ヒーツ フレッシュ パープル コンビニ。 「ヒーツ」初のフレーバーメンソール誕生!「シトラス・グリーン/フレッシュ・パープル」を吸ってみた

ヒーツから新フレーバーのフレッシュパープル・シトラスグリーンが新発売

ヒーツ フレッシュ パープル コンビニ

ランニングコストが優秀な「ヒーツ」に、ついにフレーバーメンソールが登場! 「アイコス」の専用ヒートスティックの定番銘柄といえば「マールボロ」だ。 ただ、520円(税込、2020年3月現在)という価格設定はやや高い。 そこで2019年9月に投入したのが、470円(税込)という低価格の「ヒーツ」である。 1日1箱ペースで吸う人ならば、1か月に1,500円安くなるので、年間にすると18,000円と、デバイス2台分に近い差となる。 「ヒーツ」はこれまで全6種のフレーバーを展開していたものの、タイプはレギュラーとメンソールのみで、選択肢が多いとは言えなかった。 したがって今回、加熱式タバコで人気の高いフレーバーメンソールが追加されたのは、アイコスユーザーにとって朗報である。 クセはないがキレを感じるほのかなシトラス感「ヒーツ・シトラス・グリーン」 シトラスとは、オレンジやライムなどの柑橘系一般を指す言葉だ。 ただし、紙巻きタバコのフレーバーとしてはさほど人気の高いものではない。 加熱式タバコのスティックに関しても同様だ。 実際に吸ってみると、メンソールの清涼感が喉奥で広がって爽快なのだが、シトラス感はあまり感じない。 意識をすればメンソールにシトラス感が加わっているとわからないでもないが、それはアイコス特有のニオイを低減する効果はあるものの、味としてしっかり感じるようなレベルのものではない。 箱を開けてもメンソールの香りが主体でシトラスをあまり感じない 「後味すっきりシトラスメンソール」というのが謳い文句だ 結果的に、「ヒーツ・シトラス・グリーン」のシトラス感は、クセのないメンソールタバコを実現するための隠し味のように感じた。 フレーバーメンソールとしては香りの弱いタイプだろう。 だが、クセがない分、チェーンスモーキングしやすいというメリットはある。 シトラスがほのかに香って、キレがよいように感じるからだ。 フレーバー系全般に言えることだが、最初の1本は濃い味のものがおいしいが、続けて吸うと香料が気になって嫌になってくることも多い。 ところがこの「ヒーツ・シトラス・グリーン」に関しては、そうした心配はない。 ただシトラスだということを忘れてしまいそうになるのは、よいことなのか、悪いことなのか……。 吸う時よりも吐くタイミングでふんわりおいしい「ヒーツ・フレッシュ・パープル」 もうひとつの「ヒーツ・フレッシュ・パープル」は、「マールボロ」ヒートスティックのみならず、低温加熱式タバコやVAPE用リキッドでも人気の高いベリー系メンソールだ。 筆者も、ぶどう果皮の紫色を感じるベリーメンソールは、タバコ味にワインのボディ感のような深みを与えるので、相性がよいと感じている。 箱を開けるとベリーをほどよくまとったメンソールの香り この「ヒーツ・フレッシュ・パープル」は、「ほのかに香るフレッシュメンソール」というキャッチフレーズの通り、パープル感は抑えめだ。 吸っている時よりも蒸気を吐くタイミングでふんわりと喫味を豊かにしてくれていて、シンプルにおいしい。 「パープルメンソールの濃い味が好き」という人には物足りないと感じられるかもしれないが、これもまた必要最低限のパープル感でチェーンしやすく、飽きにくい味わいだと思う。 同コンセプトの「マールボロ ヒートスティック」と比較してみた アイコスのフレーバーメンソールは、「マールボロ ヒートスティック」シリーズですでに展開済みである。 なかでも濃い味わいで重厚感を感じさせる「マールボロ ヒートスティック パープル メンソール」は、フレーバーメンソール・ブームの原点となった金字塔製品だ。 そこで、今回の「ヒーツ」2種に対応する「マールボロ ヒートスティック」と比べてみたい。 上段左が「ヒーツ・シトラス・グリーン」で、右が同じシトラスメンソールの「マールボロ ヒートスティック イエロー メンソール」。 下段左が「ヒーツ・フレッシュ・パープル」で、右が同じベリー系メンソールの「マールボロ ヒートスティック パープル メンソール」 「ヒーツ・シトラス・グリーン」vs「マールボロ ヒートスティック イエロー メンソール」 シトラス感の強さでいえば、明らかに「マールボロ ヒートスティック イエロー メンソール」のほうが強い。 ただ、強いからおいしいかというと微妙だ。 このシトラスとタバコ感の相性が抜群とは、どうしても思えないからである。 その点では、シトラス感があくまで脇役に徹している「ヒーツ・シトラス・グリーン」のほうが、逆に吸いやすく感じてしまう。 ほどよく残るシトラス感はあるが、主役はタバコと清涼感というバランスのよさがあるのだ。 「ヒーツ・フレッシュ・パープル」vs「マールボロ ヒートスティック パープル メンソール」 「マールボロ ヒートスティック パープル メンソール」は、フレーバーメンソールのひとつの完成形としてのクオリティを持った名作である。 箱を開けた瞬間に漂う蠱惑的なワインに近い高級な香り立ち。 メンソールの清涼感に紫色のぶどう果皮のような芳醇で濃厚な香りが加わり、タバコ味とともに重厚なお楽しみを提供してくれる。 その文句なしの完成形に対抗するには、「ヒーツ・フレッシュ・パープル」はちょっと弱い。 全体的に軽めに仕上げられているからだ。 さながら「パープル メンソール・ライト」といった印象である。 しかし、最初の1本のインパクトが薄れ、2本目、3本目とチェーンで吸っていくとわかるのは、「ヒーツ・フレッシュ・パープル」のシンプルなおいしさ。 蠱惑的で濃厚な味わいが少ない分、続けて吸っても嫌味にならない。 チェーンスモーカーならむしろこちらのほうが吸いやすいと感じる人も多いかもしれない。 スッキリした喫味が気に入るかどうかが分かれ道 タバコ代のコスパで、1箱50円の差はでかい。 可能なことなら「ヒーツ」に移行したいという気持ちを持っている人は少なくないはずだ。 ただし「マールボロ」の重厚で強い喫味に対して、「ヒーツ」の喫味は紙巻きタバコのタール値にして1〜2mgくらい軽く感じるのも確かだ。 しかし、今回のフレーバーメンソール2種追加で、「ヒーツ」のラインアップにもだいぶ幅が出てきた。 スッキリした喫味が気に入るかどうかが分かれ道だが、フレーバーメンソールファンで、タバコ感の強さをそれほど求めないという人は、今回発売された2種を、一度試してみても損はないだろう。

