アン ジュニョン。 「プロデュース101」投票捏造、Mnetプロデューサーら実刑判決!順位捏造内容を整理

【経緯まとめ】プデュPDアン・ジュニョンが逮捕に至るまでの流れ|X1とIZ*ONEはどうなる?

アン ジュニョン

アン・ジュニョン(アンジュンヨン)の経歴 株式会社 CJ ENM プロデューサー アン・ジュニョン、1979年生まれ 2006年CJ E&M 現CJ ENM へ入社。 2010年にリアリティ音楽オーディション番組『SUPER STAR K』のシーズン2を、翌年にはシーズン3を手がける。 2013年にダンスバトル番組『Dancing9』、『Dancing9 シーズン2』を手がけたのち、2015年にB1A4のジニョン主演でも話題を呼んだ『恋は七転び八起き』でドラマにも挑戦。 ミュージックドラマという新ジャンルの作品を経て、2016年にI. Iという国民的アイドルを誕生させた『PRODUCE101』を、2017年は社会現象を社会現象を巻き起こした『PRODUCE101 SEASON2』を担当。 更にシリーズ3作目『PRODUCE 48』では会いに行けるアイドルをコンセプトに人気を博している日本のアイドルグループAKB48とのコラボレーションを果たした。 引用元:PR TIMES 「 視聴率の保証人」「 オーディション職人」などの別名を持つ、 CJ ENMのスタープロデューサーなのです。 アン・ジュニョン(アンジュンヨン)の顔画像 画像引用元:PR TIMES アン・ジュニョン(アンジュンヨン)が炎上している理由 6日に放送されたSBS「8ニュース」でMnetオーディション番組「PRODUCE」シリーズを演出したアン・ジュンヨンプロデューサーが警察の取り調べで「PRODUCE X 101」と「PRODUCE 48」の順位操作容疑を認めたと報道した。 報道によると、警察はアン・ジュンヨンプロデューサーが昨年下半期から芸能事務所より江南一帯の遊興施設で、40回以上にわたり接待を受けたとし、接待費は1億ウォン(約1000万円)を超えると把握しているという。 「PRODUCE X 101」の投票操作疑惑をもたれているアン・ジュンヨンプロデューサーとキム・ヨンボムチーフプロデューサーは5日、詐欺・偽計による業務妨害などの容疑で拘束された。 ただし、アン・ジュンヨンプロデューサーは2016年と2017年に放送された「PRODUCE 101」シーズン1とシーズン2に関しては操作容疑を否認したことがわかった。 引用元:WoW! 口パクすら犯罪とされてしまう韓国で、不正に選ばれたとされるグループということが明るみになってしまった今となっては活動するのはかなり難しいと言えるでしょう。 報道を見る限りだと、韓国の芸能事務所が1000万円にもおよぶ接待をしていたということなので、日本人メンバ-は関係ないかもしれませんが、日本で売り出すことを考えていたらプロヂューサーが何かをしたということも否定できませんね。 もっと凶悪犯罪について捜査したらいかがですか?って思ってる。 — よん x1shjhsw アンジュンヨンとその周りの汚い大人以外全員被害者だけど、性接待の数エグすぎる。 癒着祭りやん… 若者の夢が汚い大人によって左右されるのはどう転んでも許せん。 — モリケン moriken032413 まとめ 芸能界の悪いところが一気に表に出てきて、タレントもファンもそれに飲み込まれてしまったという感じですよね。 かなり厳しい状況ですが、今後どうなるのか。 こういったことで詐欺で捕まってしまうのは日本ではあっても、明るみにならないか明るみになったところで証明しても逮捕されるようなことはないので、うやむやになってしまう気もします。 なので、韓国のある意味では良い部分と悪い部分を一気に目の辺りにしたような気がします。 テレビで応援して投票して、泣いたり笑ったりしている人がいるので、投票操作は確かに罪深いですよね。 ファンからするとかなりとばっちりを食らった感覚なのは間違いないでしょう。

次の

「PRODUCE X 101」アン・ジュニョンPD&キム・ヨンボンCP拘束…捜査拡大するか!

