ポケットワイファイ 口コミ。 UQ WiMAXの口コミ・評判 | みん評

【まとめ】Pocket WiFi 502HWの評判・口コミ・レビュー

ポケットワイファイ 口コミ

WiMAX• mobile ワイモバイル• SoftbankのPocket WiFi• docomoのポケットWiFi• auのポケットWiFi WiMAX• どんなときもWiFi• Mugen WiFi NEW! よくばりWiFi NEW! 縛り無しWiFi NEW! STARWiFi NEW! 上記が人気のポケットWiFiになりますが、 結論からお伝えしてしまえば、おすすめポケットWiFiは「Mugen WiFi」「WiMAX」の2択! その他のポケットWiFiとは比べ物にならないほど高性能の2つです。 特におすすめなのは、Mugen WiFi。 このページでは、 【7月最新】注意事項 当ページでおすすめしているMugen WiFiは、2020年4月10日から 新規お申し込みを停止しています。 2020年7月現在、Mugen WiFiだけでなく、同じく無制限使えるどんなときもWiFiの通信障害の発生や、限界突破WiFiの新規お申し込み停止など、 完全無制限のポケットWiFiは今後も安定的にサービス提供できるのか少し不安が残ります。 そのような状況もあるため、7月時点で当サイトでは、これまで長期間安定的にサービス提供ができている 実質無制限のWiMAXをおすすめします。 今すぐおすすめのポケットWiFiを契約したいという方は、下記のぺージをご覧ください!おすすめのWiMAXでも最安値で契約できるプロバイダをご紹介しています。 4番まではかなり情報量を抑えておりますので、もしそこまでの情報では「まだ不安が残る」「もっと詳しく知りたい」という方のみ、 「5. 比較ポイント5つの詳細情報 1つずつ丁寧に解説します 」の内容まで進んでいただければと思います。 なお、上記の項目をクリックすることで詳細情報へ飛ぶことができますが、当サイトだけの期間限定キャンペーンの紹介もございますので、ぜひ4つ目までは順を追ってご覧頂ければと思います。 徹底調査!おすすめのポケットWiFi ポケットワイファイ を見つける比較方法 最も相性の良いポケットWiFiを見つけたい。 そう思っていても、サービスを網羅的に比較している比較サイトはなかなかありません。 そんなときは当サイトにお任せください。 日々各社の最新情報を追い続け、あらゆる面からわかりやすく比較した上で、あなたに本当におすすめできるポケットWiFiをご紹介していきます。 早速、まずはポケットWiFiを比較していく際の重要ポイントから、簡単に見ていきましょう。 当ページでは、ポケットWiFiのおすすめを探す際に重要になる比較ポイントを以下の5つに分類し、比較、解説していきます。 おすすめポケットWiFiを 探す際の重要比較ポイント• エリア• 端末性能 ポケットWiFiのおすすめを見ていると、キャッシュバックのキャンペーンや初月の月額料金の安さに目が行きがち。 しかし、実際はもっと多くの比較要素があり、あなたのお住まいや状況によっておすすめ出来るものは変わってきます。 では、ここからは早速、上記の比較項目を表にまとめて見ていきましょう! まずは、重要ポイントをまとめて一括比較! 料金・速度・エリア・データ容量 速度制限 ・端末性能、これらを、シンプルに1つの比較表にまとめると以下のようになります。 おすすめのポケットWiFi順に、 ランキング形式で並べてあります! 赤字の部分が、各ポケットWiFiの強みとなっております。 新興のポケットWiFiということもあり、公式サイトの情報量の少なさや、電話サポートのない状態など、サービスとして、信頼性の弱さ・不透明性の強さが目立ちます。 比較表を見れば、 Mugen WiFiとWiMAXがその他のポケットWiFiと比較してかなり優秀なことが分かっていただけるかと思います。 ポケットWiFiの契約をお考えの方は、ぜひ参考にしていただければと思います! 【3月30日追記】注意事項 ご紹介したランキングのうち、1位のMugen WiFiと3位のどんなときもWiFiは、すぐにポケットWiFiを利用するのが難しい状況となっています。 1位のMugen WiFiは、現在端末の在庫不足により翌月発送でのお申し込みのみ受付中です。 また、どんなときもWiFiに関しては、大規模な通信障害が発生し、今すぐはつながらない状況となっています。 どちらも明確な改善時期は公表されていないため、「 すぐにポケットWiFiが使えないと困る」という方は、ランキング2位のWiMAXがおすすめです! ただし、WiMAXはプロバイダの比較が不可欠。 そのため、WiMAXの契約を検討される方は、プロバイダ全23社を比較している下記ページをご覧ください! Mugen WiFi・WiMAXが おすすめ2強 上記の比較表における順位、なぜこのようになるのかを簡単にご説明させていただきます。 5つのポケットWiFi比較ポイントの重要度は左から、 料金>エリア>容量>速度>端末となります。 特に重要なのが、料金・エリア・容量です。 端末と速度はそこまで大きな比較ポイントにはなりません。 端末:今回ご紹介している10種のポケットWiFiは、どれも高性能な端末で、どれを選ぼうとも後悔することはまずありません。 速度:速度で最も重要なのは、実際にポケットWiFiを利用する際の実測値であり、最大速度はあくまで理論値。 どのポケットWiFiも安定して20Mbps〜40Mbpsは出ます。 そして、普段のインターネット利用 LINE、メール、webサイト閲覧、動画閲覧 において 必要な速度は10Mbps程度と言われています。 上記のような理由から、ポケットWiFiの比較において、速度・端末はあまり気にしなくても大丈夫です。 となった場合に、残りの3つ 料金・エリア・容量 で各ポケットWiFiをおすすめ順に並び替えていくと上記のような順位となるのです。 料金・エリア・容量、すべてにおいて最も優れているMugen WiFiは、文句なしで不動の 1位です。 また、比較表には記載はないですが、Mugen WiFi・どんなときもWiFi・よくばりWiFiは最近登場した新しいポケットWiFiとなりますので、若干サービスへの信頼性においては 不安が残る方もいらっしゃるかもしれません。 