スープカレー レシピ。 スープカレーの人気レシピを紹介!カレー粉や圧力鍋で作る方法も解説

男子ごはんのスープカレーのレシピ。栗原心平さんのプロの味。

スープカレー レシピ

2016年10月より連載をスタートさせたカリ〜番長リーダー・盛の「でらいつカレー」。 紹介してきたレシピもとうとう10種類以上になりました! 「最近この連載を知った」とゆー方もおられるでしょうから、ここらで一度、過去に紹介したレシピを振り返ってみましょう! 【桃カレー】「桃」だってカレーになるのさ! 記念すべき一回目のレシピは、桃の缶詰を使った 「桃カレー」でした。 「桃」と 「鶏もも肉」を使うなんて、まるでお寒いダジャレのようですが、なんのなんの、これが絶品なんです! 食材は至ってシンプル。 たったこれだけ。 おいしく作るポイントのひとつが「肉をきっちり焼くこと」。 これはいろんなカレーで使えるテクニックです。 他にも、カレーをおいしく作るテクニックを散りばめています。 詳しくは、本編をご覧ください。 【スパイスキーマカレー】使うスパイスは4種類だけ! 次にご紹介するのは、 4種のスパイスだけで作るキーマカレー。 キーマカレーには水分多めのとろっとしたカレーと水分がほとんどないドライなタイプがありますが、これはドライなタイプです。 使ったスパイスはこの4種類。 上段、左より 「クミンパウダー」、 「コリアンダーパウダー」 下段、左より 「ターメリック」、 「レッドチリパウダー」 キーマカレーは、クローブ、カルダモン、シナモンが入るとビシっとシマルのですが、なきゃなくたって、おいしく作れるんです! ここでも、ひき肉をきっちり焼いていますね。 ちょっと面倒ですが、これをやることで格段にキーマカレーはおいしくなります! 続きは、本編で。 【極上のチキンカレー】これだって使うスパイスは4種類だけ! 「でらいつカレー」の中でも、イチニを争う評判のレシピ。 シンプルな食材ゆえに、おいしく作れるかどうかは あのポイントにかかっています! あのポイントとは、何なのか!? この後、書きますよ~。 このように、材料はシンプルです。 玉ねぎ炒めのポイントはこれです!• 強火で炒める!• 放置して動かすを繰り返す!• ちょっとくらいのコゲは気にしない! 詳しくは本編をじっくり読んでみてくださいね。 【スリランカ風サバカレー】サバの缶詰を絶品カレーに! ここ数年、ちょっと世間を賑わせている 「スリランカカレー」 どちらかと言うと、スリランカカレーの味そのものよりも、スパイスカレーブーム、か・ら・の、見た目の盛り付けがカラフルである、とゆー、インスタ的高反応における高評価、といった感がありますよね。 ……とかなんとか言ってるわたくしも、週イチ間借り営業のカレー店 「TOKYO SPICE CURRY」で恥ずかしげもなくスパイスカレー的なカラフルな盛り付けをしちゃってるわけですが……(笑)。 「でらいつカレー」のレシピではそんな見た目のことではなく、味としてのスリランカカレーを、 「家庭でお手軽に」 というコンセプトで紹介しました。 ポイントの一つは 「ローステッドスパイス」を使うこと。 スリランカカレーは、多くの場合、ローステッドスパイスを使います(使わないものもあります)。 あとは、セイロンシナモンを使うことと、細かい調理をしないこと。 ご覧の通り、にんにく、しょうがなんて、つぶしただけですから。 カレーと言えば付きもののように言われる「玉ねぎ炒め」(アメ色玉ねぎ)も、スリランカカレーでは必要ナシ! このように食材を重ねて煮込むスタイルで調理していきます(もちろん、重ね煮をしないパターンもあります)!! 気になる方は、読んでみてください。 【梅酒ポークカレー】自家製梅酒でカレーライフを充実させよう! 大胆にカットした豚肉を使ったカレー。 見た目のインパクトもさることながら、その味のインパクトに驚いた人も多かったというレシピ。 第二のポイントは、「カレーの素」をおいしく作ること。 つまり、 アメ色玉ねぎを上手に作ることです。 そして、豚肉をしっかり焼き、ごく弱火(とろ火)でじっくり煮込むことです。 煮込むときのテクニックもちゃんと解説しています。 是非、本編を読んで見てください。 【サグカレー】サグってほうれん草じゃないの? 最初に言い訳をします。 この写真、色がちょっと変です(苦笑)。 作りたて、湯気が立っているところを写したかったのですが、なんか色味がおかしくなってしまいました。 というか、この回の写真、全般的に色味が変なんです……(涙)。 多分、ホワイトバランスか何かが間違っていたのと、照明が白熱電球だったからです。 って、言い訳ばかりですみません……。 もう一回、サグカレーの回やろうかな~(笑)。 気を取り直して、材料はこんな感じです。 サグカレーのポイントは、ほうれん草だけではなく、その他の青菜も使うことです。 ここでは、パクチー、ニラ、パセリを使っています。 あと、にんにくを多めに使うこと。 一般的なチキンカレーと比べると3倍くらい使ってます。 それから、地味に大事なのが、 青唐辛子。 辛さももちろんですが、この香りも重要なんです。 