次の

アイコスのヒーツに2種類の新銘柄登場!今度はフレーバー系メンソール【シトラスとパープル】

ヒーツ フレッシュ パープル コンビニ

フィリップ モリス ジャパン合同会社 フィリップ モリス ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、社長:シェリー・ゴー、以下「PMJ」又は「当社」)は、2020年4月1日より改正される健康増進法の全面施行を控え、当社加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用たばこスティックの「ヒーツ(HEETS)」から2銘柄を拡大し、「ヒーツ・シトラス・グリーン」「ヒーツ・フレッシュ・パープル」をIQOSオンラインストア、全国9店舗のIQOSストア、ヤマダ電機、ドン・キホーテの一部店舗で、2020年3月9日(月)から発売開始いたします。 2020年4月1日より改正される健康増進法の全面施行によって、飲食店やオフィスなど多くの場所が原則屋内禁煙になり、法改正によって喫煙環境が大きく変わることが見込まれます。 当社はこの喫煙環境の変化を好機としてとらえ、成人喫煙者のそれぞれの嗜好に合わせた味わい、満足感を選択いただけるよう、「ヒーツ」銘柄のラインナップを拡充することで加熱式たばこへの切り替えを後押ししてまいります。 PMJのマーケティング&コミュニケーションズ・ディレクターであるフィリップ・ルベルは、今回の発表に際し、以下のように述べています。 「加熱式たばこカテゴリーにおけるフレーバー系メンソールの市場シェアは昨年と比べて1. 1%増加しています。 その需要を受け、『ヒーツ』初となるフレーバー系メンソール商品をラインナップに加えました。 2019年2月に全国販売を開始して以来ご好評いただいております。 IQOSについて IQOSは、専用にブレンドされたたばこ葉を含む専用たばこを加熱して使用する電子機器です。 紙巻たばこのたばこ葉は800度を超える温度で燃焼し、有害な成分を含む煙が発生します。 一方で、IQOSは火を使って燃焼せずに350度以下の温度でたばこ葉を加熱させ、火を使わず灰や煙が発生しません。 最適な温度で加熱することによって、本来のたばこ葉の味わいを提供します。 たばこ葉を燃やさずに加熱するので、紙巻たばこと比較して有害性成分の量が大幅に低減しています。 IQOSから発生するものは、煙ではなく、ニコチンを含むベイパーであり、IQOSは成人喫煙者に満足していただける煙の出ない(スモークフリー)製品です。 当社の企業ビジョン「煙のない社会」の実現に向けて フィリップ モリス ジャパン合同会社(PMJ)は、フィリップ モリス インターナショナルの日本における子会社です。 日本で販売されるフィリップ モリス社製品のマーケティング・販売促進活動を行っています。 PMJは1985年に日本で営業を開始して以来、着実に成長を遂げ、今日、全国に約1,900人の従業員を擁し、日本のたばこ市場で約34. 0%のシェアを有する、加熱式たばこ市場を牽引する日本第2位のたばこ会社となっています(2018年末現在)。 フィリップ モリス インターナショナル(PMI)は、「煙のない社会」の実現を目指し、今後もたばこ製品を使い続ける成人喫煙者にとって、公衆衛生の観点からの社会全般と様々なステークホルダーにとって意義があり、科学的に立証された代替製品を提供すべく、紙巻たばこ全てを煙の出ない製品へと切替えることを目指し、たばこ業界においてトランスフォーメーション(変革)を推進しています。 PMIは、米国以外の地域において、紙巻たばこ、煙の出ない製品と関連する電子機器・アクセサリー類またその他のニコチンを含む製品の製造と販売を行っています。 PMIは、FDA(米国食品医薬品局)より米国内における販売の許可を得ているIQOSプラットフォーム1のデバイスとたばこスティックに関してライセンス契約を締結しているアルトリア・グループに出荷しています。 PMIは、依存性があり、且つリスクフリーではないものの、喫煙し続けた場合と比較してより良い選択肢である煙の出ない新しい製品カテゴリーの構築や科学的立証を企業活動の主軸としています。 多岐の専門分野にわたる世界有数の製品開発能力や設備、科学的実証能力を有する研究開発センターにより、PMIは、煙の出ない製品が成人喫煙者の好みや厳しい規制条件に合ったものとすることを目標としています。 煙の出ない製品である IQOS 製品群には、加熱式たばこやニコチンを含むeベイパー(電子たばこ)製品があります。 2019年12月31日現在、PMIの加熱式たばこ製品は、IQOS ブランドのもと、世界で52の市場における主要都市や全国で展開しており、約970万人の成人喫煙者が喫煙を止め、PMIの煙のでない製品へ切替えたと推定されています。 詳しくは、PMIのウェブサイト(www. pmi. com)およびPMIサイエンス(www. pmiscience. com)をご覧ください。 私たちのもとには、開発、科学的評価、市販化といった異なる段階にある様々なRRPが存在します。 私たちのRRPはたばこ葉を燃やさないので、発生させるエアロゾル(蒸気)に含まれる有害および有害性成分の量が紙巻たばこの煙に含まれる量と比較して、はるかに少なくなっています。