アン ジュニョン

俳優アン・ジェヒョン(32)側が結局、妻の女優ク・ヘソン(35)を相手取って離婚訴訟を提起することにした。 「チョン・ジュニョン不法撮影波紋」を公益通報したパン・ジョンヒョン弁護士がアン・ジェヒョンの法律代理人を引き受ける。 5日、聯合ニュースによると、パン弁護士は「アン・ジェヒョンが法的対応を準備する状態になった」として「離婚訴訟を提起し、法的証拠を通じて裁判所の判断を受けることが正しいと結論を付けた」と明らかにした。 ただし、現段階ではク・ヘソンを相手取って刑事告訴はしないという立場だ。 パン弁護士はク・ヘソンが4日、SNSを通じて主張した内容の事実関係が間違っている状況だと主張した。 「アン・ジェヒョンから受けた資料を検討した結果、ク・ヘソンの発言が相当部分誇張されて歪曲されていることを確認した」としてアン・ジェヒョンをはじめ、第三者にまで名誉毀損の被害が拡散したと強調した。 また、パン弁護士はアン・ジェヒョンをめぐるデマも正したいという意向を明らかにした。 デマとは離婚問題とともに浮上した「アン・ジェヒョンがチョン・ジュニョンと親しい」「チョン・ジュニョンのチャットルームメンバーだから性格が見え見えだ」などのことをいう。 パン弁護士は「アン・ジェヒョンが私のところを訪ねてきた。 私がチョン・ジュニョン事件に関する公益通報者だったためだ。 アン・ジェヒョンはあのデマを正したいと話した」と明らかにした。 同時に「私が当時のチョン・ジュニョンのチャットルームを調べたところ、アン・ジェヒョンとチョン・ジュニョンの対話はなかった」とし「2016年7月19日、チョン・ジュニョンが第三者との対話で『ジェヒョンさんに会っていないのが1年』と話した事実も確認した」と強調した。 この他にも4日、ク・ヘソンが提起したアン・ジェヒョンの浮気疑惑に対しても「明白な虚偽事実」と反論した。 特に、ク・ヘソンが言及した「ホテルで女性と夜食を食べている写真」はアン・ジェヒョンが結婚前に交際していた恋人と見られるとし、実際にあれば裁判所に提出してほしいと促した。 パン弁護士は「アン・ジェヒョンは今回の離婚訴訟でク・ヘソンと婚姻関係を整理し、自身をめぐる各種誤解を釈明するだろう」とし、「ク・ヘソンもSNSを通じてこれ以上事実に反する内容を流布しないでほしい」と求めた。 2016年5月結婚したアン・ジェヒョンとク・ヘソンは先月、破局の便りを伝えた。 二人は関係が悪化して離婚を話し合う課程で葛藤を表わした。