そして最後に、きっちり煮詰めること。 おいしいサグカレーが作れないという人は、多くの場合、ここを失敗している人が多いですね。 実はもう一つ、サグカレーをおいしく作るためにはあるポイントがあります。 それは何かって? そ・れ・は……本編を読んでくださいね。 【バターチキンカレー】女性が大好きなカレー! バターチキンカレー、それはとっても魅力的なカレー。 その酸味と甘みとコクで、多くの女性をトリコにしているようです。 「オレだって好きだぜー!」と叫んでいる男性も、きっといらっしゃることでしょう。 使っている材料はこんな感じ。 「でらいつカレー」にしては、多めですね~。 と言いながら、これでも、本格的なバターチキンカレーと比べたら、全然種類は少ないんですよ。 材料の数は多いですが、バターチキンカレーは玉ねぎを使わないので、調理としては比較的簡単です。 タイトルには「チョイむずレシピ」とありますが、本気のバターチキンレシピと比べるとかなり簡単なレシピにしています。 作ってみてください。 是非に! 【マッサマンカレー】 世界一おいしい食べ物って、ホント? タイカレーのひとつ、 マッサマンカレー。 2011年7月、アメリカCNNのサイト「CNNGO」で発表された 「World's 50 most delicious foods(世界で最もおいしい食べ物50)」の1位に選ばれました。 ちなみにですけど、僕の好きな「寿司」は4位でした。 でも、もっともっと大好きな「とんかつ」は……ランクにありませんでした。 知らないのかな~、とんかつ。 おいしいのにな~、とんかつ。 お手製のお手軽マッサマンカレーを作るのに欠かせない三種の神器。 これらは、他のタイカレー、グリーンカレーやレッドカレーを作るときも使えます。 あとは、煎ったピーナッツとジャガイモが入れば、マッサマンカレーは出来ちゃいます。 が……実は、あるものを結構多めに入れるんですよね。 それのおかげで、世界一おいしい食べ物に選ばれたんじゃないかと、わたくしは推測しております。 いや、間違いなくそうです! 絶対、アレのせいです! アレとは、何なのか? 本編を隅々まで読んでくださいね。 【洋食屋さんのビーフカレー】 ルウを使わなくても作れます! 洋食屋さんのカレーって、おいしいですよね。 なんていうんでしょうか、舌触りのいいトロっとしたとろみ、何か分からないけど複雑なうま味。 とにかく、すっごいいろんなものをカレーの中に投入している感じがします。 家でそれっぽいカレーを作ろうと思い、市販のルウを使うと、結果、いつもとたいして変わらない味に落ち着いてしまう……。 まー、それでも十分においしいですけどね。 ある意味、ルウってすごいな~と、感心してしまう瞬間です。 そんな洋食屋さん風のカレーを、ルウを使わずに作ろうというのが、この回のレシピです。 材料、意外とシンプルですよね? たったこれだけで、あの洋食屋さんのような複雑な味わいが作れるのか? と思うかもしれませんが、右下の白い粉に秘密があるのと、あとはちょっとした調理テクニックがあればこの材料だけで十分おいしいカレーは作れます。 ひとつは、 肉の焼き方。 ひとつは、 玉ねぎの炒め方。 ひとつは、 白い粉とカレー粉の焙煎。 その他にも、ちょろちょろと、見逃せないテクニックを紹介しています。 「スープカレーじゃなくて、カレースープじゃないの?」 そんな感想だったのを今も覚えています(ウソです。 覚えてるわけないじゃん!)。 でも、今や完全にカレーのタイプのひとつとして、少なくとも「カレーが好きだ」という人の中では認知されているスープカレー。 この回ではそれを紹介しました。 スープカレーは、本気のヤツを作ろうと思ったら、かなりハードルが高いカレーです。 具材がいろいろ多いうえに、具材の調理がいろいろあり過ぎ。 そう、素揚げとか、煮込みとか、焼きとか……。 それに何といっても、その名の「スープ」。 これを取るのが面倒……そんなイメージですよね。 でも実は、スープを取るのって簡単なんですよ。 さすがに鶏ガラとかを使うとアクを取ったりなんだりちょっと面倒ですが、野菜スープならこうやって切り取った野菜の食べない部分を煮込むだけでいいんですから。 放っておくだけでおいしい野菜スープが作れます。 あ、最終的にはこすので、それがちょっとめんどーっちゃー面倒ですかね? あとちょっと面倒なのは、玉ねぎ炒め、ですね。 でもこれをうまく作れるようになれば、スープカレーはもちろん、たいていのカレーはおいしく作れるようになります。 今まで紹介してきた他のカレーでも、何度も出てきていますが、玉ねぎ炒めのテクニックさえ覚えてしまえば、カレー作りは怖いもんなし! ……と言い切っちゃうと、さすがに言い過ぎかもしれませんが、少なくとも、ワンランク上のカレーは作れるようになります! この回も、玉ねぎ炒めのテクニックを紹介しています。 じっくり読んで見てください。 というわけで、「でらいつカレー」過去に紹介した10種のカレーレシピでした。 これからも、さまざまなカレーのレシピを作り方のポイントと共に紹介していきます。 お時間ありましたら、読んでやってください。

