長編 とじ 短編 とじ。 気づいたこと共有: エクセルで複数シート(ブック全体)を両面印刷するには(改)

両面印刷を行いたい:Word(ワード)2010基本講座

長編 とじ 短編 とじ

「書類をホチキスで止めておいて」と会社の先輩や上司に頼まれたら、あなたはどこに、どのように止めますか?縦書きの文書、横書きの文書の場合それぞれで、ホッチキスの止め方や止める位置は違ってくるのでしょうか。 ホッチキスの止め方1つで資料や書類の見え方は変わります。 新人にとっては、ホチキス止めだって大事な仕事の1つなのです。 ですから、しっかりと正しいホチキスの止め方や止める位置を覚えるようにしましょう。 それでは早速、書類をホチキスで止めるときの、基本的な止め方と止める位置を見ていきます。 横書きは「左」の位置が正しいホチキスの止め方 まず、書類が横書きの場合のホチキスの止め方からです。 横書きの書類は、「左上端」から始まり「右下端」で終わります。 そして、そちら側をつまんでページをめくるのが、たいていの人の習慣です。 つまり、ページをめくる側の対角線の位置にホチキスを止める、というのが横書きの場合のホチキスの止め方と止める位置になります。 では縦書きの場合はどうでしょうか? 縦書きは「右」が位置が正しいホチキスの止め方 横書きに対して、縦書きの文書の場合は「右上端」から読み始めて、「左下端」へと読み進めていきます。 そして、読み終えた側をつまんでページをめくります。 ですので、縦書きの場合は書類の右上を止めるが、正しいホチキスの止め方と止める位置となります。 このように、横書きと縦書きにより、ホチキスの止め方や止める位置は変わってきますが、「読み始めの方にホチキスを止める」と覚えておくといいでしょう。 ホチキスを止める位置は、その書類や資料のめくりやすさや扱いやすさに大きく関わります。 縦は右・横は左です。 一番触れる機会が多いであろう、縦書きと横書きという書類の書き方別のホチキスの止める位置、そして止め方は必ずおさえておきましょう。 縦書きと横書きがが混ざっていたら? 書類が混在した際のホチキスの止め方 では、縦書きと横書きの書類が混在する場合には、どのようにホチキスを止めるべきなのでしょうか。 横書きの場合において説明すると 「横長の書類を左側に90度回転させ、書類を縦にしてその左上に止める」というのが基本的な止め方になります。 つまり、見る方向に合わせて上辺にホチキスを止めるようにすれば良いという訳です。 これも覚えておきたいマナーですね。 ホチキスの止め方には例外が! ホチキスを止める位置と止め方の基本を紹介しましたが、とはいえ、基本は絶対ではありません。 基本のホチキスの止め方を頭に入れた上でも、書類の種類や書き方、そして資料としてどう見せたいかにより、例外もある事を覚えておきましょう。 時と場合によって臨機応変に対処するよう、心がける必要があるのです。 では次に、ホチキスの止め位置・止める位置で起こりえる、例外のマナーについて見ていきましょう。 では最後に、ホチキスを止める位置についてのマナーも見ておきます。 そもそも、ホチキスの止め方や止める位置のマナーは全て、資料を読む人に見やすくなるように、と決められたものです。 ですので、あくまでも決まりに従ってホチキス(ホッチキス止め方)をしていれば十分という訳ではなく、「資料を見たときに読みやすいか」を考えてホチキスを止める位置を考えるのが重要です。 例えば、まっすぐ縦横にホチキスを止めてしまうと斜めにめくりづらくなる、などが挙げられるように、何よりも書類を見る側の立場で考えて、ホチキスの止める場所・止める位置を決めるようにしましょう。 ホチキスの止める位置は「書類のサイズ」で統一するのがオススメ 基本的なホッチキスの止め方については最初に説明しましたが、保管用にファイリングする資料もあるはず。 その場合、ホチキスの位置が右上だったり左上だったりすると非常に見にくいですよね。 そんなときは、ファイリングした後を第一に考えてホッチキスを止める位置は「書類のサイズ」で統一するのが良いでしょう。 とはいえ、扱いやすいホチキスの止める位置を上司に聞いておくのが大事 ここまで見てきたように、縦書きは右上、横書きは左上、というのがホチキスの止める位置の通例です。 しかし、人によっては、縦書き文書であっても左手でページをめくり、右手でペンを使いたい人は多いようです。 そのため、その資料を使う上司や同僚に「縦書きのときのホチキスは右上でいいですか?」などと確認して、事前に扱いやすいホチキスの止める位置は必ず聞いておくと良いでしょう。 ホチキスの止め方や止める位置を正しく覚えて書類をまとめよう!ただし臨機応変に対応を 今回は、ホチキスの止める位置は? 書類の止め方のビジネスマナーと題して見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 ホチキスの止め方の基本は縦書き文書は右上、横書き文書は左上で止める、と覚えておけば間違いありませんが、読む人に応じて柔軟に使い分けましょう。 ホチキスの止める位置くらい、どっちでもいいやという人もいるとは思いますが、些細なことでも、その人の気配りはというのは見えるものです。 資料や書類を一生懸命作った人がいること、そして読み手側から考えた「読みやすさ」を頭に置いて、ホチキス留めする際は、止める位置に気を遣いましょう。

