コロナ 疲弊。 新型コロナウイルス感染症関連情報

コロナとの戦いは長期戦 ~ 国民の疲弊が怖い

コロナ 疲弊

コロナの世界的感染拡大と経済の疲弊 コロナが世界で猛威を振るい始め、各国が国境封鎖を始めています。 特に感染が広がっているユーロ圏では職場、店、銀行、学校などが完全に閉鎖。 経済活動がほぼ停止してしまっている状況です。 私がよく読んでいるビジネスインサイダーに興味深い試算が載っていました。 世界のコロナによるGDP損失は良くて2. 3兆ドル 約250兆円 、最悪の場合9. 2兆ドル 約1000兆円 最悪の場合とは1918年頃に世界で流行したスペイン風邪と同じレベルで広がった場合との事です。 スペイン風邪とはインフルエンザウイルスの一種で当時は医療のレベルが低かった事もあり、世界で5000万人が亡くなり、収束までに2年を要しています。 こちらはアメリカ有数のシンクタンクであるブルックリン研究所が出した各国のGDP損失の予測です。 日本:最善1400億ドル、最悪5490億ドル 中国:最善4260億ドル、最悪1. 6兆ドル アメリカ:最善4200億ドル、最悪1. 8兆ドル 日本の場合良くて15兆円程度、最悪の場合60兆近い損失になるとの事です。 大げさにも思えますが、すでに五輪の延期だけで3兆円の損失という試算も出ているのであながち出鱈目な数字ではないのかもしれません。 国境封鎖や、外出の自粛などによって特に影響を受けている観光業、小売業は既に倒産企業も出始めており、これからその数はさらに増えてくると思われるので、経済的な損失は計り知れません。 コロナの収束時期としては色々な見解がありますが、ウイルスが気温や湿度が上がると生き延びにくいという事から早くて8月頃には収束するのではという声もあります。 ただ体力のある大企業ならまだしも、中小零細企業が何か月も耐えられるのか疑問があり、東京商工リサーチは今回のコロナの影響で倒産企業が1万を超えるかもしれないとコメントを出しています。 私たちに今できる事はこれ以上感染が広がらないために、不必要な外出を控え、短期間でコロナを収束させる事だと思われます。 志村けんさんがコロナで亡くなり危機感を持った人も多いかもしれませんが、私も身近な人達を不幸にしないためにもより一層注意を払いミーティングもZoomなどの遠隔会議に留めておきたいと思います。 若い人はコロナで重症化しないという話も出ていますが、コロナに掛かると肺が線維化し後遺症に苦しむ事になるという話もあります。 甘く考えずに危機感を持って対応したいところです。

次の

コロナショックで疲弊する現場を追い詰める「紙・ハンコ文化」その終焉と電子契約社会の到来 「Withコロナ」で変わる国のかたちと新しい日常

コロナ 疲弊

コロナ感染を防ぐのに、なぜ「手指消毒」が最も効果的なのか? 2月に横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の内情を告発して注目を集めた、神戸大学病院感染症内科の岩田健太郎教授が「新型コロナ最大の特徴」について解説。 新書から一部抜粋・再構成してお届けする。 コロナウイルスの場合は麻疹とは違い、飛沫の飛距離はせいぜい2メートルぐらいですから、感染をブロックすることは容易です。 一番簡単なのは、患者さんを見つけて隔離することです。 個室に隔離してしまえば、その部屋の中にいくら飛沫が飛んでいっても、部屋の床がウイルスだらけになっても、部屋の外には出ていかない。 だから他の人に感染することはありません。 接触感染をブロックする方法ですぐに思いつくのは、感染者が触ったであろうところを見つけてウイルスを除去する、あるいは人が近づかないようにすることですが、これは口で言うのは簡単だけど実際には難しい。 コロナには「手指消毒」が効く理由 街を見渡しても、例えばエレベーターのボタンやエスカレーターの手すりなど、人の手はいろんなところを触ります。 だから、感染者が触ったところを全て見つけて対策を取るのは現実的には不可能です。 ですから、接触感染をブロックするために「手指消毒(しゅししょうどく)」をしましょう、という話になります。 つまり、「ウイルスがどこにいるか分からない」のなら、「どこにでもウイルスがいる前提で考える」ほうに発想を変えるんです。 どこかを触ったらアルコールで手指消毒をする。 アルコールで消毒すれば、コロナウイルスはすぐに死にます。 もし外でウイルスと接触しても、自分の手に付いているウイルスさえ死んでしまえば、目をこすったり、鼻を触ったり、ものを食べたりしても体内にウイルスが入ることはありません。 そうすれば、どこにウイルスがいても結局は関係ないですよね。

次の

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ 疲弊

では、自然反応の不安と不健全の不安の境はどこにあるのだろうか。 東京都内にあるAさん(男性、30代)の会社は、緊急事態宣言以降、在宅勤務が中心になった。 彼はもともと心配性で、国内で感染者が増加し始めた頃から、感染したらどうしようという思いにとらわれた。 新型コロナの情報を求めて、インターネットから目が離せない状態となり、夜は眠れなくなり、気力は低下し、本来やるべきタスクができなくなって仕事に支障をきたすようになった。 不健全の不安は、ネットサーフィンなどで本来やるべき仕事やタスクに支障がでる状態が目安となる。 ネットで忙しくて時間がなくなってしまう場合だけでなく、情報で不安になり仕事や家事が手に着かなくなる場合も含む。 Aさんは、四六時中感染症のことを考えるようになり、少しでも体調が悪くなると「新型コロナの初期症状だ。 これから重症化するに違いない」と思い悩むようになった。 体調が良くなってからも「まだウイルスが身体に残っていて再発するかもしれない」という考えが頭から離れず、かかりつけ医に何度も相談した。 レントゲンや血液検査で問題がなくて一旦安心しても、またすぐに不安になったそうだ。 PR Aさんのような状態は、妄想を伴う鬱病が疑われる。 鬱病は、食欲や睡眠欲などが低下して抑鬱状態が続くのだが、妄想を伴う鬱病は、客観的事実とかけ離れた悲観的な妄想をいだくのが特徴だ。 妄想には、「心気妄想」(大きな病気を患っているに違いないと考える)、「罪業妄想」(些細(ささい)なことにとらわれ、取り返しがつかないことをしたという罪の意識を負う)、「貧困妄想」(お金に困っていないのに破産の心配をする)-など3種類があり、「鬱病の3大妄想」と呼ばれている。 Aさんの場合は、自分は新型コロナに罹患(りかん)していて重症化するに違いないという思いにとらわれており、「心気妄想」が考えられる。 心配性な性格に加えて、過度な情報収集で疲弊し、得た情報を全て悲観的に受け取ってしまっていた可能性がある。 Aさんは、かかりつけ医から心療内科を紹介され鬱病と診断された。 妄想を伴う鬱病は、重度の鬱病の場合がある。 現在は、服薬しながら、自分にとって恐怖となる情報番組を見ないことや、ネットサーフィンをしないことを助言され、それを守りながら少しずつ回復に向かっている。

次の