身体 だるい 眠い。 こんなに眠いのって何かの病気?女性が悩む強い眠気の正体とは

こんなに眠いのって何かの病気?女性が悩む強い眠気の正体とは

身体 だるい 眠い

睡眠薬 「睡眠薬を飲んでグッスリ寝たのに、疲れが取れない」という場合は、睡眠薬の飲み方が間違っているかも。 睡眠薬は、必ずコップ1杯の水で飲みましょう。 アルコールやグレープフルーツジュースと一緒に服用すると、睡眠薬の副作用で「いつまでも眠たい」という症状が現れます。 また、睡眠薬は種類が多く、人によって「合う・合わない」があります。 主治医に相談して、自分に合った睡眠薬を見つけることも大切です。 「だるい」は体の悲鳴 自動車にメンテナンスが必要なように、体もメンテナンスをしなければ必ずどこかにガタがきます。 「だるい」は、体の悲鳴かもしれません。 長期間、「理由のわからないだるさ」が続くのであれば、必ず医療機関を受診しましょう。 何科を受診したらいいの? 「どこの病院へ行けばいいのだろう?」という疑問もあると思います。 自覚症状がない場合は? 「だるい」だけで、これといった自覚症状がないのなら「内科」を受診しましょう。 徹底的に調べたい場合は、「人間ドック」です。 自覚症状がある場合は? 「だるい」以外の自覚症状がある場合は、その専門医に診てもらいましょう。 規則正しい生活ができていないと、そのツケは体の故障となって返ってきます。 体は、自分の魂を乗せた大切な乗り物。 乗り換えることも、買い替えることもできません。 どうか、自分の体を十分にいたわってあげてください。

次の

だるい、眠い、疲れやすい。。病気かも!?私の原因はコレだった!

身体 だるい 眠い

病気が原因 [脳梗塞の前兆] ごく普通の生活を送っているはずなのに慢性的に眠くて、 だるさが続くのなら 脳梗寒の可能性があります。 脳梗寒は本来であれば、脳に行くはずの栄養と酸素が運ばれずに、 なんと脳が壊死してしまうのです。 この可能性を考えると気持ちが落ち着きませんね。 これは血液がドロドロの状態になる事で、血栓という血の塊ができ、 この血栓が邪魔をして脳に栄養素や酸素が運搬されなくなり、脳梗塞を発症します。 したがって酸素と栄養が足りないとだるくて、 眠いという症状が出てくる場合があります。 中でも肥満体の人やお酒を多く飲む人、ストレスが溜まっている人、 食生活のバランスが崩れている人などは脳梗寒になる可能性は高くなります。 しかも、厄介な事に この病気の前兆症状は3割の人にしか現れません。 したがって、半分異常の人が前兆サインに気付けないという事になります。 その症状ですが主なものには体が痺れる、字が書けなくなる、 簡単な計算もできなくなる、上手く喋る事ができない、めまいや吐き気などがあります。 この前兆が出てきたら早急に病院に行く必要があります。 [慢性甲状腺炎(橋本病)] 甲状腺とは、全身の新陳代謝を促す甲状腺ホルモンを分泌する器官です。 慢性甲状腺炎は 圧倒的に女性が多いのが特徴です。 眠気や体のだるさ以外に、 ・寒がり ・肌のかさつき ・記憶力や計算力の低下 ・体重の増加 ・うつ症状 ・顔のむくみ などが現れることがあります。 慢性甲状腺炎の治療としては、 病院に行き甲状腺ホルモンを投与することで改善されます。 スポンサードリンク [日々の生活の中に原因があるかも] ・ストレスや睡眠、運動不足、姿勢が悪い 11頃までには布団に入るようにしているので、 十分睡眠は取れているはずなのにだるいし、眠いと感じる人は 栄養が足りていない、姿勢が悪い、ストレスや運動不足が原因かもしれません。 人間は 疲労の蓄積やストレスを溜めると自律神経が乱れてしまい、 体がだるいと感じて、疲れやすくなり眠たいという状態になります。 現代人はストレスが多いとされていますから、うまく発散するようにしましょう。 また姿勢が悪い人は疲れやすくなります。 肩がこる原因になるため、だるくて眠たいという状態になります。 姿勢が悪いと思い当たる人はいませんか? 背をピンと張った状態になれていなければ、 ついつい背中が曲がり顎が前に付きだすような姿勢になりがちです。 少しずつ改善しましょうね。 そして運動不足。 これは意外にも都会よりも地方の人が陥る可能性があります。 地方の人は車をよく使い運動が少ないのです。 それからお酒が人生の楽しみになっている人は肝臓を弱らせているかもしれません。 飲みすぎによる 肝臓の疾患も原因になります。 そして栄養素の不足です。 中でも ビタミンBは大事です。 ビタミンBは疲労回復の効果があるので、 だるい、眠いというという状態を改善できます。 スポンサードリンク [改善できる生活習慣] だるいし、眠いという症状の原因の一つにストレスがあると書きましたが、 では改善策は何があるでしょう。 具体的な方法でお勧めするのは、 自分のネガティブな気持ちを思いのまま紙に書き込む事です。 これは嫌な事を飽きさせる効果が期待できるのです。 生きていれば嫌な思いはたくさん抱えていますよね。 紙に書いて吐き出すとスッキリしそうですね。 それから、運動不足には例えばウォーキングなども良いでしょう。 食事後に30分は間を空けてウォーキングを30分くらいすると運動不足が改善できます。 外の空気を肺に取り込み、陽を浴びれば気分も爽快になります。 それから夜食や間食は肝臓の病気を引き起こすかもしれませんから、控えた方が良いです。 また食事も気を付けましょう。 栄養が足りていないと肝臓は疲れ元気がなくなり、眠くだるいという症状が出ます。 そのため ビタミンBは必須なのです。 [まとめ] だるいし、眠いという状態が慢性的に続くと、 体を動かすのもいちいちに気合が必要になりますし、 頭が重く気力も湧いてこないものです。 病気の可能性を疑うのなら早くに病院に向かいましょう。 また、自分の生活を思い浮かべてみてください。 生活習慣で改善した方が良いところが見つかりませか? 気が付いたら治していき、ハツラツとした生活が送れるように努めましょう。 関連記事としましてはこちらの記事もご参考下さい。