その点、WiMAXは2020年7月時点で 3,000万回線契約を突破している超人気ポケットWiFiです。 【Mugen WiFiがおすすめな人】• WiMAXを過去に契約経験済みで、 電波の悪い地域だった人• 月に100GB以上のデータ容量 完全無制限 がいい人• 海外に行く機会の多い人 【WiMAXがおすすめな人】• キャッシュバック キャンペーンに惹かれる人• 信頼できる業界大手の安心プロバイダがいい人 このようになっています。 ここまでのポケットWiFi比較で既に「Mugen WiFi」「WiMAX」のどちらにするか決まっている方は、以下のページも併せて確認するのがおすすめです! Mugen WiFiのサービス概要を徹底解説しているページは以下になります。 WiMAXプロバイダの選択方法を解説しているページは以下になります。 WiMAXのプロバイダは20社以上存在し、各社料金やキャンペーンの内容が異なります。 さらに、キャンペーンの金額や内容も毎月変化します。 端末やプランは同じなので、 料金とキャンペーン内容をしっかりと比較することがとても大切です。 以下のページは、 毎月の最新情報を元に、最もお得でおすすめなWiMAXがひと目で分かるページとなっております。 ぜひ併せてご覧ください! まだどちらのポケットWiFiで申し込みをしようか決めきれない方は、ぜひこのまま読み進めてください。 ここまでのポケットWiFi比較でおすすめとわかったポケットWiFi、「Mugen WiFi」と「WiMAX」について、もう少しだけ詳しく紹介していきます。 【WiMAX・Mugen WiFi】おすすめポケットWiFiを更に詳しく解説 それでは、まずはMugen WiFiとWiMAX、2つのポケットWiFiの各スペックをおさらいしておきましょう。 まずはMugen WiFiのおすすめポイントについて、詳しく見ていきましょう。 詳しくご紹介するMugen WiFiの特徴は以下3つです。 「完全無制限」のデータ容量であること• 「3大キャリアのLTE回線」が利用可能であること• 同じ端末で海外利用も可能であること これら3つの特徴がポケットWiFi業界において圧倒的な価値を持つからです。 月々7GB〜30GB程度のものが大半で、Y! 3日間で10GBで通信制限がかかってしまった場合でも、インターネットが使えなくなるわけではないため、 「ほぼ無制限」「実質無制限」というような表現で各社が販売をしていたのが、これまでのポケットWiFi業界です。 しかし、MugenWiFiは違います。 ポケットWiFiとしては数少ない 完全無制限。 これを可能にしているのは、 「クラウドSIM」という新しい通信技術。 クラウドSIMは、ルーター 端末 自体にSIMカードを差し込まなくても、クラウドサーバー上にあるSIMカード情報から、その時々に最適なSIMカード情報を自動適用してくれるというもの。 ポケットWiFiに、クラウドサーバー上にある複数のSIMカード割り当てることが出来るので、他のポケットWiFiのように 1枚のSIMカードのパフォーマンスに依存しません。 スマホや他のポケットWiFiの通信制限・速度制限で インターネットが開けずイライラした経験、あなたも1度は経験があるはず。 MugenWiFiであれば、あのストレスをこれから先感じることは無くなります。 今現在スマホの大容量プランやWiMAXのギガ放題プランでも速度制限に 頻繁にかかってしまっている人には、ぜひおすすめしたいポケットWiFiです。 また、この革命的な新技術「クラウドSIM」は、次のMugenWiFiのおすすめポイントにも関わってきます。 SoftBank・au・docomo、それぞれのSIMカードが入っていて、 あなたが居る場所で最も最適なキャリアのSIMをポケットWiFi端末が自動で選んでくれます。 0ではないですが、データ容量の制限が厳しかったり価格が高めの設定だったり、速度が遅いなどで、どれもおすすめ出来ません。 MugenWiFiであれば、たった1つの端末だけ持ち歩いていれば、 飛行機に乗る直前も、 海外に到着した瞬間からでも、 インターネット利用が可能です。 もちろん、海外に行く前の面倒なWiFiレンタルの手続きや、国内・海外間の 移動時の無駄な費用もかかりません。 また、ここまでご紹介してきたMugenWiFiの料金は「U2s」という、どんなときもWiFiなどと同じ端末機種ですが、月額料金を600円プラスすれば、「G4」という端末機種を利用することが出来ます。 こちらの「G4」端末は、なんと無制限+海外利用に加えて、「翻訳機能」「充電器機能」付きです!! 海外旅行や出張が多い方には、この機能の素晴らしさが分かって頂けるかと思います。 以上のような理由とWiMAXよりも安い月額料金であることから、最もおすすめなポケットWiFiは「MugenWiFi」となっています。 各特徴の更に詳しい解説や、料金体系、口コミなどを知りたい方は、以下のMugenWiFi紹介ページをぜひあわせてご覧ください。 当サイトは、実際にMugenWiFiの端末「U2s」「G4」を保有しております。 実際の使い勝手を知りたい方や、端末の写真、使い方を見たい方もぜひ以下のページをチェックしてみてください!• 海外でポケットWiFiを使う予定はない方• MugenWiFiにサービスとして不安が残る方• 最大速度は 少しでも速いほうが良い方• その他、紹介したMugenWiFiのメリットを特に魅力として感じない方 上記に当てはまる方は、WiMAXを選びましょう。 速度・端末スペック・サービスの信頼性などでは「MugenWiFi」よりも「WiMAX」のほうがはるかに優れていますし、3,000万回線を超える実績もあります。 ここでは、2番目におすすめのポケットWiFi「WiMAX」の選び方についても、簡単にご説明をさせていだきます。 WiMAXプロバイダの おすすめ比較方法 ポケットWiFi「WiMAX」の特徴を簡単にまとめると、以下のような項目があります。 UQWiMAXを運営するUQコミュニケーションズが全てのプロバイダの大元• 電波の届くエリア・端末・プランは全て同じ• 比較ポイントは料金・キャンペーンのみ このようになっております。 そのため、WiMAXを契約する際には、 料金にのみ注目して各プロバイダを比較していけば問題ありません。 