文鳥 換羽 期。 文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥 換羽 期

投稿者: ゆきみさん、はじめまして。 うちはコザクラインコですが、換羽に関しては大差無いので、 参考になれば嬉しいです。 うちのコザクラは昨年の8月下旬(生後4ヶ月)頃から換羽が始まり、現在も換羽中です。 昨年は小さい羽根がたくさん抜け替わり、ここ1〜2ヶ月程は大きい風切り羽が抜けてきてます。 5ヶ月も換羽が続いてるのでかなり長い方ですが、健康診断で色々検査を行いましたが、問題ありませんでした。 病院の先生にも、換羽は個人差がとても大きいので気にする必要は無いと言われてます。 私のプロフィールに載せてあるブログを見て頂ければ分かりますが、とても健康なインコです。 よって、ゆきみさんもそれ程気にする必要は無いと思います。 投稿者:• の情報リンク元を貼っときますね 外部リンク:文鳥問題/換羽と産卵 あと。 これも分類分けされていて初飼いさんに分かりやすいと思います 外部リンク:文鳥の飼い方 初心者の飼育法 外部リンク:換羽? えっと。 一つ目の文鳥問題の主さんははすごく古くからたくさんの文鳥を飼われていて ご自身の気になる文献があれば納得されるまで検証されている方です。 ご存知でしょうが、文鳥さんは寒ければ羽を膨らませ、暑いと口呼吸します。 ) なので、男のコの発情がどういったものなのかよく分からないです; あくまでも……ご提案ですが 私が今ご交流させて頂いているトピに男のコ飼いがおられます。 ただし、すごくお忙しい方々でほとんどレスされる時間がございませんが; ゆきみさんは今、緊急問題でもないし、その方々にご質問されればドウでしょう? あと。 3ヶ月の性別まだ不明のコもいまして、男のコっぽいのですが不明で男のコの動作 を知りたがってらっしゃいます。 (試験目前で夏まで頻繁レスは無理そうとのコトですが;) あと。 今、男のコが欲しくて2羽目で3週間目雛さんを飼われた方もいらっしゃいます。 投稿者:• 一羽飼いなこと。 ネットや飼育本でお勉強した知識。 獣医にお聞きした話ではない ……と、いろいろ不確かですが、それで宜しければご参考になさってください。 まず、換羽は平均一ヶ月、長いコで二ヶ月です。 固体差もあれば、その歳の時期だけ長い短い等、決まっていません。 なので換羽しながら発情はナイそうです。 あと、餌や温度や睡眠時間等も関係する複雑なことがあるようです。 ネット情報や獣医さんの意見もバラバラで、どれを選択するかは、飼われている 飼い主さんが自分チのコで判断するしかないようです。 文鳥はインコとは逆で、夜遅く寝かせれば発情抑制。 早く寝かせれば換羽抑制との事。 飼い主の生活環境もある話ですが、ウチはメスなので夜9時が就寝時間です。 ご質問外ですが、下記ウチでの温度設定でした。 最初の一年は少し高め(そのコごとに違います)で、24度程 若い頃は少し下げ22-3度、中年で23-4度、初老で24-5度、老鳥の今は26-7度。 病気や体調不良はその症状にもよりますが温度は28度以上 上記はあくまでもウチのコを見て取り入れたコトです。 (窓開けなら迷子に注意!) ・アボカドは中毒おこすので厳禁です。 その他、与えてはいけないものも多数あります ・人間と同じく反抗期があるので、キツク噛まれる時期も長期であります。 そのときに感情的に叱ると〔攻撃された!〕と余計に性格がキツクなるので 声を荒げずクチバシをそっとツマむか、フッと息をふきかけます。