次の

【吸ってみた】アイコスHEETS新作「シトラスグリーン/フレッシュパープル」をレビュー!

ヒーツ フレッシュ パープル コンビニ

どちらもメンソールと言う事ですが、前回の4種類のヒーツはどれもアイコスで言う所のレギュラーっぽさが強かったので、ここで今度こそはメンソール感のあるものを発売しようという試みでしょう。 他の4種類のHEETSについては此方の記事で紹介しています。 ヒーツ・フロスト・グリーン で、早速ですがこちらのフロストグリーン。 コンビニで並んでいるのを見るとどれも同じ色に見えて正直困惑します。 一番濃い緑を選んでおけば問題ないでしょう。 これはですね、正直最初の一口「え、また!?」と言うヒーツ独特のレギュラー感を感じます。 うわ、結局・・・・みたいな。 でもその後にちゃんとメンソール感がしっかりと来るんですね! これにはびっくりでした。 私は普段アイコスのメンソールの正直これ吸っていて、メンソールの中では最強なのですがこれならまあ乗り換えてもいいかなって感じ。 アイコスで言う所のミントレベルには出来ている。 値段もアイコスが値上がりして¥520なので、¥470のヒーツに出来れば少しお得です。 ヒーツ・クール・ジェイド 続いて、クール・ジェイドです。 先ほどのフロスト・グリーンより色が薄いパッケージ。 フレッシュエメラルドと色ギリギリ被っとるで!! と言いたくなる。 先ほどのフロスト・グリーンが深みのあるメンソールと言うのに対し、心地いい清涼メンソールと言う売り文句。 という事は、フロスト・グリーンよりメンソールが弱いという事で。 色も丸被りなら、味も正直最初に登場したフレッシュエメラルドと変わりません。 最早HEETSお得意のレギュラーです。 普段メンソールとか、ミントしか吸いませんと言う人は先ほどの「フロスト・グリーン」一択ですね。 HEETSに乗り換えでお得!? ここまで新フレーバを試した結果。 アイコスの値上げはまだ止まりません。 現在¥520のアイコスヒートスティック。 新機種のアイコス3DUOなんかも発売し、連続2本吸い、充電時間も半分になり、アイコスの人気は止まりません。 一応宣伝もさせてね、という事で。 まだアイコス3に行ってない方は、今から買うならアイコス3DUOにした方がいいですよ! ヒーツで浮いたお金で買えますしね。

次の