次の

寝ても常に眠い!体がだるい人の原因と昼間の睡魔改善対策!

身体 だるい 眠い

ゆっくり寝たはずなのに…身体がだるく重い、眠い。 やっとの思いで気合を入れて仕事に出たけど、なんだか身体が疲れやすい。 1日が始まったはずなのに、すでに眠い…そんな時はありませんか? ゆっくり寝たと思っていても、実際には熟睡出来ていなかったり、栄養バランスが崩れていたり、過剰なストレスに気づけていなかったり等の様々な原因が考えられるでしょう。 その疲れやすい体が引き起こす眠い!だるい!を改善する方法をご紹介します。 疲れやすい体が引き起こす 眠い! だるい! を改善する方法 睡眠を良く取ること! 睡眠は人間が生きていく上で、必要不可欠なものです。 睡眠が不足する事で、心の病気、身体の病気等多数の病気を引き起こしてしまうのです。 睡眠の種類には2種類ある事は皆さんご存知かと思います。 ノンレム睡眠とレム睡眠です。 ノンレム睡眠は脳を休ませるために、レム睡眠は体を休めるためにあるといわれています。 ノンレム睡眠の効果:脳の疲れを取り情報処理を正しくしたり、精神的な安定、ストレスを減らす効果があります。 レム睡眠の効果:記憶を定着させたり、血圧が下がり、心拍数・呼吸数が減り、リラックスモードになる効果があります。 きちんと睡眠を取る事で、その日の疲れを取ってくれているのです。 身体の疲れだけではなく、精神面での疲れを取る事もとても重要です。 睡眠は人間が生きていく上で、とても大きな役割を果たしてくれています。 ゆっくり寝れて、熟睡出来る環境をつくる! 朝、目覚めてみると身体がだるかったり眠かったりするのは、実はゆっくり寝れていない可能性もあり、この睡眠の質を良くする事はとても大切で、眠り始めて3時間程の深い眠りの「ノンレム睡眠」時には、「成長ホルモン」が沢山生成されています。 この成長ホルモンは、代謝のコントロールや、脳の疲労回復、脂肪の燃焼、病気への抵抗力、肌や筋肉など、体組織の修復・再生等の、様々な役割をしてくれているのです。 テレビや灯りを付けっぱなしで寝ていたり、パソコンやスマートホン使用直後だったり、体に合わない枕で寝ていたり等の睡眠環境は、ノンレム睡眠が働く環境には適していないでしょう。 一度、睡眠時の環境を見直してみて下さい。 油っぽ食事や、飲酒のし過ぎを控える! だるさや眠気を感じている人は、肝臓が疲れている可能性もあります。 コンビニ弁当やジャンクフードで、油っぽい物が多い食生活であったり、暴飲暴食や、お酒の飲み過ぎも原因として考えられるのです。 さらには運動不足の場合には、使いきれなかった脂肪酸やブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄えられてしまい、身体のだるさだけではなく、時には肥満や脂肪肝等の様々な病気に繋がってしまいます。 では、どのような食品を摂取すれば、良いのでしょうか? まず一番大切なのは、高タンパク、高エネルギーの食べ物を食べすぎない事です。 そして、肝機能を上げてくれる食品をご紹介します。 良質のたんぱく質を含んでいる大豆(納豆や豆腐)は肝臓の修復や再生に必要な栄養素を含んでいます。 しじみの味噌汁も、胆汁の分泌をよくし、肝機能をあげてくれます。 牛乳は肝臓の修復と再生に効果があります。 以上のような食品の摂取を積極的にしてみましょう。 