あべの マスク 製造元。 アベノマスク不良品続出!製造元はどこで社長は?なぜこのサイズ?総額は?

アベノマスクの製造元やメーカーは?欠陥品の返品や交換できる?

あべの マスク 製造元

新型コロナウイルスの感染防止策として、政府が配布する布マスクへの批判が続いている。 全世帯向け配布に先立って妊婦用に配られた布マスクには一部で異物混入が発覚。 今後は全世帯への配布が本格化することから、政府はメーカーに生産体制の見直しや検品体制の強化を要請。 野党は国会などで追及を強めている。 妊婦用の布マスクについて菅義偉官房長官は20日の記者会見で「配布にあたり異物の混入などがないかの確認をお願いしている。 今後同様の事案が発生しないよう厚生労働省で適切に対応していきたい」と釈明した。 厚労省によると、今月14日から妊婦用に配った布マスク計50万枚のうち、17日時点で変色や異物混入などの報告が80市町村から計1901件あった。 政府が配布する布マスクは、国内メーカーの4社が製造。 企業名は現在は明らかにしていないが、5月までに同省のホームページで公表するという。 業界関係者によると、4社の中にはミャンマーの工場で生産している会社もあるという。 一方、全世帯に2枚ずつ布マスクを配布する事業も17日から始まっている。 経済産業省出身の官邸官僚による進言を受け、安倍晋三首相が突然表明し、「アベノマスク」とも呼ばれる。 ただ、投じる予算は約466億円。 費用対効果などに疑問の声が上がっている。 「マスクが入手できなかったの….

次の

アベノマスクはなぜあの大きさ?製造元との関係は?届いたらどう使うかリメイク案も!|キャストコ

あべの マスク 製造元

興和株式会社• 伊藤忠商事株式会社• 株式会社松岡コーポレーション この3社にマスクを発注したと明らかになりました。 興和株式会社のプレスリリースにて中国で生産したマスクと発表がありました。 中国を中心とす る海外の生産協力工場を活用した布製マスクの緊急生産を推進してまいりました。 引用: また、他の製造メーカーについては厚生労働相から説明があったとのこと。 厚生労働省は23日の主要野党の会合で、全世帯配布が始まった布マスクの生産国について、 中国、ミャンマー、ベトナムと明らかにした。 受注した興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションと生産国の関係に関しては「企業活動に関わるので答えは控える」と述べるにとどめた。 引用: 布マスクは「ガーゼマスク」のことで、 興和株式会社が製造するものが配布されるのではないか?という情報がありました。 興和株式会社のプレスリリースでも「 政府からの要請でガーゼマスクの取り扱いを推進する」と書かれています。 さらにテレビで報道されたのは、マツオカコーポレーションという衣料品製造メーカーが国から要請を受けてマスクの製造をされているという情報。 マツオカコーポレーションは広島にある衣料品のOEMをされている会社です。 布マスクのメーカーを公表していないのには訳があるのかもしれませんが、使用する側としてはどこで作られたものなのか知りたいなぁと思います。 興和株式会社は「三次元マスク」を販売しているメーカー。 三次元マスクの製造ラインとガーゼマスクの製造ラインは別になるので、 ガーゼマスクの製造を推進することで三次元マスクの製造には影響しないそう。 不織布製のマスクの生産も早く追いついてほしいですね・・・!.

次の

466億円“アベノマスク”内訳が明らかに 大部分はいまだ不明|日刊ゲンダイDIGITAL

あべの マスク 製造元

「もしかして、これもなんかの利権?」 「国が配布するマスクもこの企業にお願いするのだろうか」「もしかして、これもなんかの利権?」「とことん地元やお友達優遇だね」......。 安倍首相が2020年4月1日に珍しくマスク姿で発言した直後、前出の企業に関係する新聞のウェブ版記事を引用して揶揄するようなツイートが投稿されると、こんな声が次々に上がった。 この記事では、新型コロナウイルス感染に関する緊急対策として、山口県が3月23日、制服などを製造する県内企業に対し、幼稚園などに配布する布マスク12万枚の生産を委託すると発表したことを報じていた。 マスクの生産委託は都道府県で初めてといい、県が買い取って、園児ら1人当たり2枚を配るという。 さらに、この企業の社長が安倍首相とフェイスブックで「友達」関係になっていたことから、根拠のない憶測がツイッターなどで流れるようになった。 また、マスクの配布は、日本郵政のシステムを通じて行われることから、筆頭株主の麻生太郎財務相が不祥事で困っている日本郵政を救おうとしているのでは、との見方まで書き込まれた。 もっとも、この企業が国から受注するというのはデマではないかとの声も出て、「県の仕事を県内に発注しただけでしょ」「裏があるかの様に印象操作するのはおかしい」と冷静に考えるよう促す向きも多かった。 実際のところは、どうなっているのだろうか。 「色々な企業にアプローチを考えている」 山口県内にあるこの企業の専務は4月2日、安倍首相が配布するとした布マスクの受注について、「国から言われたことはないです」とJ-CASTニュースの取材に答えた。 「お困りでしたら、手伝いたいと思います。 しかし、そうすれば、ネットで炎上して、また風評被害に遭います。 安倍さんに迷惑もかかりますし、やらない方がいいのかもしれませんので、複雑な気持ちです」 ネットでの憶測により、企業の公式サイトにアクセスが殺到して、サーバーがパンク状態になり、この日は、少なくとも夕方までサイトにつながりにくい状態が続いた。 「県から発表があった12万枚というのは、当初頼まれた数よりさらに上積みされており、5月末までやるので精いっぱいでした。 近隣の工場に聞くと、手伝ってくれるというので、やっと4月末を目標にできたほどですよ」 厚労省のコロナ対策本部は、布マスクの製造元について、マスク班の担当者が取材にこう説明した。 「まだ決まっておらず、1億枚はこれから生産してもらいます。 一例としては、技術のあるシャープや興和などのメーカーを想定しています。 色々な企業にアプローチすることを考えており、山口県の企業が念頭にあるわけではありません」 日本郵政のシステムを使うことについては、「世帯の情報を持っているからです。 マイナンバーは使えず、日本郵政しかなかったということです」と説明している。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の