「料金」と一括りに言っても、比較すべきポイントは1つではありません。 端末購入価格、月額料金、初期費用、キャンペーンを全て加味した 「総額」• 総額を、支払いの発生する契約月数で割った 「実質月額料金」• キャッシュバックキャンペーンの キャッシュバック金額• 実際の 月額料金 これらを 総合的に比較して、安いWiMAXプロバイダを探すことが大切です。 当サイトは、毎月30社以上のWiMAXプロバイダや各ポケットWiFiの公式サイトを隈なくチェックし常に最新の情報を保ち続けております。 当ページでは、その中でも特に月額料金・総額が安いWiMAXプロバイダを 厳選して5社ピックアップしました!先程の項目を総合的に比較して、上からおすすめ順に並べてありますので、参考にしてみてください。 キャッシュバックの金額だけで言えば、GMOとくとくBBが間違いなく最もお得感が高いです。 また、総額であれば、JPWiMAXが業界で最も安いです。 しかし、当サイトが 最もおすすめするWiMAXプロバイダは、BroadWiMAXになります。 理由は以下 3点。 BroadWiMAXの当サイト限定キャンペーンは、 申し込み期限なし&端末到着後1〜3日でギフト券発送!• 契約月はJPWiMAXが37ヶ月。 その他のWiMAXプロバイダは38ヶ月。 その点、BroadWiMAXは基本月額料金も他社と比較して安いので安心です! 以上の理由から、当サイトではBroadWiMAXをおすすめしております。 ぜひ、ポケットWiFi「WiMAX」の契約時の参考にしていただければと思います。 ここまでで、 「BroadWiMAXで契約したい」 「WiMAX比較. 以上、ここまでが、冒頭でご説明させていただきました、• 比較ポイント5つの簡単な紹介• Mugen WiFiがおすすめな理由と、簡単な概要• WiMAXがおすすめな理由と、簡単な概要• 比較ポイント5つの詳細情報 1つずつ丁寧に解説します こちらの内容の4番目までの情報となります。 ここからは、各比較ポイントに関して、もっと詳しく知りたいという方のために、補足情報をお届けしていきます。 もっとしっかりと納得感をもってポケットWiFiを契約したいという方、ぜひ以下も併せてご覧いただければと思います。 ちなみに、ここからは、冒頭でご紹介したポケットWiFiのおすすめランキング上位5社を比較していきます。 では、早速ですが、各おすすめポケットWiFiの料金から、比較していきましょう。 おすすめポケットWiFiの料金をプラン別に徹底比較! 一括りに料金と言っても、比較すべきポイントは様々。 月々の月額料金は、期間によって金額が変わるポケットWiFiがほとんどなので、初月の金額だけでは、安いかどうかは分かりません。 また、ポケットWiFiによっては、端末の購入代金が必要になることもあります。 勿論費用ばかりではなく、近年は割引も多く存在し、 特にキャッシュバックキャンペーンが人気です。 しかし、受け取り方法が非常に難しく設定されており、実は契約者の半数以上が受け取れていない会社も存在しますので、この点も注意が必要です。 そこで、 ポケットWiFiの料金において、重要になってくる比較ポイントが「総額料金」と「実質月額料金」。 それぞれ解説すると… 上記の、契約期間に必要になる 全ての費用を合算し、割引額を差し引いたものが「 総額」。 キャンペーンも加味した金額です。 そして、その 「総額」を契約期間で割ったものが「 実質月額料金」となります。 おすすめのポケットWiFiを見つけるためには、これらの項目を総合的に比較していくことがとても重要です。 では早速ですが、ポケットWiFiの各種料金を比較した表をご覧ください。 ポケットWiFiによって契約年数が違うため、総額の大きさが異なります。 実質月額料金で比較するようにしましょう。 実質月額料金を見て頂ければ分かる通り、 WiMAXとMugenWiFiがお得です。 ちなみに、プランで言うと、「大容量プラン」がおすすめです。 普段スマホを利用しているあなたならおわかり頂けるかと思いますが、月間7GBは、意外とすぐに速度制限がきてしまいます。 プランを選びやすいように具体的な例を挙げますと、7GBという容量は、実はYoutubeを高画質 HD720p で見ると、なんと7時間半程度で超えてしまい、速度制限がかかります。 これでは、 特にネットの利用頻度や時間が多い人にとっては、インターネットを自由に使えているとは言えません…。 このような理由から、基本的には大容量のプランをおすすめしております。 ちなみに当サイトからWiMAXを契約される方の 約9割が、大容量プランで契約をしています。 総額料金・実質月額料金の チェックが必須• おすすめポケットWiFiは格安の「MugenWiFi」「WiMAX」 ポケットWiFiの 通信速度の違いは? 速度は、「下り速度」と「上り速度」が存在し、下り速度はダウンロードの速度、上り速度はアップロードの速度を指します。 ポケットWiFiは、端末が新しくなっていくたびに最高速度が上がっていくため、常に最新情報を追い続ける必要があります。 この後ご紹介するポケットWiFiの比較表の情報は、 2020年7月最新のものとなっておりますので、ご安心ください。 また、最高速度だけでなく 「実測値」で比較することも非常に重要です。 実測値は、 普段ポケットWiFiを利用する際に実際に出る平均的な速度のことです。 最高速度はあくまでも理論値であり、ポテンシャルの高さは測れますが、実際にその速度が出ることはまずありません。 そのため、平均速度 実測値 と最高速度の両軸で比較していきましょう。 ポケットWiFi 速度比較 ポケットWiFi 上り最高速度 下り最高速度 実測値 MugenWiFi 50Mbps 150Mbps 28. 35Mbps WiMAX 75Mbps 1,237Mbps 35. 2Mbps どんなときもWiFi 50Mbps 150Mbps 14. 46Mbps よくばりWiFi 50Mbps 150Mbps データ無し Y! mobile 37. 5Mbps 972Mbps 38. WiMAX比較. comがおすすめしているポケットWiFiの1つ「MugenWiFi」ですが、全体的に通信速度が遅めなことが気になる人もいるかと思います。 しかし、 そこまで大きな心配は必要ありません。 