米国公認会計士 受験資格 日本。 米国公認会計士(USCPA)

USCPA(米国公認会計士試験)の難易度はどれくらい?

米国公認会計士 受験資格 日本

出題形式について 出題形式は、四択問題とシミュレーション問題の2種類です。 各科目とも5つのテストレット(問題群)に分けられており、テストレット1から順に解答していきます。 次のテストレットに進んでしまうとそれ以前のテストレットに戻ることはできません(各テストレット内で前の問題に戻ることはできます)。 なお、各テストレットにはすべての分野からの問題が含まれています。 四択問題の2つのテストレットが終了すると、FAR・REG・AUDは3つのTask-basedSimulationのテストレットへ、BECは2つのTask-basedSimulationとWrittenCommunicationのテストレットに進みます。 また1つのテストレットが終了した後、次のテストレットに進む前に休憩を取ることも可能です(ただし一部のテストレットでは、試験時間は経過します)。 Multiple Choice (四択問題)• 受験日を選ぶことができ、しかも1科目あたり年間最大4回受験することができます。 1年を3ヵ月ごとの4つの期に分け、3の倍数月を除く8ヵ月間(1・2・4・5・7・8・10・11月)にわたって試験が実施されています(米国、日本受験いずれも可)。 1科目につき各期1回、年間最大で4回受験することができます。 1回の受験で受験する科目数は任意に決めることができます。 社会人の方は2科目ずつを2つの期にわけて受験される方が多いようです。 もちろん1科目ずつの受験や4科目一度に受験することも可能で、受験する科目の順序も任意で決めることができます。 合格発表はおおむね受験日の1ヵ月後頃を目処に行われています。 この度は、TAC USCPA 講座 WEB サイトにアクセスいただき、誠にありがとうございます。 当WEBサイトは、過去から今まで、ご質問いただきました事柄を網羅するよう制作いたしました。 また常に最新の情報を掲載し、更新していく所存でございます。 しかしながら、米国で公開された情報などが、幾通りかの意味にとれることや不明瞭であることも多いため、現地への確認作業の後に更新していく手順を取らせていただきます。 私どもといたしましては、極力スピードを優先いたしたく考えておりますが、こうした要因のためにタイムラグが必要なことも出てくるものと考えます。 また情報の正確性については、細心の注意を払った上で制作いたしましたが、もし不正確や曖昧な表記などがございましたら、お手数ですがお知らせいただけましたら幸いです。 皆様のご意見を反映し、より良いWEBサイトといたしたく考えております。 なにとぞご理解とご協力のほどをお願いいたします。 なお、当WEBサイトに掲載いたしました情報につきましては、原典のある場合に は必ずご自身で再度の確認をいただきますようお願いいたします。

次の

公認会計士 vs 米国公認会計士 どちらを取得するか迷っている方はこちらを参考にしてください!