次の

スープカレーレシピ!人気1位はつくれぽ1000超【本格&簡単】

スープカレー レシピ

骨付き肉を使うことでだしが出やすいという利点と、見た目にもボリューム感が出るのでおすすめです。 2、全体をこんがりと焼いたら鍋にかつおだしを入れて、そこに鶏肉を加える。 鶏肉から出た油も鍋に入れます。 火にかけて沸騰したら蓋をして弱火で30分煮る。 3、野菜を切る。 なすはガクを切り落とし、縦半分に切る。 皮目に切り込みを斜めに入れ、水にさらす。 パプリカは縦半分に切って種とヘタを取り除く。 レンコンは皮をむき、5㎜厚さの輪切りにしてから水にさらす。 にんじんは皮をむき、縦横4等分に切る。 しょうがとにんにくはすりおろす。 4、鍋が沸騰したらにんじんを入れる。 さらに蓋をして30分煮る。 5、にんじんと鶏肉を一度取り出す。 しょうが、にんにく、ホールトマト、ウスターソース、オイスターソースを加える。 チリペッパー、ガラムマサラ、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、カレー粉、塩を加えて混ぜる。 6、鶏肉とにんじんを戻しいれひと煮する。 7、フライパンにオリーブオイルを熱し、パプリカを入れて焼く。 野菜によって煮たり焼いたりすることで食感に違いが出ます。 パプリカは焼けたら取り出し、続いてしめじを焼いて焼けたら取り出す。 最後に水気をふいたなすとレンコンを加えて焼く。 8、スープカレーを器に盛り付け、7の野菜を乗せたら完成です。 まとめ スープカレーは体が温まりそうでいいですね。 具材をごろっと入れて作るイメージがありますが、好きな具材に変えてもおいしそうです。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事.

次の

スープカレーの店よりおいしい作り方は?その後のリメイク術も!

スープカレー レシピ

【1】鶏肉は大きめのひと口大に切ります。 玉ねぎは横半分に切って薄切りにします。 じゃがいもは4等分、にんじんは大きめの乱切りにします。 しめじは石づきを取り、ほぐしておきます。 【2】ピーマン、赤パプリカは大きめの乱切りにします。 【4】【1】のじゃがいも、にんじんを加えて油が全体に回るように炒めたら、水、コンソメを加えて強火にかけます。 沸騰したらアクを取り、中弱火で10分程度フタをして煮込みます。 【5】具材に火が通ったらいったん火を止めて、本挽きカレーを加えて溶かします。 しめじを加え、とろみがつくまで弱火で3-4分程度煮込み、塩で味を調えます。 【7】器に【5】のカレーを盛り、【6】のピーマン、パプリカをトッピングします。 memo ・お好みでトマトケチャップ大さじ1(煮込み時または仕上げに)や、トマト小1個ざく切り(玉ねぎと一緒に炒める)を加えると、よりおいしく仕上がります。 ・白飯やパンと一緒にどうぞ。 ・栄養成分は3人前1人当たりの数値です。

次の