けた結果しっぺ返しを食らうのは定番。 その一方でしずかについてはそういった出来事は稀だが、ひみつ道具で人助けに勤しむのに夢中になりすぎたため、怒った母親に夜更けまで締め出されてしまった、ということはある。 性格の変化 [ ] 連載初期のしずかは後期とは性格がかなり異なっている面があり、ジャイアンやスネ夫らと一緒になってのび太をからかったり、ぶっきらぼうな言動を取ることも多かった。 初期の特徴的な言動例としては「クラスで一番わすれんぼのあんたが? ホホホ」と、のび太を「あんた」と呼び、腹を抱えて大笑いするシーンがある。 また、「あんたが(ペロを)生き返らせるって言ったでしょう」 と言ったこともある。 さらに、「あんたの家が火事よ!」 、「あんたはクラスでも有名なへたくそなのよ」 といったセリフもある。 アニメではこれらの言動は変更されており、「あんた」の部分は野村道子によって「のび太さん」に差し替えられている。 単行本でもアニメに倣い後年になって「あんた」の部分を「のび太さん」に差し替えている。 しかし後期の作品では、スネ夫がのび太を仲間外れにしようとすると「いつもそんなこといって、のび太さんをなかまはずれにするなら、あたしも帰るわ」などのび太に味方する描写も増えた。 「新」ではのび太のあまりの醜態の酷さにジャイアン、スネ夫と一緒に笑う描写も増えたが、最近 [ ]では減少傾向にある。 このような連載後期のイメージを作者が意識的に形成した顕著な例としては、34巻「水たまりのピラルク」の書き換えがある。 この話の初出(『小学五年生』1982年1月号掲載)においては、スネ夫がしずかとジャイアンだけを遊びに誘った際、しずかはのび太を置き去りにしてスネ夫の方へ行くが、単行本に収録された際には話がほぼ全面的に書き換えられ、のび太を思いやって気遣うようになっている。 交友 [ ] しずかはのび太の会話や趣味が幼稚でつまらなく思っている節 があり、たまに押しかけることを断ることもある。 一方で、ときに見せる男らしい頼りがい や優しさ をしっかりと見届けており、幾度となく彼を見直している。 彼女の思うのび太は暴力を振らない優しい性格の人物であり、のび太が暴力を振って人を傷つけた時は「乱暴なのび太さんなんて大嫌い」と怒鳴っている。 アニメ版のオリジナルエピソードや劇場版ではのび太に気があると匂わせる描写も目立つが、原作ではのび太に対してはあくまでお友達としての関係であり 、あまり恋愛意識を持っていない。 だが、出木杉のように、道具に依存せず直接「好き」だと発言した 例は見られないものの、野比家がアメリカに引っ越すという擬似体験の世界では、のび太との突然の別れに対し、鬱ぎ込むように泣き出したり 、のび太の息子のノビスケに「パパが選んだのも分かるよ」と言われ赤面したり と、特別な感情を持っているような描写も多々見られるほか、作品後期には、のび太が旅行に参加できなくても、ドラえもんから渡されたロボットを「のび太さんのかわりだもの」と言って優しく世話したりするなど、彼を意識している描写も増えている。 ドラえもんに対しては「ドラちゃん」と親しみを込めて呼んでいるが、親友というよりは強い信頼感を抱いている 相手である。 スネ夫と仲良くしている場面も少なからずあり、のび太とスネ夫、双方から誘われたとき、スネ夫の家を選んだこともある。 話題性の豊富さは評価している が、人に意地悪するところは嫌っている など、彼の評価は一長一短である。 ジャイアンと遊ぶことはまれだが、仲は悪くない。 のび太やスネ夫のように、ジャイアンからのいじめや暴力、恫喝の被害に遭うことも少ない が、リサイタルには他のキャラクターと同様に苦しめられており、仮病を使ったりして逃避を図ったこともある。 