次の

横向き文書を両面印刷したら上下逆になったときはこのブログを見よう(超ニッチ)

長編 とじ 短編 とじ

両面印刷を行いたい:Word ワード 2010基本講座• 両面印刷を行いたい スポンサードリンク• 使用するプリンターが両面印刷ができる機種であれば、設定だけで両面印刷が可能になります。 ここではCanon MG6200シリーズのプリンターを使っている例です。 プリンター メーカーによって表示画面等は異なりますことご了解ください。 [ファイル]タブをクリックして[印刷]を選択します。 [プリンターのプロパティ]をクリックします。 使用するプリンタドライバのダイアログボックスが表示されます。 [ページ設定]タブを選択すると、「両面印刷」の設定部分が見つかりました。 このプリンターでは両面印刷が可能なことが分かりました。 両面印刷を行うときに注意したいのは、余白やとじしろの設定です。 特にとじしろは奇数ページと偶数ページでは逆の位置になることに注意して設定します。 実行手順• 印刷するファイル 文書 を開きます。 [ファイル]タブをクリックして[印刷]を選択します。 [片面印刷]をクリックして、[両面印刷 長辺を綴じる ]を選択します。 [両面印刷 短辺を綴じる ]もありますので適切な方を使います。 綴じ代を設定します。 [標準の余白]をクリックして、[ユーザー設定の余白]を選択します。 ページ設定の[余白]タブを選択します。 印刷の形式で「見開きページ」を選択します。 余白のとじしろを[15mm」としました。 [印刷]ボタンをクリックすると、両面印刷が開始されます。 プレビューではわかりにくいので、図解すると下図のようになります。 とじしろで綴じると、見開きは2ページ目と3ページ目の状態になります。 1ページと4ページはそれぞれの裏側になります。 プリンターが両面印刷に対応していないときは、ちょっと面倒ですが手動で実行できます。 最初に奇数ページを印刷して、印刷された用紙を裏返して偶数ページを印刷します。 このとき、印刷されたもののページが適切に並んでいるか確認します。 基本的な手順• [ファイル]タブをクリックして[印刷]を選択します。 [すべてのページを印刷]をクリックして、[奇数ページのみ印刷]を選択します。 綴じ代を設定します。 [標準の余白]をクリックして、[ユーザー設定の余白]を選択します。 ページ設定の[余白]タブを選択します。 印刷の形式で「見開きページ」を選択します。 余白のとじしろを[15mm」としました。 [印刷]ボタンをクリックして奇数ページを印刷します。 奇数ページの裏に印刷するので、プリンターへ裏面へ印刷できるようにセットします。 この時、印刷するページ順に並んでいるかを確認します。 1 の操作で、「偶数ページのみ印刷」を選択します。 [印刷]ボタンをクリックして奇数ページの裏面へ偶数ページを印刷します。 スポンサードリンク |||両面印刷を行いたい.