米国公認会計士 受験資格 日本

キャリアアップにつながる資格の一つに、米国公認会計士があります。 この記事では、米国公認会計士の資格取得を目指す方向けの内容を紹介します。 米国公認会計士を取得するメリット・転職しやすい業種・勉強方法・米国公認会計士の資格取得方法などについて解説しています。 今後のキャリアアップのために役立ててください。 年収 資格保有者は監査法人・金融系企業・外資系企業などに勤務することが多く、給与水準が高い傾向にあります。 監査法人などに職を得ると、30代で年収が1,000万円を超える可能性もあります。 魅力 アメリカ国内でも著名な監査法人・会計事務所などでは、米国公認会計士の資格が必ず必要です。 また日本でも、海外とのパートナーシップがある企業・監査法人などの会計専門職・コンサルティング会社などで資格を活かせます。 将来性 日本企業のグローバル化が進みつつある中で、海外子会社や投資先の経営分析を行う際、英文財務諸表を読みとれる米国公認会計士のニーズが急増しています。 大手会計事務所でも、日本の公認会計士と同様の扱いを受けられるなど、日本国内でのキャリアアップや転職にも有利な資格と言えます。 日本の公認会計士との違い 日本の公認会計士試験は、会計のエリートを選抜するためのものです。 難易度を上げることで公認会計士の人数を一定に保ち、過当な競争を予防しています。 合格までの学習に、約3,000時間を要するとされている難関試験の一つです。 米国公認会計士試験では、年間1万人の合格者がいます。 難易度は日本より低く、受験生の過半数を社会人が占めているのが特徴です。 試験の合否は会計士としての基礎力の有無を測るもので、資格取得後に実務経験を積む必要があります。 資格保有者の多さから、合格後の競争が日本より激しくなっています。 グローバルに事業を展開している企業の採用担当者にも認識されており、採用選考時に資格保有者であることが高評価につながる可能性があります。 オーストラリア・カナダ・香港などでは、相互承認制度を設けられているため、新たに会計士の資格を取得する必要がありません。 また、英語で自分の考えを的確に表現する能力も求められるため、資格保有者であることがそのまま、優れた英会話力があることの証明になります。 グローバル化が進む日本においては、世界に通用する英語力が求められています。 米国公認会計士の資格は、ビジネス英語を操れる能力を証明する手段として、大きな武器になるでしょう。 転職やキャリアアップを志す場合は、資格保有者はとても有利だと言えます。 外資系の企業にも転職しやすく、転職範囲が広がるのは間違いありません。 外資系企業の経理職 米国公認会計士が最も求められる業種は、外資系企業の経理職です。 日本の一般企業より給与面では恵まれていますが、日本子会社での勤務となるため、親会社への報告業務が主になり、業務内容はある程度限られたものとなります。 監査法人・会計事務所 会計士としてのスキルを高めたいと思う人におすすめなのが、大手監査法人・会計事務所での勤務です。 給与面では、日本の公認会計士と比較しても遜色ありませんが、専門性の高い求人が多く、中途採用の門戸は広いとは言えません。 激務ではありますが、ビジネス感覚が自然と身につき、ハイレベルな会計処理ができるようになるので、のちのキャリアアップにつながります。 コンサルティングファーム 会計コンサルファーム・ITコンサルファームなどに勤めるのも、選択肢の一つです。 海外の子会社に総合的なアドバイスを行う国際ビジネスコンサルティング、海外の現地税制へのアドバイスを行う国際税務コンサルティング、欧米型会計システムの導入に際してのアドバイスを行う会計システムコンサルティングなど、幅広い活躍分野があります。 業務内容はハードですが、給与面では恵まれています。 海外で働きたい人 外資系企業への転職を希望している人には、米国公認会計士の資格取得をおすすめします。 英会話力・会計基準についての知識がある人物として認められるため、海外子会社をもつ日本企業での需要も高まっています。 海外赴任を任ぜられる可能性も高いと言えるでしょう。 英語が好きな人 米国公認会計士の資格を取得するためには、英語能力が必須です。 英語力としては、TOEICであれば800点以上、英検準1級以上が目安です。 試験がすべて英語で出題されるだけでなく、合格後も英語で実地教育を積まねばならないため、英語を勉強することが苦でない人、英語が好きだという人におすすめです。 問題解決能力のある人 難関試験の一つである公認会計士試験に合格するためには、こつこつ勉強していく持続力と、論理的な思考力が求められます。 試験で数学的な要素が問われることはほとんどありませんが、税務・会計における高い水準の知識が必要となるため、理系の人にもおすすめの資格です。 コンサルタントの基本である問題解決能力も必須であるため、試験の評価内容に「批判的思考力」「問題解決能力」「分析能力」が含まれています。 ここでは、米国公認会計士になるための方法を解説します。 試験内容 年齢 資格取得には、年齢制限は設けられていません。 受験資格 大卒以上の学歴が基本的な受験資格ですが、アメリカの大学の単位を取得することで受験資格を得られるケースもあります。 必要とされる科目や単位数は州によって異なりますので、確認しておきましょう。 試験内容 全米統一の試験内容で、PCで回答を入力する試験形式になっています。 試験科目は、「諸法規」「監査および諸手続き」「財務会計」「企業経営環境・経営概念」の4つで、1科目ごとの受験も可能です。 最初に科目合格した日から18ヵ月以内に全科目合格すれば、資格を得られます。 検定料 検定料は出願する州によって異なり、100~200ドル程度です。 学習方法 必要な学習時間 難関試験の一つでもあり、合格するまでに必要な勉強時間は、およそ1,000時間ほどです。 1週間に20時間ほどを勉強できれば、約1年で合格する可能性があります。 しかし、勤めながら試験勉強をする方にとってはかなりハードルの高い目標だといってよいでしょう。 会社の繁忙期なども加味しながら、自分なりの目標を掲げて勉強を続けることが大切です。 学習のコツ 試験のための学習のコツは、自分にとって無理のない方法で、勉強を継続することです。 e-ラーニングコースを受講するなら、自宅以外の場所でも気軽に講義を受けられるように、スマートフォンなどを活用し、すきま時間を活用しましょう。 1科目につき、最低250時間勉強できるように、自分の時間を徹底的に管理しましょう。 時間管理アプリなどを利用すれば、到達具合を数字で把握できます。 過去問を解くこともおすすめします。 実務経験 試験合格後、ライセンスを取得する際は、実務経験が必要です。 州によって必要となる実務経験が異なり、監査経験を必要としない州もあります。 自分の職種やライセンスの取得しやすさを考慮し、出願する州を決めるとよいでしょう。 グアム、ワシントン州などは、監査経験を必要としておらず、幅広い領域の業務を実務経験に含めています。 監査業務に就く予定がない場合、実務経験を幅広く経験できる州としておすすめです。 外資系・グローバル企業への転職する際にも有利です。 ここでは、米国公認会計士になるメリットや資格試験の内容、学習方法などを説明しました。 米国公認会計士の資格を取り、外資系・グローバル企業に転職を希望しているなら、をおすすめします。 エンワールドでは、経理・財務に特化した専門チームがあり、候補者の中長期で見たキャリア構築をサポートいたします。 まずは、。