以下の各通信に必要な通信速度の目安を見て頂ければ分かりますが、実は 私達が普段ネットを利用する上で必要になる速度は10〜20Mbps程度なのです。 用途 快適な回線速度 LINE・メール 128kbps〜1Mbps Webサイト閲覧 1Mbps〜10Mbps YouTube動画 1Mbps〜20Mbps オンラインゲーム 30Mbps〜 YouTube動画視聴の推奨速度 詳細 画質 推奨速度 SD 360p :低画質 0. 7Mbps SD 480p :中画質 1. 1Mbps HD 720p :高画質 2. 5Mbps HD 1080p :超高画質 5Mbps 4K 20Mbps つまり、多少の差はあれど、どのポケットWiFiを利用しても、速度に関して悩むことはありません。 参考程度に確認しておき、 他の要素も比較した上で選んでいきましょう。 では、次はエリアを見ていきましょう。 ポケットWiFiの速度は、最高速度・実測値・通信制限時の速度の3つを確認• インターネットが快適に利用できる速度は10〜20Mbpsなので、 どのポケットWiFiも優秀 通信回線が利用可能な エリア・電波について エリアは、ポケットWiFiが使える、電波の入る場所のこと。 どのポケットWiFiも、電波の届くエリアは日々拡大中で、基本的にはあまり差はありません。 エリア・電波に関しても速度と同じく、 比較してポケットWiFiを選ぶというよりは、その他の比較基準でポケットWiFiを選んだ上で、最後に自分のお住まいの地域で利用可能かどうかを確認する程度で大丈夫でしょう。 参考程度に、関東圏で電波の入るエリアマップを以下に記載します。 mobile ワイモバイル とよくばりWiFiは、Softbank回線のみです。 月間30GB〜無制限で使い放題の「大容量プラン」• 月間1GB〜7GBの「通常プラン」 ここでは、各ポケットWiFiの大容量プランについて詳しく見ていきます。 また、データ量と併せて、通信制限のルールに関しても見ていきましょう。 通信制限とは、プランごとに決められた 月々のデータ利用量を超えてしまった場合に 通信速度が制限されてしまう状態のことを指します。 違法ダウンロード、不正利用、大容量通信によるネットワークの占有を行った場合のみ 各ポケットWiFiの月間データ量及び通信制限に関する決まりは上記のようになっています。 見ていただくと分かる通り、 MugenWiFi・どんなときもWiFi・よくばりWiFiが完全無制限で、最も優秀です。 比較のために記載しただけなので、 あまり気にする必要はありません。 WiMAXとY! mobileも、3日で10GB使用すると速度が 翌日の数時間、1Mbps前後に制限されてしまうだけで、インターネットが使えなくなるわけではありません。 そのため、使い方次第では100GB以上利用可能です。 ほぼ無制限と言っていいでしょう。 データ容量の項目に関しては、 MugenWiFi・どんなときもWiFi・よくばりWiFi、次いでWiMAX・Y! mobileという結果になりました。 完全無制限のMugenWiFi・どんなときもWiFi・よくばりWiFiがおすすめ• 通信制限時の速度と期間に注意! 端末比較! 契約機種は最新がおすすめ! お待たせしました、次で最後の比較になります! 最後は、各ポケットWiFiの端末に関する比較です。 それぞれのポケットWiFiには、いくつかの端末がありますが、比較する際には最新機種を見ていくようにしましょう。 どのポケットWiFiも、 最新機種が最も通信速度が速く、機能も最もハイスペックなので、最新機種がおすすめです。 ただし、WiMAXに限り最新機種である「WX06」の1つ前の端末「W06」が最速かつ高機能となるため、今回はW06で比較していきます。 mobile 機種名 U2s G4 Speed Wi-Fi NEXT W06 D1 U2s Pocket WiFi 601HW 本体画像 発売日 2019年 6月21日 2019年 6月21日 2019年 1月25日 2019年 6月21日 2019年 6月21日 2019年 3月7日 下り速度 150Mbps 150Mbps 1237Mbps 150Mbps 150Mbps 972Mbps 上り速度 50Mbps 50Mbps 75Mbps 50Mbps 50Mbps 37. 各ポケットWiFiの最新機種は上記のようになっております。 最大速度に関してはポケットWiFi「WiMAX」が最速となっていますが、それ以外で 特に注目していただきたいのは、MugenWiFi・どんなときもWiFiは利用可能な回線が3種類もあるということ。 どこにいても、対応している複数回線のうちどれか1つでも電波が届けばネットに接続可能です。 これは大きなおすすめポイント。 また、MugenWiFi・どんなときもWiFiは、 国内用のポケットWiFiの中でも珍しく、海外での利用が可能であるという点です。 その数なんと 100ヶ国以上。 勿論別料金はかかってしまいますが、一度は海外にいったことのある方であれば、この特徴の素晴らしさが分かるはずです。 レンタルで利用する海外用ポケットWiFiの デメリットは、レンタル開始から終了までの間日本に居ても料金が発生してしまうことと、面倒な手続きにあります。

次の

【超最新版】2020年7月売れ筋ポケットWiFiを徹底比較!最もお得なプロバイダと契約方法とは

ポケットワイファイ 口コミ