またチケットをのび太から渡されそうになったときには泣き落としで回避しようとしていたこともある(が、のび太は乗らなかった)。 テレビアニメ第2作第2期の「ホンネしか言えない! 」(アニメ第2作第1期のタイトルは「ジャストホンネ」)ではのび太たちとともに空地でリサイタルの瞬間を怯えながら待っていたが、ジャイアン本人から中止と告げられた途端に大喜びしたため、ドラえもんと男子4人 ともども、激怒したジャイアンに追い掛けられた。 出木杉ともとても仲が良く、会話が弾むことが多い。 そして、勉強もスポーツも何でもできる出木杉には好意を持っているようであり、一時期は交換日記までしていたこともあった 他、手編みのマフラーをプレゼントしたりしている。 のび太がジャイアンやスネ夫と仲違いした際には、仲裁役を務めることもある。 その他、普通に女友達と芸能関係や少女向けアニメの話題で盛り上がったり、ゴム跳びや羽根付きを楽しんだりしていることも多い。 入浴 [ ] この項目には性的な表現や記述が含まれます。 もお読みください。 が好きで、1日に3回は必ず(要は数時間おきに)入浴する。 そのため、昼間から入っている場合もある。 映画『のび太の宇宙小戦争』では、母親が夕食前(15〜16時頃)に入浴を促している。 パピの隠れ家のバスルームで入浴した際、(原作では)でを温めて「ミルク風呂」を実現した(で小さくなった際に野比家のバスルームで、水遊びをしていた時に「コップ一杯の牛乳で夢が叶う」と話していた)。 作中では、のび太がなどの道具で移動した場合、しずかが入浴中の源家の浴室に出たり、透視するような道具を使うと入浴中というのは一種の定番のギャグとなっている。 気付いた後は「のび太さんの!! 」 の罵声と同時に洗面器のお湯を浴びせたり風呂桶を投げつけたりして追い出す。 原作本の序盤ではしずかの胸は平らだった が、原作本中盤から胸がふくらみ始めている(を迎えた)ことが確認できる。 これは『』第11弾ドラえもん特集でが採り上げている。 また、同時期よりも描写されるようになった。 しずかも慣れたためか、あまり叫ばなかったり 、全く嫌がらない こともある。 また、この風呂好きが物語の進行に大きな役目を持った展開が時に見られる。 原作では「のび太さんのエッチ」というセリフは1回も無い。 習いごと [ ] をたしなむが、その腕前は極めて下手であり、本人は自覚していない(初期の原作では上手という設定 )。 その下手さは演奏を聞いたのび太があぶら汗をかくほど。 のび太はこれを「ジャイアンの歌といい勝負」だと評しており 、現にアニメ第2作2期「ドラえもんVSドラキュラ」(2008年5月9日・16日放送)、『』ではジャイアンの歌同様、敵に対する攻撃方法として登場しており、「ドラえもんVSドラキュラ」の終盤では名器を弾いて、ジャイアンの歌でも壊れなかったドラキュラロボの聴覚を完膚なきまでに破壊し、事件解決後に空き地でジャイアンとの共演リサイタルを開いた。 一方で原作初期では美しい音色を出していたこともあった。 また、母親に「バイオリンはやめなさい」と言われていたことから、教室を辞めさせられたと伺える。 も習っており、そちらは上手だが、本人はバイオリンの方が好き。 母親はしずかをにするのが夢なので、母と衝突することもある が、未来の描写でしずかがピアニストになっているものはない。 その他、を習った経験もある。 第2作1期では「お花の稽古に行ってたの」というセリフから、を習っていたことがあることもうかがえる。 嗜好と苦手 [ ] 1番の好物は(ではふかしいも)。 作中ではたびたび焼きいもを食べていたり家の庭で焼いている描写があり、ドラえもんやのび太がしずかの家に行った際おやつに焼きいもが出たほど だが、当人はイメージダウンを恐れて秘密にしている(それは擬似人格もなかなかしゃべらないほど)。 