次の

海外で活躍する米国公認会計士に聞いてみた。難易度、年収、独学のコツ

米国公認会計士 受験資格 日本

米国公認会計士とは 米国公認会計士とは、米国各州が認定する公認会計士の資格のことをいい、USCPAとも呼びます。 公認会計士登録は、各州ごとに行われますが、州外での業務も大学の単位を150単位以上取得しているなど一定の要件を満たせば自由に行うことができるとされています。 また試験は全米統一試験となり、AICPA(米国公認会計士協会)が試験を実施します。 このため州によって試験の難易度に差はありません。 受験地 試験はどの州に出願しても、米国内の好きな場所で受験することが可能です。 また2011年の8月から日本受験に参加している州の試験は、日本でも受験が可能となっています。 国内では東京と大阪にテストセンターが開設されていますので、このテストセンターで受験します。 ただし同じ四半期内に不合格となった科目の再受験はできません。 従って、同一科目の受験チャンスは年4回となります。 試験科目 2017年4月以降の新試験では、以下の試験科目で実施されています。 諸法規(Regulation)• Simulationは、ケーススタディ的な要素が強い総合問題で、基本知識だけでなく、応用力、分析力、リサーチ能力などが問われるのが特徴です。 なお2004年4月以降コンピュータを使って試験が実施されており、受験者はモニターに出題される問題に対して、入力することによって解答することになります。 試験は英語で実施される 試験は英語でのみ実施されます。 そのため日本人が試験に合格するには高い英語力が必要となり、具体的にはTOEIC800点程度の英語力が必要と言われています。 従って米国公認会計士試験に合格できれば、高い英語力を有していることを簡単に証明することが可能です。 働くところで制度上認められた資格を目指すべき 日本において、監査業務は公認会計士に独占的に認められた業務です。 従って米国公認会計士の資格を有していても、日本において監査業務の実施が認められているわけではありません。 そのため日本で実施される監査報告書にサインするためには、日本の公認会計士の資格が必要です。 また米国公認会計士の資格で税理士業務が行えるわけでもありません。 反対に米国で監査業務を行うためには、米国公認会計士に資格が必要です。 従って、資格は働こうと考えている国の資格を取得するのが原則です。 もちろん米国公認会計士(USCPA)の資格を取得し、日本国内で監査法人等で働くことも可能です。 でも同じ苦労をするなら、日本の制度上で認められた資格を取得しておいた方が、後々有利です。 従って日本で働く予定なら、まずは日本の公認会計士の資格を取得することをおすすめします。 米国公認会計士になるためには、1,000時間の学習時間が必要と言われています。 また日本の公認会計士は倍の2,000時間の学習時間が必要と言われています。 最短ルートで日本の公認会計士になりたい人は、こちらの記事もどうぞ。

次の