キッチン タオルかけ。 キッチンのタオルかけ問題、解決!

100均タオルかけについて徹底解説!タオルかけ以外の使い方も紹介

キッチン タオルかけ

最近はキッチンシンクの近くに壁を作らないオープンキッチンが多いので、迷うのがタオルかけの場所ですよねー!! 壁がなかったら、キッチンのどこかにタオルハンガーを設置するしかないわけですが。。。 OvO 我が家は、扉に引っ掛けるタイプのタオルハンガーを使っていたのですが、選び方が悪かったのか、使い勝手が悪くって。。。 キッチンのタオルハンガーの場所&towerのタオルハンガーが万能!! キッチン用品で人気の【towerシリーズ】* 実は、以前もtowerのタオルかけを使っていたのですが。。。 T w 2年程、我慢して使っていましたが、ようやくサヨナラする事にしました。。。 !! towerのタオル掛け* 今回も懲りずにtowerシリーズのタオルハンガーを購入しました*w 『これなら絶対大丈夫!!』という確信があったので。 で、タオルかけの場所ですが、私は変わらずシンクの左側!! 右側だとタオルハンガーがキッチンの真ん中過ぎるので、なるべく主張しない場所へ。。。 w で、このタオルかけですが。。。 ネジで固定できるので、ピクリとも動きません!! めちゃくちゃ快適になりました!! もっと早く替えて置けばよかった。。。 w 結局どこにも使えないパターンだと思いますが。 w 念のため。。。 マイクロファイバーって感じです!!w 吸収力がすごいですし、キッチンの汚れも落ちやすいような(気がするだけかも)。

次の

キッチンタオルはどこに掛ける?穴をあけないタオル掛けで解決

キッチン タオルかけ

こんにちは! 「私の時間を大切に」する時短家事と 暮らしがラクになる「減災収納」を お伝えしています。 * キッチンの手拭きの置き場所に 思い込みがあることに 気がつきました。 置き場所を変えてみたら シンクでの水仕事のとき 動きとてもラクに。 きょうは、 手拭きの置き場所を変えて シンク前での動きを コンパクトにした話です。 水仕事で濡れた手を拭くのに 「ここ」が長年の定位置。 ふとしたことで シンクの左横の壁に掛けてみたら 動作がラク。 真横に手拭きを掛けたことで 前屈みを解消。 そこから 手拭きの使いやすい位置について あれこれ試行錯誤。 いままで気がつかなかった場所が 適した場所と気がつきました。 頭の中の畑が どんどんふかふかに耕されて アイディアが湧き出てきます。 少し屈んで下に腕を伸ばして 手を拭いていたのが 真横に伸ばすようになって 前屈みよりはラク。 でも、 左横にあることで 身体をひねっていることに 気がつきました。 ならば シンクに立ったとき 顔の前に手拭きがあったらどうかな? シンク上の戸棚の扉に掛けてみると ラク~! 蛇口の真上だから 最短距離で 手拭きに手が届きます。 さらにドアにつけるフックをあれこれ試して 手を伸ばす高さと扉のどこがいいかを調節。 手を上げるのに ちょうどいい高さを見つけましたよ。 でも扉につけたフックが目立ちます。 (笑) まっすぐ手をあげる動作が すごく自然なんです。 イメージしてみてください。 蛇口から水が流れる。 手が濡れる。 その真上、顔の位置に手をあげると 手拭きがある。 でも、 顔の前に手拭きがぶら下がっているって 目ざわりとおもいますか? そうなんです。 目につきます。 なので頻繁に洗うようになった! これは思わぬ効果です。 取り替えのを忘れることもあったんです。 おまけに使った手拭きは わざわざ洗面洗濯室まで持っていって 洗濯機で洗って 乾いたらキッチンへ運んでいました。 頻繁になって キッチンで手で洗うことにしたのですが 手拭きはリネン素材なので 乾くのも早いです。 乾いたら即交換。 引っ掛けて干して ちょっと生地に張りがあるので 干したままの形で手に持って 踏み台なしで シンク上の扉フックにスッと掛けられます。 いつも朝取り替えていた手拭きが 日に何度も変えられるようになって 洗いたてのリネンを 使えるようになったのも 思わぬ効果。 自分でも気がついていないない 家事の小さなムダな動きは まだまだあるはず。 《追記》 もうお気づきですか? ここから先があります。 手拭きは本来家族であっても 人別が正解。 だってハンカチを人と共有は しませんよね? 自宅では インフルエンザのときだけ 人別にする? まずは、 キッチンに手拭きを ぶら下げないことに。 それじゃ手拭きはどうする? まずは自分の手拭きだけ 小さなマイクロクロスに替えて この先も対策を考え続けます。 **********• 2020年 54• 2019年 96• 2018年 128• 2017年 179• 2016年 165•

次の

キッチンのタオルかけ問題、解決!

キッチン タオルかけ

システムキッチンのタオルかけ にはタオルリング(タオルハンガー)が付属していました。 このタオルリングは挟んでネジで止めるものなので、レール上ならどこでも設置することができます。 しかし、使用してみると場所が限られます。 長いタオルをかけると、下の段の 扉を開閉するたびにタオルが挟まってしまうというのがあるからです。 最初はシンクの下の段の扉についており、その位置は扉の開閉時にタオルが挟まれるという心配はタオルが短ければありませんが、位置が低くなってしまい使うたびに屈まなければならず面倒です。 タオルリングが取っ手になる 子供には要注意! タオル掛けを右の開き戸につけると高さ的にもちょうどよく、下に扉がないのでタオルが挟まれることもありません。 すごくいい位置なのに問題点が・・・ このタオルリングをつかんで子供が扉をあけるようになったのです。 まだ歩き始めたばかりの頃にこれを取っ手代わりにして扉をあけて右の隙間部分に指を挟んでしまい、子供が泣き叫んでいるのに指が抜けないという青ざめる出来事がありました。 なんとか指を抜くことができましたが、それ以来この位置にハンガーを置くのはやめました。 扉ロックをつけるなり事故を防ぐ方法もありますが、手の届くところにタオルがあると引っ張られて落とされたりもするので小さいうちはハンガーを使うことを諦めました。 よくみると『リングを持って扉を開閉しないでください 破損しケガをする恐れがあります』という注意のシールが貼られています。 大人なら注意書きを読んで掴まないようにすることができますが、子供はそうもいきません。 別にタオルかけを置く タオルハンガーが使えないので冷蔵庫にタオルかけをつけることにしました。 マグネットタイプなら動かすのも簡単で貼り付けタイプと違って跡も残りません。 これはキッチンペーパーホルダーですが、タオルもかけられます。 冷蔵庫に貼る場合も手の届く位置だと引っ張られていたずらされてしまうので高い位置にしなければなりません。

次の