石川 ひとみ 年齢。 石川ひとみプロフィール

石川さゆりは老けた&歌唱力劣化?若い頃の顔画像や年齢疑惑についてもチェック!

石川 ひとみ 年齢

81年(22歳)「まちぶせ」がヒット。 紅白歌合戦初出場。 91年(32歳)ドラマ「天までとどけ」出演。 ・子供の頃、体が弱かった。 しょっちゅう熱を出していた。 ・子供の頃、人見知りが激しい泣き虫だった。 ・幼稚園時代、向かいに住んでいた1歳年上の男の子(ケンカ友達)に顔をひっかかれ、 顔面血だらけになった事があった。 ・歌を歌うのが好きだった。 自分の歌を録音したテープを家族旅行の時にクルマの中で延々かけ続けた。 ・遠足には三色のおにぎり、運動会にはいなりずしとのり巻きを必ず作って貰った。 ・習いごと…ピアノ(小1〜中3)。 ・小学校時代、毎日遅くまで外で遊んで、お仕置きで閉めだされた事があった。 ・小学校時代、運動が得意だった。 運動会の徒競走は毎年1位か2位だった。 ・小1〜小5まで毎年学級員をやった。 ・小学校高学年の頃、天地真理が大好きだった。 ・小6の時、のど自慢番組「どんぐり音楽会」で特別賞を受賞。 ・中学時代、自転車通学。 ・中学時代、軟式テニス部。 中2の時にレギュラーになった。 前衛専門でバックハンドボレーが得意だった。 ・中学時代、水泳が苦手だった。 体育の水泳の授業で泳げるように父親と一緒に特訓した。 ・中学時代、男の子にモテモテだった。 校内にファンクラブがあった。 ・中学時代、勉強が出来てスポーツ万能のクラスメイト・平尾君に3年間片思いしていた。 何気なく一緒になるようにまちぶせした。 気をひく為に他の男の子と仲良くして見せた。 高校時代に両思いになってデートをした。 ・高校時代、満員電車が嫌だったので、早く起きて空いている電車に乗った。 ・高校時代、中学時代の親友と交換ノートをしていた。 ・高校時代、毎週クッキーを作って学校で友達にふるまった。 ・高3の時、体育祭で学ラン姿で応援団長を務めた。 さんまの塩焼き。 いちじく(愛知県産)。 しょうが(大好物、スライスして生のまま食べる)。 ・得意料理…さばの南蛮漬け。 骨まで柔らかなさんまの煮物。 白あえ。 ・野菜中心の食事を摂る事をこころがけている。 ・圧力鍋を愛用( 1万円以下の圧力鍋を買うのに4年間迷った)。 ・健康法…しょうがのハチミツ漬け(自家製)。 バナナ黒酢(自家製)。 雑穀米。 散歩(万歩計を使う)。 ・B型肝炎で約2年間闘病生活(40日間入院=87〜88年)。 ・B型肝炎に対する無知による差別を受けた。 プールで泳いでいると他の人が出て行った。 握手を嫌がられた。 ・花粉症。 ・水が苦手(若い頃? ・好きな映画…映画「男はつらいよ」シリーズ(大ファン、渥美清から貰ったサインは宝物)。 ・療養中にミシンで小物、テーブルクロス、スカート、ワンピースなどを作った。 ・ペット…猫2匹(名前はわらび、タビー=10. 02現在)。 ・東京都国立市にあった渡辺プロの寮に住んでいた。 ・カラスに襲われた事がある。 ・ひとりカラオケが好き。 ・夫がパスタなどのイタリア料理を作ってくれる。 デビュー当時は石野と仲が良かった。 ・太川陽介…テレビ「レッツゴーヤング」の司会で共演。 ・松任谷由実…「まちぶせ」を作曲。 ・京本政樹…舞台「新吾十番勝負」の座長。 ・岩崎良美、堀ちえみ…「ぼくらの同窓会コンサート」を一緒に開催(=04年)。 ・南こうせつ、増田明美…ラジオ番組で共演。 ・杉本彩…無名時代に「まちぶせ」のカラオケビデオに出演(東映ビデオ)。 ・片岡鶴太郎…石川のファン。 ・山田直毅…ミュージシャン。 93年結婚。 デビュー当時から知り合いだった。 ナベプロのロックバンドMMPのメンバー。 石川のバックバンドのリーダー。 ・高2の時、渡辺プロのオーディションに合格。 ・デビュー前、名古屋のスクールメイツに所属。 ・オーディション番組「君こそスターだ! 」の第20代グランドチャンピオン(=77年)。 ・芸能界入りを父親と兄に猛反対された。 ・高校卒業と同時に上京した。 ・デビュー当時のキャッチフレーズは「'78歌謡界最大の輝くひとみ」。 ・NHKの人形劇「プリンプリン物語」に声優として出演(=79年)。 ・デビューしてから「まちぶせ」がヒットするまで3年かかった。 「まちぶせ」は10枚目のシングル。 ・「まちぶせ」は三木聖子の曲のカバー曲。 ・売れても売れなくても「まちぶせ」を最後に歌手をやめるつもりだった。 ・NHK「レッツゴーヤング」の司会を務めた。 ・バラエティ番組のドッキリ企画で何度か泣いてしまった。 ・エッセイ集「心魅かれて」を上梓(=80年)。 ・ヌード写真集「心変わり」を出版(=84年)。 ・B型肝炎やエイズなどに関する講演、シンポジウム、キャンペーンに積極的に参加。 ・自宅を「情報ツウ」で公開(=03年)。 ・映画「パーマン」のテーマソング「キミらしいまま」を歌った(=03年)。 ・一五一会(弦が4本で指1本で弾ける楽器)を使ったアルバムを多数リリース。 ・ヒット曲「まちぶせ」を24年ぶりにセルフカバー (アルバム「With〜みんなの一五一会フォークソング編〜」に収録=05年)。 ・原稿は万年筆を使って手書きで書く。 ドイツ製のペリカン万年筆を愛用。 ・コンサートで「ともだちみつけた」を必ず歌う。 自ら作詞。 NHKみんなのうたに採用された曲。 ・コンサートで聴覚障害向けにフィンガーコーラス(手話的要素)を行う。 ・35年ぶりのオリジナルアルバム「わたしの毎日」をリリースする(=18年)。