次の

文鳥の換羽期は水浴びの頻度が減る?水浴びの頻度と回数について│賢者日和

文鳥 換羽 期

文鳥の換羽期は水浴びの頻度が減る 換羽期の文鳥は、大好きな水浴びも控えめになります。 全くしなくなるわけではありませんが、新しい羽が生え揃うまでは羽根が少ない状態なので、体が濡れると体の保温機能が低下してしまいます。 体温が低下すると体力も落ちるので、水浴びの頻度は減ってしまうのです。 換羽期の文鳥の変化はそれだけではありません。 水浴びと同じく体力の消費を抑えるために、あまり飛ばなくなります。 もちろん、羽根が抜けているため飛びにくいことも理由の一つです。 さらに、換羽期の文鳥はイライラして攻撃的な行動が見られたりもします。 理由としてはいくつか考えられていますが、羽根の生え替わりにより体に不快感があること。 もうひとつは、群れで生きる鳥は弱った個体をいじめることがあるため、体調不調を隠す性質があります。 体力の落ちている換羽期は、仲間からいじめを恐れて神経質になるのがイライラの原因ではないかとも言われています。 水浴びの頻度が減る文鳥の換羽期とは 文鳥が大好きなはずの水浴びを控えてしまう「換羽期」とは、古い羽根が抜けて新しい羽根に生え替わる時期のことです。 1年に1回、全身の羽根が少しずつ抜けて、徐々に新しい羽根に生え替わるのです。 時期としては、3~6月頃のうちの1ヶ月程度。 多くは5~6月頃に、発情期を終えて換羽期が来るタイミングが多いようです。 全身の羽根が生え替わりますが、もちろん一度に抜けてしまっては飛べないどころか体温が維持できません。 そのため少しずつ抜けて新しい羽根が生え、いつの間にか全身の羽根が新しいものに替わるのです。 換羽期は1年に1回、一生続きます。 ただ、高齢だったり病気がある文鳥では、生え替わり終わるまでに時間がかかります。 健康な文鳥なら1ヶ月程度ですが、体力が落ちていると2~3ヶ月かかってしまいます。 換羽が起こるタイミングは、日照時間によって変化するホルモンによって決まると言われています。 また、人工的な照明が刺激になって生活リズムを崩し、換羽期がズレてしまう可能性もあるので、朝から日中は明るい場所で、夜は早めに暗く静かな環境を作って規則正しい生活をさせてあげましょう。 文鳥の換羽期の水浴びは注意を!回数と温度について 文鳥の水浴びの回数 健康な文鳥であれば、通常1日に1~3回程度の水浴びを好みます。 寒い時期は、いつもより回数が減ったり水浴び自体をしないこともありますので、必ず水浴びをしなければならないとか、決まった回数の水浴びをするひつようはありません。 いつもケージ内にバードバスを設置している場合は、文鳥の気分次第で勝手に水浴びをします。 注意したいのは、あまり長い時間の水浴びや、換羽期・発情期の水浴び。 体調を崩す恐れがあるので、適度な時間で体調にも注意してあげまくしょう。 水道の水をそのまま使って問題ありません。 冬、少し冷たいと感じる水でも文鳥は平気です。 逆に、冷たい水が可愛そうだからといってぬるま湯などにはしないでください。 文鳥の羽根は、水を弾いたり保湿・保温効果のために脂分があります。 お湯やぬるま湯は、この脂を落としてしまうため逆に体を冷やしてしまうのです。 文鳥が寒そうだと思ったら、部屋の温度を上げるなどして対処しましょう。 また、逆に夏場暑いからといって氷水にすることもやめてください。 文鳥の換羽期はいつから始まる? 文鳥の一般的な換羽期は、春の発情期後の約1ヶ月。 年1回です。 ただし、これはあくまでも平均的な例。 個体差があるので、春ではなく秋や冬に換羽期を迎える場合や、年1回だけでなく何度か換羽がある場合もあります。 抜け方も、ほとんどのケースでは徐々に抜けて生え替わりますが、一度にかなりの量が抜けてしまうこともあるのです。 びっくりして病気を疑ってしまうこともあるでしょう。 この場合も、食欲や排泄物の状態に問題がなく、換羽期に必要な注意を怠らなければ大丈夫です。 もちろん、換羽期に起こり得る以上の変化(異常な体重減少や食欲低下など)がある場合は、すみやかに小鳥の診察ができる獣医師の診察を受けましょう。 大切なのは、換羽期の羽根の生え替わり状態は文鳥によって個体差があるので、時期や回数が平均的でなくても心配し過ぎないことです。 文鳥の体調変化を見逃さないで! 文鳥は手のひらにスッポリ収まってしまうほど小さな鳥。 些細な大量不良が短時間で悪化することが少なくありません。 ですから、飼い主は毎日の世話や触れ合いのなかで体調や行動に変化がないかを見逃さないようにすることが大切です。 元気がないようすであれば、まずは保温してみましょう。 ただし、真夏の時期は別です。 換羽期は新しい羽根を作るために体力を消耗しやすいため、いつもより栄養価の高い餌を心がけましょう。 最近、環境に何か変化があった場合は、そのストレスによって元気がなくなることも考えられます。 飼っている文鳥がメスであれば卵詰まりの恐れもありますので、うずくまって苦しそうな様子が見られたら、すぐに動物病院に行きましょう。