のび太やドラえもんも、ひみつ道具で本心を探るまで好物のことを知らず、道具を使った擬似人格からむりやり聞き出して大量の焼きいもをプレゼントした2人は激昂されたが、彼らはなぜ怒るのかしずかの気持ちが理解できなかった。 なおその疑似人格によれば、2番目の好物は、3番目は。 また、しずかは焼きいもを庭で焼くこともあり(サイズはかなり大きめ)、その際はしずかの母親もしずかに便乗して焼きいもを焼いている。 ではもしくは、類、ピザなどを好んで食べることがある。 また、たまにやケーキを焼いてのび太たちにごちそうし評判もいいが、普段は母親にも手伝ってもらっているということであり、1人で作ったときはとを間違えるミスをしたりで焼く時間を間違えて焦がしてしまうなどの腕前は定かではない。 人形やぬいぐるみが好きで、かなりの数をもっている事からもわかるように女の子らしくメルヘンやファンタジーなどの少女趣味的な嗜好性が強いため、男の子が好むようなアクションものの内容の作品や戦争関連などの暴力的な要素が含まれる作品は好まない。 植物や小動物を愛でたり、に勤しんだりしている描写も多く、画才に関してはのび太によると「スネ夫よりうまい」と評価。 歌うことも好きで、カラオケマイクを離さなかったこともある。 が大嫌い で、見ただけで絶叫したり、飛び上がったりするほど。 ほかに、、、など、が嫌がりそうな生き物はたいてい嫌がる。 また、雷が苦手だったり 、怖いものに地震を挙げたり 、歯医者から逃げ回ったりしている など苦手なものは多い。 血縁 [ ] 両親の名前は不明だが、表札に「源義雄」と父親の名前が書かれていたことがある。 アニメでは、父親の顔や形が統一されていなかった時期がある。 母親は原作ではやや太っていて目も小さく、あまり美人とは言い難い容姿だが、アニメではしずかをそのまま成長させたような姿をしている。 外伝作品ではあるが、『』では両親の20年前のエピソードが描かれている。 若い頃のしずかの母はしずかと瓜二つで、さらにはバイオリンの腕前は娘とは対照的に、コンクールで優勝するほどであったと語られていた。 には、のおじさん 、のび太がするほど美少女の従姉妹 、でに住むいとこがいる。 アニメ版のエピソード『こうもりキャップ』でも、「ユリちゃん」と呼ばれた従姉妹が登場した。 また、原作では「ヨっちゃん」と呼ばれた従弟も登場している。 血縁関係は不明だが、に領主の家に「おしず」という人物が奉公 していた。 野比家 源家 将来 [ ] 夢は、、、など。 将来はのび太と、大学時代の雪山での遭難事故がきっかけで(「そばにいてあげないと危くて見ていられない」という理由で)結婚 し、息子としてをもうけることとなる。 髪形はからに変わっている。 真面目な性格は変わっておらず、のび太に注意する事が多い。 息子のノビスケに対しても優しく接したり、時には悪い事をしたノビスケを叱る。 その際、お仕置きと称して体罰(尻叩き)も行う(タイムマシンで25年前から来たのび太をノビスケだと思い体罰をしたこともある)。 ペット [ ] 犬 連載初期 - 中期ではをよく飼っており、ペロ 、チロ 、シロ という名前の犬がいた。 ペロはしずかが幼児の時に家に来て、それ以来、しずかとは大の仲良しだった。 それはしずかが危ないときは命がけで戦ってくれたほどである。 病気にかかって一度死んでしまったが 、のび太がドラえもんに無理矢理お願いし、タイムマシンでペロが死ぬ前の時間帯に戻り、ひみつ道具のを飲ませ病を回復させたことがある。 話によっては子犬だったりする。 鳥 しずかのペットの中では「ピー子」というが一番出番が多く、逃げ出してのび太たちに探すのを手伝ってもらうことがよくある。 