明治 西暦 覚え方。 令和への計算方法を紹介!覚えて便利な和暦西暦換算法

数字2つで西暦と元号(明治〜平成)を換算できる覚え方【令和対応】

明治 西暦 覚え方

平成、昭和はなんとかわかるのだけど、 明治と大正がよくわかんない。 そこで考えてみたら、結構簡単に覚えられそうなので、 考え方を書いておく。 結論から言うと、以下の表のようになる。 つまり、 各元号のマジックナンバーを覚えればOKだ。 平成 平成の 12は、平成の時代を駆け抜けて来た人は、気合いでわかるだろう。 例えば、 2019年が平成31年なので、 31ー19=12 だ。 昭和 昭和生まれの人は、自分の誕生年を考えれば、 25もわかるだろう。 平成生まれの人は、気合いで頑張る。 ヒント?うーん... 例えば、昭和ニゴ... 昭和2号! だめ?じゃあ、昭和ニッゴリ... 明治と大正 さて、 手ごわいのは明治と大正だけなのだが、 ラッキーなことに、どちらもゾロ目だ! つまり、 覚えるのは3と1だけでいい。 明治と大正は31。 サーティーワンだ! 覚え方は、 元号アイスサーティーワン、 あるいは 元号チョコミントアイス だね!(適当) 元号は何年まであったか ここまでで換算は終わりなのだが、ついでに 「その元号が何年まであったか」も計算してみよう。 前の元号の最後の年 = 次の元号の元年 なので、 次の元号の元年がわかればいいね。 昭和が64年まではみんな知ってるとして、 (平成生まれの人は気合いで頑張る) 手強いのはやはり明治と大正。 明治は何年まで? 次の元号、つまり 大正元年がわかればいい。 大正は、サーティーワン(31)の1だから、 1(元年)+11=1912、つまり1912年 じゃあ、 1912年は明治何年だろう? 明治はサーティーワンの3だから、 12から33引いてみると、繰り下がって79。 明治79年?ありえない。 じゃあ 12に33を足してみると、45。 明治45年。 なんかそんな感じがする。 大正はサーティーワンの1だから、 1926ー11=15。 マイナスは困るので100を足して89。 平成元年は1989年。 89ー25(昭和ニッゴリ)=64。 元号アイスサーティーワン。 万能ですね〜。 恐ろしいですね〜。 とまあこういうことで、 3と1、数字を二つだけ覚えておけば、 明治〜平成、令和まで換算マスターできますよ、 ということでした。 最後に、確認のためにを見返しておくといいと思いますよ。 みんな、わかったかな?ちょっと難しかった!?余裕だよね! 元号アイスサーティーワンでがんばれ!(しつこい).

次の

令和×年に「018(レイワ)」を足すと...西暦になる! 覚えやすすぎる換算法が早くも発見: J

明治 西暦 覚え方

和暦西暦対応表 「熊本文学散歩・歴史・石橋」資料 和暦西暦対応表(明治以降) ・・のページ等で、年号が次々と出てきますので、西暦との対応が必要となり、作成してみました。 間違いがあるかも知れません。 お気付きの点等ありましたら、お教えいただければ幸いです。 明治5年12月3日を 明治6年1月1日とした。 それまでの日本では 太陰太陽暦(旧暦)を利用していたが 明治5年11月9日太政官布告により 太陽暦 グレゴリオ暦 に改暦された。 ただ、ユリウス暦と混同(閏年を4年に 1回と考え、1900年を閏年と考えて いた)していたようで、完全なグレゴリ オ暦が採用されたのは明治31年。 大正・昭和の「改元の詔書」によると 「明治45年7月30日と 大正元年7月30日」及び 「大正15年12月25日と 昭和元年12月25日」は ともに存在します。 しかし「元号を改める政令」で 昭和64年は「1月7日」まで 平成元年は「1月8日」からです。 明治5年12月2日までは旧暦(太陰太陽暦)、西暦の1年とは月日のずれがあり、単純に年号を西暦に置き換えることはできません。 和暦の月日と西暦の月日も異なります。 年号を西暦に置き換えるだけで、月日はそのまま使ってしまいそうですね。

次の

平成を西暦に変換!早見表と便利な計算方法の覚え方を伝授!

明治 西暦 覚え方

明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年まで? 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までなのか、まとめてみました。 明治は何年明治は何年から何年まで続いた? 明治は1868年1月25日から1912年7月30日年まで続きました。 江戸時代が終わり、西洋化進みました。 明治時代からは 一世一元の制が取られており、一人の天皇につき、一つの元号が定められるようになりました。 大正は何年から何年まで続いた? 大正は、1912年7月30日から1926年12月25日まで続きました。 約15年間と短いながらも大正デモクラシーなど、現代の文化に大きく影響を与えています。 関連記事: 昭和は何年から何年まで続いた? 昭和は1926年12月25日から1989年1月7日まで続きました。 昭和は即日即位だったので、1926年12月25日まで大正で、1926年12月25日から昭和です。 1926年12月25日は大正でもあり、昭和でもあるのでちょっとややこしいですね。 平成は何年から何年まで続いた? 平成は、1989年1月8日から2019年4月30日まで続きました。 平成は翌日即位だったので、1989年1月7日までが昭和で、1989年1月8日から平成です。 翌日即位の方がわかりやすいですよね。 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までかのまとめ 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までか、以下にまとめました。 明治:約45年間• 大正:約15年間• 昭和:約64年間• 平成:約31年間• 令和:未定 こうやって見てみると、明治と昭和が長いですね。 昭和は64年間続きましたが、昭和64年は1月1日~8日までと短かったので、昭和は実質63年間でした。 明治・大正・昭和・平成の中では一番長く続き、第二次世界大戦や高度経済成長、バブル経済などがあり、激動の時代でした。 逆に、明治・大正・昭和・平成の中で一番短かったのは、大正です。 なぜ、大正は短かったのかというと、明治が長かったのに加えて、大正天皇は元々体が弱く病弱だったりで、14年と短い間しか続かなかったようです。 明治からは 一世一元の制が取られているので、長い時代が続くとそのあとは短くなりがちです。

次の