次の

文鳥の換羽期は…

文鳥 換羽 期

タグ いつから インコ うずら オカメインコ オス おすすめ おもちゃ キュー グーグー ケージ コザクラインコ コツ ジージー ジジジジ しつけ方 しゃべる セキセイインコ パクパク ヒーター ピッ ヒナ ペット ペレット ポイント メス やけど やり方 ルチノー レインボー 一人暮らし 乾かす 予防法 仕草 代用 体 体重 保存 保温 保護 値段 出血 切り替え 卵 卵詰まり 原因 受診の目安 口 吐く 噛む 変 夏 大きさ 嫌がる 孵化 寒さ 対処 対処法 対策 寿命 平均 平均寿命 必要 必要な量 性別 性格 意味 懐く 手作り 挿し餌 換羽 文鳥 方法 旅行 時間 暴れる 気持ち 水 水浴び 注意点 温めない 爪切り 特徴 理由 産卵 留守番 病気 発情 目安 相場 種類 簡単 置き場所 羽 習性 肥満 育て方 見分け方 費用 遊ばない 選び方 野良猫 量 長い 長生き 雛 震える 頻度 飼い方 飼育 餌 餌の量 鳥 鳴き声 目次• 文鳥の換羽期と回数について 文鳥の羽が抜け落ちていることがありますよね。 たまにチラチラと抜けることはありますが、羽がたくさん抜けているときは換羽期に入った証拠です。 文鳥にはすべての羽が生え変わる換羽期があります。 この換羽期は年に1回あり、文鳥が生きている間ずっと続くものです。 文鳥の換羽期は3月あたりから6月にかけての時期にあります。 自然界の文鳥なら、秋から冬にかけて迎える産卵期が終わって落ち着いた頃に換羽が始まります。 産卵の後に換羽というサイクルが毎年1回ありますが、ペットとして飼育されている文鳥には必ずしもこのサイクルがあてはまるわけでばありません。 ペットとして飼育されている文鳥は年中同じ温度の中で生活をしているため季節を感じることはありません。 エサの心配も天敵から狙われる心配もありません。 年中、快適な状態で過ごしているため、本来なら自然の状況に合わせて行われる換羽も、家の中ではその時期がずれてしまうことが多くなります。 換羽の時期が野生の文鳥と大きくずれていても、過度に心配する必要はありません。 飼育環境を自然界に合わせることで換羽の時期や回数を本来のものにするのは良いことですが、難しいことでもあります。 冬は少し寒くして季節感を出そうとしても、逆に文鳥の体調を崩してしまう結果になることもあります。 換羽は文鳥にとってかなりの負担がかかるものなので、換羽期に入ったら文鳥の健康状態に気をつけてあげてください。 文鳥が換羽期にハゲてしまう原因 文鳥の換羽がうまくいかずにハゲを作ってしまうことがあります。 換羽のときは大量の羽が抜けます。 少しずつ抜けて新しい羽が生えてくると良いのですが、 一度にたくさんの羽が抜けてしまうと、新しい羽が生えてくるまで地肌が見えてハゲになってしまいます。 換羽ではかかりの体力を使い、羽が少ないことで文鳥の体が冷えてしまいますので、換羽はスムーズに行われるように環境を整えてあげることが必要です。 ハゲてしまう原因はいくつか考えられます。 体力が消耗していることにも原因がありますが、栄養不足も大いにあります。 文鳥は換羽期になるといつもよりエサを多めに食べます。 これは換羽によって体力が奪われるため、栄養をたくさん必要とするためです。 たくさん食べてはいても、 換羽に必要な栄養素が不足することでハゲることもあります。 新しい羽に必要なタンパク質、カルシウム、そしてビタミンをいつもより多めに与えるようにしてください。 換羽の時期は運動や遊びも控えて、静かで落ち着ける環境に整えてください。 文鳥自身も換羽の時期はケージの中でじっとおとなしく過ごしていることが多くなります。 元気な文鳥ならいつもと変わらずケージから出たがるかもしれませんが、 換羽の時期は遊びの時間をいつもより短めにしてください。 日中でも落ち着いて眠ることができるように静かなところにケージの場所を移してあげることも必要です。 換羽期にハゲてしまう文鳥に見られる行動 文鳥がハゲてしまう原因には栄養不足や過度なストレスなどがあります。 換羽のときの行動を知っておくことで、換羽をスムーズにしてハゲにならないようにすることができます。 換羽は文鳥にとってかなりのストレスにもなります。 よく食べて、よく眠るようになります。 換羽のために体力が奪われているため、疲れて眠ることが多いです。 体力温存のために、眠りの邪魔をしないでそっとしてあげてください。 文鳥が換羽でハゲてしまった時に飼い主ができること 文鳥の換羽がうまくいかなくてハゲてしまった時に飼い主ができることは限らています。 換羽のお手伝いをするように、文鳥にとって最適な環境に整えてあげてください。 換羽の時期は体力の消耗が激しいため、体調を崩しやすくなります。 元気ではあっても保温をして、文鳥の周りをいつもより暖かくしてあげてください。 ケージの中だけ保温してしまうと、ケージから出た時に体が冷えてしまい、温度差で体調を崩しかねません。 文鳥の行動範囲をしっかりと暖かくすることも必要です。 いつもより早めに寝かせて、睡眠をしっかりとれるようにしましょう。 換羽の時期は日中も眠っていることが多いです。 人の出入りが多い場所やテレビの音がうるさい場所にケージを置かないようにし、窓からも離れた場所を選んでください。 適度な日光浴は良いですが、窓の側だと日差しが強くあたって暑くなりすぎたり、または冷気が入り込みやすい場所です。 窓から外の様子が見えてしまうと落ち着いて過ごすことができません。 換羽に必要な栄養が不足しないように気をつけてください。 シードや青菜、ボレー粉の他に、換羽の時期は栄養剤も与えると安心です。 鳥用のサプリメントも市販されていますので、換羽期用の栄養剤やビタミン剤を与えてください。

次の