注: この記事では 「ポケット WiFi」=「持ち運んでネットができる端末」を指します。 工事不要で届いた瞬間から、自宅でも 外出先でもあなたのスマートフォンやタブレット、PCでのネット接続が誰でも簡単に可能になります。 また、実は『ポケット WiFi』というのはワイモバイル株式会社の登録商標です。 ソフトバンクのポケットWiFiをおすすめできない3つの理由 ソフトバンクは、日本で最初にiPhoneを使えるようにした 日本を代表する大企業の一つ であることは間違いありません。 現在は、モバイルデータ通信端末として、「Pocket WiFi 802ZT」「Pocket WiFi 601HW」を取り扱っています。 しかし、ソフトバンクのポケットWi-Fiサービスは、WiMAXと比較するおすすめできません。 その理由は以下の3つです。 ポケットWiFiサービス自体が中途半端• 全ポケットWiFiサービス中、最低品質の通信を使わされる可能性が高い• サービス内容や利用規約をコロコロと変更するので企業として信用ができない どういうことか具体的にご紹介していきます。 理由1. ポケットWiFiサービス自体が中途半端 残念ながら、ソフトバンクはポケットWiFiのサービス自体が中途半端です。 詳しくは次章でもご紹介しますが、ソフトバンクのポケットWiFiは以下の2点が中途半端と感じます。 データ容量が無制限のプランがない• 最大速度がポケットWiFiサービスのなかで最下位 (1)データ容量が無制限のプランがない 各社のポケットWiFiデータ容量に関しては下記の2パターンがありますが、ソフトバンクには後者の無制限プランが存在しません。 月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプラン(携帯料金と同じ)• 月のデータ容量に制限がない(無制限)のプラン 無制限プランにもデメリットはありますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限にするのがおすすめです。 ちなみに、データ容量7GBの基準は下記の通りです。 携帯での7GBと違い、PCに接続したりする場合は特にあっという間に7GBを使ってしまいます。 繰り返しになりますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限プランにするのがおすすめです。 (2)最大速度がポケットWiFiサービスのなかで最下位 各社の一番性能の高い現行機種の最大速度を比較すると、ソフトバンクが断トツの最下位です。 この点からも、携帯市場ではNo. 1にこだわるソフトバンクが、ポケットWiFiサービスに力を入れていないのがお分かりいただけるかと思います。 理由2. 品質の低い 通信を使わされる可能性が高い ソフトバンク側の通信量を削減するために勝手にデータ内容を省略されます。 そのため、残念ながら下記の2つの悪影響が出てしまいます。 動画や写真を開く時に時間がかかる• 他社の通信に比べて画質が悪くなる 実際に、公式ホームページ上に注意書きとして書いてあるのでピックアップしました。 (ほとんど見ることのないページかと思いますが…) 出典: まずは通信速度の制御ですが、 上記対象の通信を利用する場合速度制限がかかっていない時でも通信速度を抑えられます。 動画・写真関係を使う時は通信速度が遅くなることが多いと考えて良いでしょう。 実際にどのくらいの画像圧縮・劣化・制限がかかるかについて画質や動画の読み込み速度を確認したい人はで紹介されている内容が参考になります。 また、 ソフトバンク回線で自動圧縮劣化のせいで、アプリのゲームデータに不具合が発生する事例もあります。 【お知らせ】審査が通るまでに2~3日ほどかかってしまいますが、新しいアプリをインストールすると、問題が起きていた端末でダウンロードができるようになります。 原因はSoftbank回線を使用すると、通信の最適化(圧縮)が強制的に行われ、不具合が起きていたと思われます。 — teamAeca teamAeca 次に「最適化」なる一見するともっともらしい良い印象を受けるような言葉を使っています。 しかし、その意味は ソフトバンク側の通信量を抑えるためにパケットを省略したり圧縮したりして常に劣化したコンテンツしか見られませんよということです。 上記対象となるコンテンツサービスをよく利用される方で、画質などを気にされる場合は特におすすめできないことが分かります。 理由3. サービス内容や利用規約をコロコロと変更する あまりにもサービス内容や利用規約をコロコロと変更するので、 会社として信用することができません。 変更になった内容などをリスト化すると膨大になるので、最近の大きなサービス内容変更だけご紹介します。 ソフトバンクは昨年末、宅内機器を設置するだけですぐにつながる使い放題の高速インターネットサービス「SoftBank Air」を開始しましたが、 わずか4ヶ月で規約改定し今後はヘビーユーザーに対して、通信を制限する場合があると発表しました。 を見ても、「解約」「繋がらない」「だまされた」「速度制限」「使い物にならない」などの文字が多く目立ちます。 キャンペーンや割引は多い ネット広告でも何かプレゼントをもらえたり抽選で賞品が当たるなどのキャンペーンをとても多くやっています。 また、期間限定割引も他社に比べると積極的に行っており、最新のキャンペーンでは基本料金が永年割引に変更されたや、があって、Pocket WiFi指定機種を購入時に10,000〜12,000円割引を受けられます。 ただ、前述した通り契約前には 注意書きや規約を必ずよく読んで、店員などに確認してから申込んでください。 結局どのポケットWiFiを買えば良いのか 結論としては、 『UQ WiMAX』という会社から出ている『W06』というポケットWiFiがおすすめです。 選定の理由としては、下記の通りシンプルです。 「無制限」でデータ容量が使える• 「速度制限」がかかりづらい• 「操作」が簡単• 「コストパフォーマンス」が一番高い 実際にUQ WiMAXの『W06』を後述の販売代理店経由で購入すると、下記のような最高の条件で利用が可能です。 UQ WiMAX 『W06』 Y! これらの5社を 「データ容量」「速度制限」「月額料金」「高速通信できるエリア」の4つのポイントで徹底比較したのが以下の表です。 ポイント1. データ容量をたくさん使えるか ソフトバンクで契約したけど、5GBのデータ容量だとyoutubeとか見てると全く足りなかった。 早ければ3日目で制限がきます。 第一のポイントとして、月間データ容量のプランが「無制限」で使えるかどうかはとても重要です。 どういうことかというと、各社のポケットWiFiデータ容量に関しては下記の2パターンあります。 月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプラン(携帯料金と同じ)• 月のデータ容量に制限がない(無制限)のプラン 無制限プランにもデメリットはありますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限にするのがおすすめです。 