さくら さく みらい。 さくらさくみらい 月島(つきしまさくらさくほいくえん)

株式会社さくらさくみらいの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (8609)

さくら さく みらい

保育士・幼稚園の先生の経験を「運営側」で活かす 急成長の組織で理想を実現させませんか? 2009年の設立以来、東京・埼玉・千葉・大阪で33の 保育園『さくらさくみらい』を運営する私たち。 今後もたくさんの開園を控える 急成長の企業本部スタッフとして、 園の運営をサポートするチームで活躍しませんか? 「おうちのようにのびのび過ごせる場所で、 個性を大切にしながら心を育む」 それが、さくらさくみらいの目指す保育園の姿。 子どもたちだけでなく、 職員も安心して働ける環境づくりを追求しています。 無垢の木をふんだんに使った温かみのある内装、 健康な心と体をつくるための食育、 愛情をたっぷりと注ぎながら個性を伸ばす保育が特徴。 また、子どもはもちろん、保護者や職員一人ひとりの 笑顔があふれる環境づくりを目指しており、 職員の向上心を応援できる環境も整えています。 課題が見つかったときは、本社へ持ち帰って対応を考えます。 当園の取り組みや保育方針は地域の皆様や行政に 高く評価されており、2019年4月にはさらに13の施設が開園予定。 2009年の設立以来、順調な成長を続けています。 待機児童が社会問題となっている現在、 当社事業へのニーズは高まる一方。 将来性の高い企業で、安心して長く働くことができます。 POINT02 先輩スタッフの声「雰囲気が良くて働きやすい!」 「保育士の経験を活かし、保育環境づくりがしたい」と入社。 保育の質や専門性が高められるような提案や情報の発信、 現場の声を組織づくりに反映させるといった仕事のほか、 開園準備や保育フォローなど、幅広い業務に関わっています。 スタッフの雰囲気の良さが、当社の何よりの魅力。 だから、長く続けられているのだと実感しています。 <本部スタッフ・入社5年目> 女の転職typeの専用応募フォームからご応募ください。 正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」 東京・横浜など首都圏を中心に女性に人気のある正社員求人情報を多数掲載中。 女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介。 また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。 その他、面接対策や履歴書の書き方、実際に企業で働く社員から職場の評判を集めた「うちの会社のほんとのところ」など、転職・就職活動に役立つ情報も満載!さらに、2016年より「リトルミイ」がサイトキャラクターとして新登場!どんな仕事が自分に向いているのか、自分の経験はどんな仕事に活かせるのかが分かる「いい仕事ミイつけよう診断 職業・適職診断テスト 」など長く働きたい女性の転職を応援します。 転職するなら「女の転職type」をぜひご活用ください。

次の

株式会社さくらさくみらい

さくら さく みらい

沿革 当社は、2017年8月1日の株式移転により、株式会社ブロッサムの完全親会社として設立されたため、当社の沿革については同社沿革に引き続き記載しております。 2009年5月 大阪府豊中市において事業譲渡により保育園を譲り受け「りょくちさくらほいくえん」(認可外保育施設)を開設(2018年3月閉園)• 2009年8月 保育所の運営を目的として、株式会社ブロッサム(資本金4,000千円、現「株式会社さくらさくみらい」)を東京都渋谷区に設立• 2010年2月 埼玉県和光市において株式会社ブロッサムとして初の家庭保育室「わこうさくらさくほいくえん」(現小規模保育施設、現「さくらさくみらい和光」)を開設• 2011年1月 株式会社ブロッサムの本社を東京都渋谷区から東京都中央区に移転• 2014年4月 大阪府大阪市において株式会社ブロッサムとして初の認可保育所「もとまちさくらさくほいくえん」(現「さくらさくみらい元町」)、「ぜんげんじさくらさくほいくえん」(現「さくらさくみらい善源寺」)を2園同時に開設• 2014年9月 東京都練馬区において関東では株式会社ブロッサムとして初の認可保育所「はやみやさくらさくほいくえん」(現「さくらさくみらい早宮」)を開設• 2016年11月 株式会社ブロッサムの本社を東京都中央区銀座一丁目18番2号から東京都中央区銀座一丁目16番1号に移転• 2016年11月 株式会社ブロッサムの運営施設が21施設となる• 2017年8月 株式移転により株式会社さくらさくプラス(資本金50,000千円)を設立し、株式会社ブロッサムを完全子会社化• 2018年4月 株式会社ブロッサムの運営施設が30施設となる• 2019年1月 株式会社ブロッサムの社名を株式会社さくらさくみらいに変更• 2019年3月 不動産事業の強化を目的として、 4社による合弁により株式会社あかるいみらいアセット(資本金10,000千円)を設立し、持分法適用関連会社化• 2019年4月 株式会社さくらさくみらいの運営施設が46施設となる• 2019年10月 株式会社さくらさくプラスの本社を東京都中央区から東京都千代田区に移転• 2020年4月 株式会社さくらさくみらいの運営施設が60施設となる.

