岡本 夏生 ふかわりょう。 岡本夏生とふかわりょうが泥沼の“1円訴訟” 3年半前の大ゲンカはまだ続いていた

岡本夏生 現在は病気?自宅に引きこもり?北斗晶やふかわりょうとの喧嘩の内容とは?

岡本 夏生 ふかわりょう

そんな彼女ですが、最近はテレビで姿を見ませんよね。 最近はどうされているのでしょうか。 岡本夏生さんの現在を調べてみました。 岡本夏生さんは当初は地元の静岡でモデル業をしていました(当時の芸名は村上千夏)。 更に静岡の地元のローカル深夜番組でアシスタントもしていました。 同時にブティックでアルバイトもしており、その時、スカウトされたようです。 上京後は『11PM』のカバーガールをこなし、レースクウィーンという職業名も彼女の活躍から世間に知られるようになりました。 当時はまだまだ「レースクウィーン」という職業名は世間に浸透してなかったんですね。 ハイレグというのも、彼女がブラウン管を通じて広めた感もありました。 そんな彼女、明るいキャラクターとお茶の間を楽しませてくれるトークで一躍人気者になります。 バラエティー番組などでは昔は明るい彼女の姿を毎日のように見ることが出来ました。 しかし2017年以降、彼女の姿をテレビで見ることはなくなってしまいます。 岡本さんは現在、芸能活動を休止しています。 しかし、SNS等は発信してくれているので、彼女のファンにとっては嬉しいことですよね。 彼女が最初にブラウン管から姿を消したのは、当時司会をしていた『新婚さんいらっしゃい』より、舞台の仕事を選んだため、1996年より仕事が激減し、2000年頃からテレビで彼女の元気な姿を見る機会も減りました。 しかし2010年、ブログを発信した事で人気が再燃。 バラエティー番組で再度彼女は活躍します。 そして、『5時に夢中』で破天荒な彼女の姿を再度見られるようになります。 しかし、2017年に彼女は同番組を降板してしまいます。 降板の憶測については情報が拡散していますが、真実は不明なので省略します。 現在、彼女の姿をテレビで見ることはありません。 自宅にこもっている等の噂もありますが、真意は謎です。 東日本大震災発生後も、岡本さんは被災地へ足を運んでおられます。 明るいキャラの裏とは別に、彼女の優しさも垣間見られますよね。 病気療養の噂もありますが、どうもこれはガセネタらしいです。 岡本さんは小さいころからアトピーで、成人後も甲状腺の病気、糖尿病、胆石や軽度の脳梗塞など病気を経験しておられます。 病気療養中というのはこの辺から勝手に出たデマのようです。 ちなみに、芸能キャスター、井上公造さんが米倉涼子さんの取材でニューヨークに行った際、岡本さんと会ったと公言しています。 井上キャスター曰く、その際、岡本さんが友人とミュージカルを見に来ていて、話しかけられたとおっしゃってます。 枕営業公言、その他暴露話いっぱいでお茶の間を楽しませてくれた岡本さん、今は特に、金銭苦でもないらしいです。 バブル期に購入した一軒家やマンションなどを所有しており、今はそれで生活しておられる様子です。 1980年代後半にアイドル歌手デビューし、女優としても活躍した中山忍さんを覚えていますか? 言わず 網浜直子さんといえば、ちょっとヤンキーっぽい顔立ちで流行りのドラマに数多く出ていましたね。 198 1980年代中頃から1990年代前半に活躍したアイドル松本典子さん。 アイドル全盛期で競争が激しか 1980年代に薬師丸ひろ子さん、原田知世さんと共に「角川三人娘」と呼ばれ一世を風靡し、ご活躍された女 1980年代の前半にドラマ「スチュワーデス物語」でブレークし、女優として、また清純派アイドル歌手とし 1992年のヒットドラマ『愛という名のもとに』に出演。 1993年には映画「月はどっちに出ている」 かつて、バラエティーの企画から芸能界入りをし、キャスターとしても活躍。 ショートヘアに元気が良いキャラ 1980年代後半〜1990年代にかけてバラエティーなどで人気のあった鈴木蘭々さん。 元気いっぱいで.