なので、ポケットWiFiを選ぶ際は、 「自分が無制限で使いたいかどうか」「どの会社が無制限プランを提供しているのか」の2点を確認しましょう。 無制限で使えるのは『au』『Y! mobile』『UQ WiMAX』の3社 ここで5社の月間通信量を比較すると、月間通信量が無制限で使えるのは、 「au」「Y! mobile」「UQ WiMAX」の3社です。 月間通信量 docomo 5GB or 20GB au 7GB or 無制限 SoftBank 7G Y! mobile 7GBまたは無制限 UQ WiMAX 7GBまたは無制限 docomoとSoftbankは、データ容量が決まったプランしかないので注意しましょう。 無制限プランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 繰り返しになりますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限プランにするのがおすすめです。 ポイント2. 速度制限がかからないか 3日で1GB使うと次の日速度が遅くなるということは合意の上購入しましたが、容量に達していなくても動画が見れないほど遅くなります。 たくさんデータを使うことができても、 使い過ぎることでまったく使い物にならないレベルで速度制限をすぐに受けてしまう会社もあります。 会社によって大きく変わってくるので、5社の月間通信量と速度制限の条件、制限時の通信速度を下記に比較しました。 (1)無制限プランではない場合の違い|5社すべて共通で速度制限が厳しい どの5社であっても無制限プランでない場合は、契約時に決めた月間データ容量(7GBなど)を超えてしまうと128kbpsというほぼ使い物にならないレベルの速度制限を受けてしまいます。 特に注意なのが『SoftBank』で、無制限プランでなくても「3日合計で1GB使うと、128kbpsの速度制限」があります。 なので、迷ったら基本的には無制限プランを選択しておけば、いかなる状況でも安心なのでおすすめです。 (詳しくは、後述します) (2)無制限プランありの3社の違い|『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』 2017年5月5日をもって、『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』の3社はほぼ横並びの無制限プランになりました。 旧:3日で3GBを使うと、128kbpsに通信速度を制限(ほぼ使えない) 新:3日で10GBを使うと、1Mbpsに通信速度を制限(youtubeが視聴可能な速度) 上記の「1Mbps」はYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、「Y! mobile」「au」「UQ WiMAX」は制限を受けても快適に使い続けることができます。 しかし、『Y! mobile』はおすすめしない 結論から言うと、当サイトでは「Y! mobile」は下記の理由からおすすめしません。 料金が割高(次章で説明)• 契約期間が3年と長い(通常2年)• 無制限プランのエリアが狭い• 動画や写真を快適に見れない• サービス内容の改悪が著しい 要するに、 「料金が割高」かつ「細かい部分で様々な罠が仕掛けられている」ということです。 ただし後述しますが、「UQ WiMAX」にはプロバイダをしっかり選べば3万円以上の割引を受けられるので、そちらを確実におすすめします。 ポイント3. 月額料金が安いか 私が住んでいるのは地方になるので、電波が届くか届かないかで選ぶしかなくてdocomoにしました。 エリアも速度もそんなに不満はないんですけど、料金だけが…docomoユーザーならセット割引があるとかもう少し安くならないですかね… 高い料金を払えばたくさん使えるのは当然の話なので、いかに安い料金でたくさんのデータ量が使えるのか知りたいところです。 通信会社別の「月額料金」と「月間通信量」、「割引」は下図の通りです。 「docomoユーザーだから割引」というキャンペーンもないので、価格面ではおすすめは難しいです。 (2)他4社は横並びだが、セット割・プロバイダ割で差がでる 月額料金と月間通信量に関して、一見するとdocomo以外の料金は横並びのように見えます。 ・一番お得なのは、WiMAX|プロバイダによる割引がお得すぎる 結論から言うと、WiMAXにはプロバイダ(販売代理店)による割引があるので、自分がどの携帯会社を使っていても最安です。 例えば『GMOとくとくBB』というWiMAXのプロバイダを利用すれば、下記の通り2年間で3万円以上もお得に契約できます。 au:「」• SoftBank:「」 しかし、月1000円程度の割引なので、WiMAXのプロバイダを活用した方が安くなります。 速度制限受けてないのに、遅い。 スピードメーターで速度計測したけど、1Mbpsも速度が出ないからストレス!都心なら、100Mbps以上出るはずなのに。 ポケットWiFiを利用するのに、速い速度で利用できるエリアが広いかどうか気になりますよね。 最後に、通信速度と通信エリアについて解説していきます。 通信速度について 下記のように提供会社によって差があります。 速い方がいいに越したことはありませんが、 実はこの速度はそこまで重要ではありません。 その理由は2つあります。 最大速度を気にしなくていい理由1. あくまでも理論上の値 公式サイトには、必ずどの会社にも小さく注が振られています。 下記はdocomoの例です。 あくまでも「最高の環境が揃えば、技術的にはこれくらい出るよ!」という数値なので、一つの参考程度にしましょう。 大事なのは実測値です。 現時点では、 WiMAXが実は一番早く、公式ホームページで紹介している実測マップでも場所によっては100Mbpsと光回線並の速度が出ているのでおすすめです。 最大速度を気にしなくていい理由2. 高速通信のエリアが限られている 実はこの最大速度が出るエリアは限られています。 首都圏の一部エリア以外は当面は対象外ですので、やはり参考程度にしたほうがよいでしょう。 通信エリアについて 以前はdocomoが一番つながることで有名でしたが、最近は各社共にエリア拡大にかなり力を入れてきていて、以前ほど繋がらないエリアの差はなくなってきています。 