ピー子が地球を救ったこともある が、話によっては野良猫のクロなどに食べられたりして 死んでいることも多い。 一度、ガスのガス管が外れているのをしずかに知らせたこともある。 「チッチ」という名前の小鳥が、てんとう虫コミックス12巻「ペットそっくりまんじゅう」のみに登場。 器量よしでとても声がいいとのこと。 ほかに 、 、、を飼っていたことがある。 てんとう虫コミックス8巻「わらってくらそう」では小鳥が死んだといっているが、鳥種・名前は不明である。 猫 名前は不明だが連載初期にはを飼っていたこともある。 テレビアニメ版では、「ミケ」という猫を飼っていた。 ハムスター 2007年12月31日の放送「もうすぐネズミ年だよ、ドラえもん」ではハムスターを飼っていた(名前は不明)。 原作ではハツカネズミを飼っていた。 配役 [ ] 声優 [ ]• 版() -• 版() -• テレビ朝日版() - 俳優 [ ]• 舞台版『』 -• コーポレート(2011年11月 - 2013年8月) -• トヨタ自動車『』(2014年4月 - ) - 水川あさみ• 舞台版『ドラえもん のび太とアニマル惑星』 - () しずかのモデル論 [ ] キャラクターの性格のモデルについては、作者の妻の藤本正子 という説もあるが、発行のの「be on Saturday」特集『愛の旅人』の「理想の少女にモデルは」の記事では作者の妻の藤本正子やの証言からキャラクターモデルは説を展開している。 脚注 [ ] 特記のない「x巻」は、てんとう虫コミックス『ドラえもん』の単行本の巻数を表す。 14巻「ムードもりあげ楽団登場! 」など。 初期3作品の大長編コミック版は『海底鬼岩城』よりも後に発売されている。 コミックス14巻「ヨンダラ首わ」。 小学二年生3月号連載なので、2月という設定• ドラえもんプラス1巻「ろく音フラワー」。 小学五年生8月号連載なので、7月という設定。 また、コミックス28巻「しずちゃんの心の秘密」では小学六年生10月号連載なので、9月という設定• ビッグ・コロタン88『決定版ドラえもん大事典』(2001年、小学館) テレビアニメ2期でも5月に統一された(誕生日も毎年行われている)。 2巻「出さない手紙の返事をもらう方法」• 9巻「ジ〜ンと感動する話」• 19巻「影とりプロジェクター」• 29巻「翼ちゃんがうちへきた」ほか• アニメ第2作2期「しずかちゃんの心の秘密」• アニメ第2作2期「キャンディーなめてジ〜ンと感動しよう! アニメ第2作2期「ほんもの3Dテレビ」• アニメ第2作2期「四次元ポケットにスペアがあったのだ」• 2018年2月27日放送の「」にが出演した際に彼が言及。 15巻「こっそりカメラ」• 25巻「ヘソリンガスでしあわせに」• コミックス15巻「入れかえロープ」、未収録「みがわりペンダント」など• 21巻「ハッピープロムナード」• 17巻「タッチ手ぶくろ」、藤子不二雄ランド4巻「にっくきあいつ」、藤子不二雄ランド34巻「身がわりバー」• 『』ではリルル。 26巻「魔女っ子しずちゃん」、28巻「神さまロボットに愛の手を! 第15巻「人生やり直し機」カラー作品集第1巻「あべこべ世界ミラー」、劇場版『』劇場版『』• 33巻「どこでもだれでもローラースケート」、25巻「のび太のスペースシャトル」、15巻「ゆめのチャンネル」• 大全集6巻「身がわりバー」など• 10巻「たとえ胃の中、水の中」• 17巻「かたづけラッカー」• 16巻「サハラ砂漠で勉強はできない」• 41巻「みえないボディガード」• 5巻「うちのプールは太平洋」、8巻「人間製造機」、10巻「たとえ胃の中、水の中」、31巻「あとからアルバム」など• 43巻「ジャックとベティとジャニー」• 単行本第26巻「魔女っ子しずちゃん」• 2巻「テストにアンキパン」• 生きかえって」• 10巻「ハリ千本ノマス」• カラー作品集5巻「自信ヘルメット」• 29巻「宇宙探検ごっこ」など• 25巻「もはん手紙ペン」• 20巻「雪山のロマンス」など• 6巻「箱庭スキー場」、39巻「ロビンソンクルーソーセット」• 20巻「ぼくをタスケロン」• 大長編及び映画「のび太の太陽王伝説」。 