次の

書類のまとめ方について教えてください

長編 とじ 短編 とじ

文字だけでは説明が難しいのですが、どうぞおつきあいください。 A4用紙で横に見るように作成されたファイルがありました。 会議で使うため、同僚が両面印刷で紙に出力したのですが、 上司から、印刷する向きがおかしいと怒られていました。 ここでふと、疑問に思いました。 同僚は、表面に奇数ページを普通の向きで、 裏面に偶数ページを逆さまに印刷していました。 この方法だと、短い辺側でファイルした場合、見やすいと思います。 反対に、表面も裏面も普通の方向で印刷した場合、 長い辺側でファイルした場合に、見やすいと思います。 最終的にどっちでファイルするか分からない場合、 どちらの方法で印刷するのが一般的なのでしょうか? ユーザーID: 5168016463 上司から印刷方向を指摘されたということは、印刷した文書を綴じてページめくりした場合に ・読みにくい ・ページをめくるたびに文書をひっくりかえさねば文字がさかさまになる ・ファイルすることを考えると、縦横が不適切 ・綴じ代が狭くてファイルすると綴じた部分の文字が読めない ・印刷方向によって綴じた文書のページめくる場合、手でおさえてないと閉じてしまって読みにくい ・ページの数字を記入する位置が不適切 などいろいろあります。 私も20年以上前に似たような経験があります。 当時はまだコピーの時代でしたが、原本を会議の員数分コピーして綴じるのに いかに読みやすくコピーするか というのは意外と技術を要します。 自分が本を製本する立場にたつわけでして、帳合のしかたによって会議進行に影響が出ます。 上司に聞くのが一番です。 自分ではこの方法が最良と思って したことが、実は読み手にとっては 不便だった ということはよくあります。 私が新入社員時代、コピーのしかた、文書帳合のしかた などいろいろな部署で教えられたものでした。 ユーザーID: 2325553478• 最終的に閉じ方を確認して印刷 どういう書式・どういう書類なのかわからないので一般論で。 普通、A4の事務用ファイルはA4縦ですね。 長辺左側に穴を開けて綴るようになってます。 ですから長辺を綴るようにします。 つまりA4横だと上辺です。 A4のファイルを横にして、上下にめくるような感じになります。 A4横の短編綴のファイルは無くはないと思いますが、 ほとんど見たことがありません A3は横が普通ですけど。 「穴開け」をどうするかという基準で考えれば、 自明の理ではありませんか? 従ってあなたの同僚さんが印刷した方向は、 常識的に言えば「印刷する向きがおかしい」です。 ユーザーID: 5735118059• まず、会議内容によって変わってくると思います。 例えば、必要な書類が数十ページにまで渡っている場合 「日」のような形で印刷されると、色々と困りますよね? ページがめくりにくい為、該当ページをすぐに開けない そこまで分厚いのであればやはり「ロロ」型がベストかと思います。 でも、数ページしかない&過去のページを参照しなくて良い場合は やはり「日」型がベストかと思います。 しかも裏表印刷ではなく、1ページ毎印刷が見た目の印象はいいです。 特にExcel表などを多用している場合、このパターンの方が見やすい どちらの出力法が一般的かは決められていないと思いますが 出力するページ数・内容 つまりはTPO によって【一般論】は変わってくると思いますよ? ユーザーID: 5573915411• 一面に2ページ印刷する 会議で横に見る資料といえば、たいがいプレゼン資料ですよね? でなくても、縦書きのものより、字の大きい余白が多いものが多いと思います。 それだったら、私は、紙は縦のまま、横長のページを半分に縮小して印刷します。 つまり、紙の表に1、2ページ、裏に3、4ページという印刷のしかたです。 ファイルしたときに見やすいし、何度もめくらなくていいので好評です。 ただ、この手のトピを見て思うのは、仕事というものは臨機応変に、相手の要望をうまく聞きだして、自分で工夫して行うものだということです。 こういうトピを立てる人って、なぜか、どんな些細な仕事でも、「皆はこうする」って正解があってそれに従えばよく、仕事相手の人と細かく打ち合わせる必要はないと信じている人が多いですよね。 なぜなんでしょう。 ユーザーID: 0042749290• わかります。

次の