次の

石川ひとみ

石川 ひとみ 年齢

プロフィール• 芸名 西川ひとみ (本名 藤木妃都美)• 生年月日 9月14日• 出身地 熊本県 八代市• カテゴリー 演歌歌手 着物モデル• 所属レコード会社 徳間ジャパン• 活動開始 2007年 プロフィール。 年齢は?結婚してる?スケジュールや歌手としての評判は? 芸人の娘として生まれ、幼い頃から父親に唄を仕込まれ才能が開花。 しかし小学校6年生の時に父親はなくなってしまいました。 それから歌手を目指し歌謡教室に通いレッスンを重ねました。 歌手になる事を決定づけたのは、NHKのど自慢のグランドチャンピオン大会で優勝したことでした。 セーラー服姿で『無法松の一生』を歌い、数社からのスカウトを受けましたが、通っていた高校が芸能活動に厳しい学校で卒業するまで待ちました。 スカウトしてくれた人が優しそうと言う理由で、クラウンレコードと契約し歌手活動をスタートさせます。 しかし直ぐにデビュー出来るわけではなく2年ほどレッスンを重ねてようやくデビューしました。 しかし、中々売れず芽が出ずに人間関係にも疲れ、芸能活動を休止してしまいました。 その間にお見合いも経験しましたが、結婚までは至りませんでした。 休業期間は実に2年間を数えました。 デビューの頃から応援してくれるファンが休業しても待ちつづけてくれたと言う事が何よりも嬉しかったようです。 また、現在の芸名は西川ひとみですが、西村ひとみとして活動している時期もありました。 リリース状況においては今年はリリースラッシュを迎えており、2019年2月に『全曲集~父娘うた~』、4月に『海峡冬つばめ』、10月に『西川ひとみ シングルコレクション』をリリースします。 これだけリリース物があると、どの楽曲を歌ってもファンの人は喜んでくれますよね。 また後に触れるキャンペーンなどのスケジュールもきっちり入っているので充分なプロモーションをしていけると思います。 スポンサーリンク 年齢については生まれ年非公表のため、推定で書くしかありません。 推定では40代中盤から50代頭ぐらいでは無いかと考えられます。 年齢が明らかになることによって変なイメージがついてしまうことが嫌なのかもしれません。 結婚してるかについて調べてみましたが、詳細情報はありませんでした。 今後ブレイクする事でその辺の詳細情報が明らかになると思われますが、現時点では発表されていません今後のブレイク度合いに期待したいと思います。 9月のスケジュールは以下の通りです。 ()より引用 25日(水) 埼玉県越谷市 第2回アマチュア歌謡選手権カラオケ大会、ゲスト出演 26日(木) 品川区大井町 コスモポリタン、歌謡ショー 27日(金) 28日(土) 群馬テレビ カラオケチャンネル、ゲスト出演 29日(日) 秋田県横手市 ゆとりおん大雄10周年ゲスト 30日(月) 秋田県大館市 カラオケ夢 13:00~ 〃 弘前市 カラオケ倶楽部一歩 16:00~ 〃 弘前市 カラオケスナック百桃 19:00~ 9月のスケジュールを確認しましたが1日ぐらいしか、休みがないほどスケジュールがきっちり入っていますね。 まだ来月のスケジュールは発表されていませんが、恐らく多忙なスケジュールを熟すことになるでしょう 続いては歌手としての評判をインターネットから拾って見ましたが、プロモーションツイートさえもありませんでした。 やはり知名度の問題でまだまだ地道な活動が必要だと言う事がなんとなく理解出来ました。 まとめ 今回は西川ひとみさんを掘り下げてきましたが、まだまだブレイクしているとは言えない人ですね。 独立UHFの番組などを視聴している人には知名度はあるかもしれませんが、しかし世間的には知られていないのが少し残念ではあります。 今後地道なキャンペーンなどが実を結ぶことを期待してしまいます。 後はヒット曲に巡り会う出会い運と歌い続ける事でしょう。

次の

石川ひとみ 夫と子供について。結婚の馴れ初めや離婚の噂とは【画像】

石川 ひとみ 年齢

最終更新: 2020年6月13日 04:26• ニックネーム ひっちゃん, 山田ひとみ• 出身地 愛知県海部郡美和町(現・あま市)• 生年月日 1959年09月20日• 年齢 60歳• 星座 おとめ座• 血液型 B型• 略歴 「まちぶせ」の大ヒットで知られる歌手。 NHKの歌番組「レッツゴーヤング」の司会や、NHK教育の人形劇「プリンプリン物語」の主人公プリンセス・プリンプリンの声優も務めた。 トリビア B型肝炎を患い一時活動を休止していたが、復帰。 闘病記を出版するなど病気に対する啓蒙活動も行っている。 石川ひとみのSNS 関連ページ 石川ひとみの出演ドラマやテレビ出演情報 1989年 「昆虫物語みなしごハッチ」 ハッチ役で出演 石川ひとみの関連ニュース•

次の