次の

【辛口評価】CREAL(クリアル)のさくらさくみらい駒込(保育所案件)は投資すべき?【結論は30万円投資予定】|Bank Academy

さくら さく みらい

保育所名称 さくらさくみらい駒込 募集金額 4. 5億円 賃借人 期間 12ヶ月 想定利回り 年4. 0% 募集期間 2月28日~3月24日 ざっと今回の投資条件をまとめておくと、こんなところです。 認可保育所であり、2019年1月末時点で満員の状態(51名)となっているようですね。 JR山手線「駒込」駅から徒歩4分と好立地にあり、募集金額は4. 5億円となかなかの大きさ。 CREALにとって初めての大型案件が8. 8億円だったので半分程度の募集となりますが、大型である事には変わりないですね。 想定利回りは年4. 0%と、ホテル案件の4. 2%とそこまで大差は無く、期間12ヶ月というのが一番の差です。 (ホテル案件は24ヶ月と長めだったので) 個人的にはソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングは期間は最長でも12ヶ月を考えているので、その点ではアリと言えます。 引用: 西尾義隆社長の名をネットで検索したら、㈱ブロッサムという社名がよく出てきたので、気になって変更履歴を調べていました。 (本当は登記簿謄本を取り寄せるのがベストですが、いま手元にないので) つい先日の平成31年1月8日に社名を「株式会社ブロッサム」から「株式会社さくらさくみらい」に変更していますね。 この理由が気になる所です。 またさくらさくみらい社の成長が著しすぎるのがちょっと気になりますね。 2009年の設立以降、現在は計33施設の保育所を運営。 2019年4月にはなんと13施設(東京23区で12施設、大阪府で1施設)を開業する予定も控えているとの事。 一気に1. 5倍の46施設に拡大? イケイケドンドン感が凄いですが、こういうのはつまづく要因にもなるのでちょっと怖いですね。 今回の案件が24ヶ月などの長期間だったら、投資は控える判断をしたと思います。 SNSに力を入れているかは大事なポイントなので、これは高評価と言えるでしょう。 3.CREAL クリアル のさくらさくみらい駒込は投資すべき? では本件のさくらさくみらい駒込には投資をするべきか否かを考えていきましょう。 タイトルでも述べた通り、自分は30万円を投資予定です。 結論としては、現時点でのCREAL自体のリスクは極めて低いと言えるでしょう。 不動産ファンドの実績も豊富であり、上場を見据えている背景を考えても、中途半端な案件は用意しないでしょう。 特に大型案件の準備には力を入れているので、まだこの段階でコケる事はさすがに考えづらいです。 CREALの取材はこちらの記事にまとめているので、あわせてどうぞ。 というのは、先ほどもお話した通り成長が著しすぎる。 2009年の設立以降、現在は計33施設の保育所を運営で2019年4月にはなんと13施設を開業予定というのはやはり不安がよぎりますね。 今までの実績と資本金の大きさ(恐らく内部留保もそれなりなはず)から勝算を見出していると思いますが、ここは若干引っかかりました。 ただ、次に述べる通り期間1年なので、まあ目をつぶれるかという感じです。 本件の不動産投資型クラウドファンディングと似たソーシャルレンディングにて、2018年に遅延等のトラブルが多く出た為、短い期間を重視する投資家が増えるようになりました。 自分もこの考えで、今は最長でも12ヶ月の案件に投資するようにしています。 次に利回りは年4. これはCREALの他の案件と比べてもさほど遜色は無い水準と言えるでしょう。 5億円。 残り0. 5億円は、CREALの運営社である㈱ブリッジ・シー・キャピタル(BCC)が出資予定となっています。 これはセイムボート方式という仕組みで、不動産投資型クラウドファンディングはどこもこの形式をとっていますね。 で、ブリッジ・シー・キャピタルの出資0. 5億円は劣後出資となっており、簡単に言うと保育所を売却した際に損失が出た場合は、ブリッジ・シー・キャピタルの劣後出資分0. 5億円から負担する構造になっています。 本物件は第三者による鑑定評価もあり、DCF法で5億900万円との事です。 >> ちなみに本件は融資では無いので、物件に担保はつきません。 案件の説明欄では、「本ファンドは、駒込保育所を12ヶ月以内に外部へ売却することを予定しています。 売却先候補としては、主に一般事業法人を想定しています。 」とありますが、果たしてその売却先はどこなんでしょうか? さすがにもう目途は立っていると思いますが、万が一買い戻しされなかった場合はCREAL社がこの保育園を保有したままになるのでしょうか? 大事な出口に関するこの辺りが見えないので、結論としては多額の投資は控えて、30万円程度にしておこうと考えたわけです。 さくらさくみらい社の運営リスクと併せて、少し懸念事項はありますが、総合的な判断としては投資をするに値する案件かなと思います。 ただこれは自分が色々調べた上での判断なので、もちろん自己責任でお願いします。 2月28日追記:予定通り30万円を投資しました。 今後の運用実績などで追加情報あれば、追って記載していきますね。 4.まとめ:【辛口評価】CREAL クリアル のさくらさくみらい駒込 保育所案件 は投資すべき?【結論は30万円投資予定】 いかがだったでしょう。 やや辛口で評価しましたが、トータルとしては悪くない案件だと思います。 加えて、個人的にはCREALは信頼度の高いサービスなので、個人的には積極的に使いたいですね。 自分は投資が始まってから募集の動きを見て、問題無さそうであれば30万円を投資予定です。 ぜひあなたも、色々と調べてみた上で投資を検討してみて下さい。 \1万円から投資が可能!/.

次の