ビタミンB群を含む食品を摂取する! ビタミンB群には体の疲労を回復する作用があり、疲れやすい、眠い、だるい等の症状に効果があると言われています。 ビタミンB1:炭水化物をエネルギー変えてくれる ビタミンB6:タンパク質や脂質をエネルギーに変えてくれる ビタミンB2:脂質をエネルギーに変えてくれる 次にビタミンB群を含む食品をご紹介します。 ビタミンB1:豚肉、小麦、玄米、豆類、大根、ナッツ類等 ビタミンB6:にんにく、バナナ、まぐろ等 ビタミンB2:レバー、うなぎ、アーモンド、焼のり等 以上のような食品の摂取を心がけ、疲労回復を目指しましょう! お風呂やマッサージ等でリラックスできる時間を多く取る! その他に、疲れやすく眠い身体になりやすい原因としてストレスがあげられます。 普段、気を引き締めて仕事をしている人、人間関係でうまくいかない等、人によって原因は様々上げられます。 しかし、普段からストレスを感じていないようでも、気付かぬうちに人は、沢山のストレスの中で生活しているのです。 例えば空気中の化学物質や、蛍光灯等の灯り、パソコン、気温等差様々な要因があります。 ストレスを感じている事で、自律神経が乱れているのです。 そうすると、常に交感神経が働いている為、疲れや不調から身体を回復してくれる副交感神経が働かなくなってしまい、疲れやだるさや眠気を感じやすくなります。 少しでも副交感神経を優位に働かせる為にも、マッサージやお風呂に浸かり、自分をリラックスできる環境においてあげる事が大切になってきます。 思い切って休んでみる! 疲れやすく、身体がだるく眠いという症状は、身体が休んでほしいと言っているサインです。 ゆっくり身体と心を休ませてみましょう。 忙しい中で生活している中でも、仕事等を忘れて気にせずに思い切って休んでみる事も大切なのです。 せっかく休んだのなら、ゆっくり寝るも良し、自分の趣味をするでも良し、身体を動かすでも良し。 自分が、リフレッシュ出来る環境を作る事も大切でしょう。 適度な運動をする! 慢性的に運動不足になっている人は、ストレスを増大させて病気の原因になると言われています。 適度な運動をする事で、ストレスの解消になり、心がリフレッシュ出来るのです。 運動が苦手な人であれば、散歩や森林浴等でも良いでしょう。 また、なかなか散歩の時間がない人であれば、就寝前に布団の上で、ストレッチをする事も大変良いです。 筋肉のこりをほぐしてくれ、副交感神経にも働き掛けるので、睡眠につくための準備にもなります。 いかがでしたか? 身体が疲れやすい症状は、放置しているのは良くありません。 実は、病気だったり、心の病気だったりと気付けば深刻な病気になり得る可能性もあるのです。 まずは、自分の心と身体にしっかり向き合い、自分の身体を気遣ってあげる事から始めてみましょう。 そして、ゆっくり休み、しっかりと睡眠を取る事もとても大切になってきます。 沢山寝ていても疲れやすい、特に思い当たる事がない等という方は、病院に行き、相談してみても良いでしょう。 まとめ 疲れやすい体が引き起こす眠い! だるい! を改善する方法 ・ 睡眠を良く取ること! ・ ゆっくり寝れて、熟睡出来る環境をつくる! ・ 油っぽ食事や、飲酒のし過ぎを控える! ・ ビタミンB群を含む食品を摂取する! ・ お風呂やマッサージ等でリラックスできる時間を多く取る! ・ 思い切って休んでみる! ・ 適度な運動をする!.

次の