次の

岡本夏生がふかわりょうにキレた本当の理由!『5時に夢中!』降板の裏で大手芸能プロの圧力が?|LITERA/リテラ

岡本 夏生 ふかわりょう

異例の状況と形容して差し支えないだろう。 *** 原点は2016年4月に開催されたトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」だ。 岡本とふかわが舞台に立ち、観客の前で本気の喧嘩を行ったとして、今も語り草になっている。 例えばTwitterで検索を行えば、「世紀に残る舞台」、「どえらいもんを見てしまった」といったツイートが表示されるほどだ。 「5時に夢中!」(MXテレビ:月〜金・17:00)は、ふかわがMCを務め、かつて岡本もレギュラーのコメンテーターとして人気を博した。 2人と縁が深い番組だ。 当時、番組はこの問題を取り上げており、「ガチハル!」にゲスト出演するはずだった作家の岩下尚史(58)が出演し、次のように振り返った。 《ずっと袖で拝見していたけど、めったに見られないものだった。 若い頃から色んな物を見てきたけど、あんな舞台は初めて。 保健所に電話しようかと思った》 スタジオは爆笑に包まれたわけだが、一体、二人の間に何があったのか、改めて経緯を振り返っておこう。 まず岡本は16年3月29日、「5時に夢中!」を突如降板する。 この理由も諸説が入り乱れているのだが、本題ではないので割愛させていただく。 その後、ふかわがブログで岡本への連絡が取れなくなったと記述。 「ガチハル!」の開催を目前にしていたこともあり、不安な気持ちを投稿した。 ネット上ではチケットの払い戻しや、替わりの出演者が話題になる中、開演の約1時間15分前に岡本は会場に到着。 何とか開催に漕ぎ着けると、彼女は「音信不通になったのは携帯電話を紛失したため」などと説明し、「ご迷惑をおかけしました」と謝罪した。 これで一件落着かと思いきや、岡本は5月に「ガチハル!」のトラブルを改めて謝罪するというイベントを開催した。 まず岡本は「携帯を紛失した」という弁明が嘘だったことを告白して謝罪。 ファンに土下座をしたり、「私にも非がある」と反省する場面もあった。 その一方で、ふかわ側からの連絡が不充分だったとする説明も行った。 特に電話連絡がイベントの前日という直前だったため、立腹して電話に出なかったことを告白。 経緯を説明する最中に涙ぐむ一幕もあった。 「ガチハル!」で具体的なギャランティーの提示がなかったことなどを指摘。 真偽不明の一方的な主張ではあるが、複数のスポーツ紙が電子版などで記事化した。 こうした中、日刊スポーツが同年5月23日(電子版)「岡本夏生『いつになったら大人の会話ができるのか』」の記事を配信する。 重要な部分を引用させていただく。 (註:年齢や肩書は当時、デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)。 《タレントの岡本夏生(50)が、仲違いしているお笑い芸人のふかわりょう(41)に対し、法的措置を講じることも辞さない考えを明かした》 《岡本とふかわは先月行われた共演イベントで激しい口論を繰り広げて絶縁。 あわせて読みたい関連本•

次の

岡本夏生 1円訴訟がヤバい!ふかわりょうとのトラブルまだ続いていた!

岡本 夏生 ふかわりょう

ガチンコバトルを終えた岡本は、おしゃれなレストランで食事を楽しみ、席を立った タレントの岡本夏生(50)が事故レベルの大暴走だ。 メディアの取材は不可とされた現場で飛び出したのは逆ギレの罵詈(ばり)雑言のオンパレード。 これには温厚なふかわりょう(41)も「もう支えきれない!」と絶縁を通告。 客席からブーイングが吹き荒れ、ふかわに土下座謝罪までさせた岡本の傍若無人過ぎる爆弾トークを緊急リポート! 「もうあなたを支えきれない!」とふかわが言えば、岡本も「このツーショットは今日が最後よ!」とやり返す。 売り言葉に買い言葉。 イベントは、舞台の幕が下ろされ中断する事態に陥るなど、最後まで大荒れとなった。 不穏な空気はイベント開始前から漂っていた。 その後ブログの更新は途絶え、コメント欄はファンからの生存確認であふれ返った。 実際、岡本とは連絡がつかない状態で、本紙記者がケータイを鳴らしても「電源が入っておりません」とアナウンスが流れるだけだった。 11~13日には同番組で共演した盟友のふかわとトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」を行う予定だったが、音信不通のため、主催者サイドは岡本の欠席を想定。 チケットの払い戻しを告知するなど対応に追われていたが…。 ところが岡本は何の前触れもなく会場にやって来た。 これにカンカンなのが主催者サイドだ。 「岡本さんは音信不通の理由について『携帯電話を紛失した』と言っているが、たとえそうだとしても、連絡を取る方法はいくらでもある。 こっちは返金対応するなどバタバタ。 自由気まま過ぎます」 そんななか始まったトークイベント。 昨年12月に行われた前回は、レオタードを着用するほどノリノリだった岡本だが、この日は黒のダウンジャケットにスエットパンツという普段着で、顔はほぼスッピンだった。 台本では今年のこれまでの芸能ゴシップをブッタ斬ることになっていたが、岡本が真面目に答えたのは最初のベッキー(32)まで。 続いて映し出された加藤紗里(25)の顔写真を見るや「なんでこんな女やるのよ。 聞いていないわよ。 打ち合わせしなさいよ」と激怒した。 そうは言っても、本人がしばらく音沙汰なしだったのだからどうしようもない。 それでも岡本は「そんなの関係ない」の一点張りで、これには温厚なふかわもイラッ。 「ここから2人のマジ喧嘩が始まりました。 岡本さんの発言に、ふかわさんが『いや、それは違うって!』と制止するパターンがほとんど。 あれはネタではなく、ガチンコでしたね」とは会場にいた本紙記者の知人だ。 異様だったのは、岡本の立ち位置。 用意されたイスには座らず、ステージ上に敷かれたござの上であぐらをかきながらトークを展開。 あまりの不穏な空気に客席からは「2人とも冷静になれ」と大ブーイング。 「ギャラの話にもなって、岡本さんが『このイベントのギャラの取り分も聞いていない』『グッズの収益がいくらなのかも知らされていない』と不満を言いだし、ふかわさんは『結局お金の話か』と不快感をあらわにしていました。 見ていて、ふかわさんがかわいそうで仕方がありませんでした」(同) 最後は、とうとうふかわもサジを投げ「自分と同じニオイを感じて好きでしたけど、もうあなたを支えることはできません」と決別宣言。 これに岡本も「今日であんたと会うのは最後。 このツーショットは見納めよ!」と返し、イベントはかみ合うことなく終了した。 「ギャラの話なんかは、お客さんに聞かせる話ではない。 ふかわさんは客席に土下座してわびていました。 岡本さんはイベントタイトルを引き合いに出し『これがガチンコなんだよ』と叫んでいましたね」(同) イベント終了後、主催者からは12~13日の岡本の出演取りやめが発表された。 その理由については「本日の公演を踏まえまして」とだけ説明された。 岡本は知人女性と港区白金の飲食店で食事をし、その後歩いて帰路に就いた。

次の