ご自分の自宅や職場、よく行く場所などで使えるエリアなのか、またどのくらい高速で通信できるのかを下記のリンクで判定をして比較してみてください。 結論:ポケットWiFiなら「WiMAX」がベスト UQ系WiMAXの通信量は 月間無制限で利用することができ、3日間で10GB以上使って速度制限を受けても実測で1MbpsというYoutubeの動画を標準画質で見るのにストレスを感じないほどの速度で使い続けることができます。 価格も他のサービスと比較しても最安値で、2020年7月現在、 ポケットWiFiの中でただ一つの選択肢と言って良いでしょう。 2020年7月16日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月16日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 最もお得にWiMAXを契約するための全手順 ポケットWiFiを契約するのであれば、ソフトバンクのポケットWiFiよりもWiMAXが月額料金が圧倒的に安くおすすめです。 WiMAXを申し込むために、下記3点を決めなければなりません。 契約プランを決める• 機種を決める• プロバイダを決める それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種はW06、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選びましょう。 順番に解説します。 3-1. 契約プランを決める プランは「通常プラン3670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4350円(税抜)」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 3-2. 機種を決める WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 3-3. プロバイダを決める 2020年7月の最新情報です。 WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記の唯一のポイントで選ぶことが重要です。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 結論として、選ぶべきプロバイダは、2020年7月現在、下記一択です。 『』 次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 2020年7月現在、安い順に上位9通りを記載しています。 その中でも 27,500円のキャッシュバックを受け取ることをおすすめします。 なぜなら、「W06」は、下り最大通信速度が867Mbps(有線接続の場合1,237Mbps)と現在手に入るどのポケットWiFiと比較しても最速であり、最も優れた端末だからです。 2020年7月16日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月16日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 それでは、GMOで買うべきか? 現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。 ただし一点だけ、 購入前に知っておくべき注意点があります。 それは 『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、 何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。 簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。 『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。 GMO以外のプロバイダはどうなの? 結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。 なぜなら、 速度などサービスは一切変わらず、料金はGMOが最も安いからです。 簡単な手続きを行うだけでキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックがなく月額が安い他のプロバイダと比べても、総費用が約1万円安くなります。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 プロバイダ選びについて|まとめ プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 2020年7月現在、『GMOとくとくBB』()が最もお得• 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されているのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 まとめ ソフトバンク自体は凄い会社だけど、ポケットWiFiはおすすめできない ソフトバンクはポケットWiFiサービスを提供している会社として通信制限があまりにも厳し過ぎ、品質の低い通信を使わされる可能性が高く、また頻繁にサービス内容や利用規約を変更するので企業として信用ができません。 キャンペーンや期間限定の割引をたくさん行っているため、月額料金は最安値近くで使えるのであまり通信を行わなず、とにかく料金を安く使いたい場合はおすすめです。 しかし、 ポケットWiFiならWiMAXを選択した方が、高額のキャッシュバックを受け取ることができるので特におすすめです。 この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2020年7月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。 料金プラン:ギガ放題• 機種:W06• サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい).