ただし、暴れていたのはのび太そっくりの少年・ティオ王子。 37巻「たまごの中のしずちゃん」• 31巻「ためしにさようなら」• 36巻「のび太の息子が家出した」• のび太の海底鬼岩城• 31巻「よい家悪い家」• 40巻「レポーターロボット」• 34巻「水たまりのピラルク」• アニメオリジナル作品の「味見スプーン」では、スネ夫の人を小馬鹿にしたような自慢話に、のび太、ジャイアンとともに不快な表情を見せている。 14巻「からだの皮をはぐ話」、プラス1巻「ゾウ印口べに」など例外もあり、幼年向け作品では泣かされている場面もある。 43巻「かしきり電話」• のび太、スネ夫、安雄、はる夫。 23巻「透視シールで大ピンチ」• 大長編「のび太の恐竜」「のび太の宇宙開拓史」。 ただし、前者では「のび太が恐竜の卵を見つけて、恐竜を育てた」ことを信じておらず「嘘を付いたのなら、謝ったほうが良いと」と告げている。 12巻「勉強べやの釣り堀」など• 19巻「のび太の秘密のトンネル」20巻「アヤカリンで幸運を」• アニメ第2作2期「雨男はつらいよ」 2009年版 「強~いイシ」 2019年版• 28巻「地平線テープ」、劇場版15作『』、劇場版17作『』など。 0巻/藤子・F・不二雄大全集1巻「未来から来たドラえもん」• 33巻「鏡の中の世界」• 43巻「へたうまスプレー」• 13巻「もどりライト」、カラー作品集5巻「未来から来たドラえもん」• 33巻「鏡の中の世界」• なお、同作のリメイク作『』では和解し、しずかがピアノコンクールに出ている。 2巻「しずちゃんのはごろも」• 2004年5月28日放送『ぼーナス』• 5巻「のろのろ、じたばた」• テレビアニメ2期「ぶつぶつ交換機」でも、ボロボロのグローブ、壊れた急須、焼き芋の中で(どれか1つを選ばなければならなかった)、のび太とドラえもんが焼き芋にすると思っていたが、急須にしたことがある。 28巻「しずちゃんの心の秘密」• アニメ第2作2期「あの窓にさようなら」• 『』ほか• のび太の創世日記• 43巻「食べて歌ってバイオ花見」• 34巻「変身・変身・また変身」、45巻「自然観察プラモシリーズ」、カラー作品集1巻「お話バッジ」(大全集では「おやゆび姫を追いかけろ」に改題)など• プラス1巻「スリルチケット」、カラー作品集1巻「ゴロアワセトウ」ほか• アニメ第2作1期「アメダスペン」• カラー作品集4巻「みがわりペンダント」• 28巻「いれかえ表札」• 『ザ・ドラえもんズ スペシャル』6巻「女の子の涙」• 8巻「ロボットがほめれば」• 8巻「見たままスコープ」• 先述の美少女の従姉妹と同一人物かは不明で、髪型も異なっている。 アニメ版にも静香と瓜二つの従弟も登場している。 27巻「職業テスト腕章」、『』• 20巻「雪山のロマンス」• テレビアニメ2期「雪山のロマンス」(2005年12月31日放送)では、結婚する前まで子供のとき住んでいた家に変わらず住んでいた。 2作1期の映画版「」ではショートカットである。 12巻「はいどうたづな」• 16巻「ドロン葉」• 14巻「ヨンダラ首わ」• 45巻「ガラパ星から来た男」• 12巻「ミサイルが追ってくる」• 30巻「野生ペット小屋」• 6巻「台風のフー子」、12巻「ペットそっくりまんじゅう」• 24巻「おかし牧草」• 7巻「ウルトラミキサー」• 「ごきげんメーター」•

次の