次の

UQ WiMAXの口コミ・評判 | みん評

ポケットワイファイ 口コミ

回線工事不要で、どこででもネット回線が使えるポケットWi-Fi。 プロバイダ契約は必要ですが、 ポケットWi-Fiがあれば、 好きな場所に持ち運んでインターネット通信ができることから、利用する人が増えていますよね。 外出先でスマホやノートパソコンを使うときに利用するものと思いがちですが、自宅にネット回線が引けない方にもぴったり。 人が多い街中などでデータが繋がりにくいときにも便利です。 セキュリティの面から、出先で無料Wi-Fiにつなぐのが不安という方にも役立ちます。 さらに、 ポケットWi-Fiを活用すれば、固定回線やスマホのデータプランを利用するよりお得になることも。 スマホのデータ容量も節約できるため、使いすぎによる速度制限でイライラすることもなくなりますよ。 ぜひ、ポケットWi-Fiを一台手に入れて、便利に活用してみませんか。 ポケットWi-Fiで利用できる通信サービスは、主に無制限プランと、月間で利用できるデータ通信量に上限がある規定プランに分けられます。 無制限プランの場合、一ヶ月の間で使用できるデータ通信量に上限がないため、 外出先でネットを使用することが多い・毎日動画やゲームを楽しむという方に最適 です。 一方、月間で利用できるデータ通信量に 上限があるプランは、自分の使い方に合わせて月間の使用量を選択できるため、コストを抑えられるのがメリット。 ポケットWi-Fiを利用する頻度が少ない方や、普段あまり利用しないけれど時々多く使ってしまうという方におすすめです。 データ通信量の目安としては、1GBで動画を約4. 5時間、音楽を約250曲ダウンロードできる程度になります。 規定のデータ通信量を超えると通信速度が遅くなるため、自分の使い方に合った容量を選びましょう。 ポケットWi-Fiのサービスでは、安定した通信を多くの方に提供するべく、一定のデータ使用量を超えると速度制限がかかります。 速度制限の条件は各プランごとに異なるため、しっかり確認しておきましょう。 無制限プランの場合、3日間で一定の使用量を超えると通信速度が遅くなります。 使用量の限度は通信会社によって異なりますが、現在出ているプランの中では、 3日間での使用限度が10GBのものがおすすめです。 制限がかかる期間も当日の夜間のみのものなら、大きな不便なく使えます。 データ通信量に上限があるプランの場合は、月間の使用量がプランごとの規定通信量を超えたときのみ速度制限がかかるのが一般的。 しかし、なかには 規定プランでも3日間での使用量が制限されているものがあるため注意が必要です。 月間の規定量を超えた場合、月末まで制限がかかりますが、心配な方は課金で一部解除できるものを選ぶのもアリですよ。 インターネットの接続だけでなく、テレビも見たい人におすすめのポケットWiFiです。 テレビ非対応のスマホやタブレットを接続すれば、番組視聴もできます。 電源を入れてから5秒でクイック起動し、使いたいときにすぐ使えるところも魅力。 ポケットWi-Fi用のプランは 上限7GBまでで、海外ローミングにも対応しているので、出張や旅行の際も安心です。 回線 LTE 通信会社 Y! 利用時にパッと見て分かりやすいシンプルな設計で、データ通信量・接続機器の数・電池残量が分かりやすく表示されています。 起動も速く、持ち運びやすいシンプルな商品を探している人におすすめです。 回線 LTE 通信会社 Y! 基本料金にプラスして海外での利用は、1日わずか90円で使用可能。 難しい設定も必要なく、ワンタッチで国内・海外利用の切り替えができます。 連続通信18時間ありますので、 海外でなかなか旅行中に充電ができない環境でも安心して使えますよ。 回線 LTE 通信会社 Y! 5G技術でもある「Massive MIMO」に対応しており、自分専用の電波で人の多い場所でも高速データ通信が可能。 接続方法もとても簡単で、QRコードを読み取るだけで接続できます。 最大16台まで同時接続できるので、利用機器が多い人はもちろん、自宅でネット利用機器が多い人にも最適でしょう。 回線 LTE 通信会社 Y! 省電力モードオン時は8. 5時間とロングバッテリーを体感できますので、 外出先や自宅でポケットWiFiを使い倒したい人に最適です。 「アドバンスオプション」の申し込みにより、月間データ通信量が7GBを超えても高速通信が可能。 直近3日間の10GB制限はありますが、毎月全体的に通信量が多いという方にもおすすめですよ。 回線 LTE 通信会社 Y! デザイン面に拘った背面部分は、プリズムパターン加工が施されており、見る角度によって見え方が変わるのもポイントです。 コンパクトサイズですが接続通信10時間とたっぷり。 接続していない状態では最大900時間程の待ち受け時間を持っています。 nanoSIMカードを挿すだけで自動認識してくれるので設定も簡単ですよ。 利用していたルーター設定をそのまま引き継げるので、機種変更時の手間を解消できます。 バッテリー容量も大きく、連続通信時間は9時間とロングライフ。 クイックアクセスモードをオフにしておけば、連続待ち受け時間850時間にもなるので、充電の回数も少なくて済みますね。 はじめてポケットWiFiを利用する人におすすめの簡単な機能が搭載されているので、安心して利用できます。 おまかせ一括設定では、通信速度を優先したい・外でも家でもバランス良く使いたい・バッテリー持ちを優先したいなど、 よくある3つのシーンに合わせて適切な設定に自動で変更してくれますよ。 大容量の動画コンテンツもストレスなくサクサクと視聴していきたい人に最適です。 WiFiだけでなく、 USB接続をすれば受信速度最大1. 2Gbpsの高速通信が可能。 外出先で利用する場合だけでなく、自宅でも有線接続で高速インターネットを楽しむことができます。 無制限プランにも対応しているので、いつでもどこでもネット通信を楽しみたい人におすすめです。 mobile Y! mobile Y! mobile Y! mobile Y! mobile 取扱いプラン 無制限/規定プラン(7GB) ー 無制限/規定プラン(7GB) 無制限/規定プラン(7GB) 規定プランのみ(ベーシック・3.

次の