次の

「PRODUCE X 101」投票操作疑惑で、アン・ジュニョンPDら番組関係者が逮捕

アン ジュニョン

アン・ジェヒョンの恋人は、ドラマ『ブラッド』にて初めて共演したク・ヘソン。 ク・ヘソンと交際がスタートすると、アン・ジェヒョンは、後のインタビューで、「自分の気持ちを隠すことができず、彼女に『可愛い』と言ってしまいたかった」と一目惚れであったことを明かした。 初キスはク・ヘソンの車の中で、彼女から迫った。 2016年5月21日に結婚。 結婚式は挙げず、その費用相当の金額を、小児がんで闘う患者たちのために寄付し、新婚旅行も行っていない。 結婚生活について、アン・ジェヒョンは「ここが天国かと思うほど幸せだ」と述べている。 2人は互いの苗字である「アン」と「ク」をかけて「眼球 アンク 保養カップル」という愛称でファンに親しまれている。 芸能番組『新婚日記』にて彼らのラブラブぶりが放送され、大きな反響を呼んだ 離婚騒動の渦中にあるアン・ジェヒョンの妻で女優のク・ヘソンが、自身のInstagramに「正確な離婚の理由は、アン・ジェヒョンの浮気です。 現在撮影中のドラマで共演している女優とのスキャンダルが、私にも伝わってきて心が複雑です」と暴露したことが原因で、MBCドラマ『瑕疵ある人間たち』で共演中のオ・ヨンソとの関係が疑われた。 「結婚後に夫のパソコンで発見された、その女優とホテルでバスローブを着て夜食を食べている写真を持っています。 裁判所に証拠として提出します」という発言が出たこともあり、オ・ヨンソは所属事務所を通じて直ちに虚偽事実であると明かし、厳正に法的対応を取るとしている。 好きなタイプ アン・ジェヒョンの好みのタイプの女性は、ショートカットの明るい性格の女性、尊敬できる女性を理想の女性像に挙げている。 また、芸能番組『魔女狩り』では、「バストに異性の魅力を感じるとし」、サイズについて「大きければ大きいほどいい」と答えている。 妻ク・ヘソンを好きな理由としては、「何かに失敗しているとさらに可愛く見える女性だ」と明かしている。 また、妻と出演した『新婚日記』では、アン・ジェヒョンがいま聴きたい歌としてトゥワイスを挙げた。 それに嫉妬心を露わにしたク・ヘソンがトゥワイスが好きなのかと尋ねると神妙な笑みを浮かべるという一幕もあった。 性格 アン・ジェヒョンの性格は、両親ともに忙しく、兄とも8歳差であったため幼少期は一人で過ごす時間が長く、幼いながらに愛情を自分に注いでほしいと感じていた。 学生時代は、居眠りがばれないよう1番前の席に座り、苦手な数学では自分を指名しないよう先生に頼んだこともある。 そんな、アン・ジェヒョンは高2でファッションに興味を持ち、将来の職業について悩んだ末モデルになろうと決心した。 現在のように人気になる前からファンたちを大切にする芸能人として有名であった。 特に、ファンからもらったプレゼントに毎回、手書きで感謝のメッセージを公開することでファンを喜ばせた。 モデル時代に出演した番組で、トランスジェンダーの共演者に配慮をしたことで「メンタルイケメン」というあだ名がつけられた。 また、自身の食事の様子を公開し、モデルとして体型などの自己管理を徹底的に行う様子も見られる。 彼自身もインタビューで自身のストイックさに触れ、「一度始めたら最後までやり通すし、1位になれなかったら、1位になれるまで続けなければならない」と答えた。 モデルの仕事にプライドを感じており、「俳優よりもモデルの仕事をしていきたい」としている。 自身の演技について「全てが不足している」と感じ、最近は舞踊を習っている点からも向上心の高さが見受けられる。 読書を通して深く考えることが多いためか、同年代の人たちに比べ考えることが多い。 趣味 アン・ジェヒョンの趣味は料理で、高校生の時に料理教室にも通っていたため、家事全般が趣味である。 好きな歌手はフォアマン、ブラウンアイズ、フィソン、パク・ヒョシン。 またゲームも好きで『新婚日記』では妻ク・ヘソンとともにVRゲームを楽しむ様子が放送された。 しかし近頃、趣味のゲームよりも、妻ク・ヘソンといる時間の方が楽しく、大切で、自然とゲームをやらなくなったという。 そのため彼は妻に「もうゲームは辞める」と宣言したが、ク・ヘソンに「ゲームは一人になるのにちょうどいいのになんで辞めるのか」と趣味の時間も大事にするように、怒られた。 特技 アン・ジェヒョンの特技は、芸能番組『新西遊記2』内で「スマートフォンで長い文章を早く送ること」だと明かした。 他の出演者と競った結果、見事アン・ジェヒョンが優勝した。 また、同番組内で、アン・ジェヒョンが作った料理を食べたスタッフや共演者たちは、あまりの美味しさに感動し、「もうそろそろお嫁に行っても良さそうだ」と冗談を飛ばした。 両親が共働きであったため、小さいころから料理を手伝ったり、料理教室に通ったりして料理が得意になったと語った。 デビュー前の経歴 アン・ジェヒョンのデビュー前、高校時代、テストの成績は良くなかったが、課題を一生懸命こなしたため、成績は常にトップであった。 クラスメートから「大学に行く考えがないならもうちょっと手を抜いてもいいのに」と言われれるほどであった。 隠れて何かするのが嫌いな性格であり、友達に勧められても、酒やたばこはしなかった。 たばこは現在も吸っていない。 高校2年の誕生日の日に網膜剥離の手術を受けた。 現在も月に1回の定期検診を受けており、特殊レンズを使用している。 このため、軍隊では公益勤務要員として職務を全うした。 将来の職業について悩んでいた際は、ファッションに興味はあったものの、モデルになるのをためらっていた。 モデルを志したきっかけは23歳の時に起きた交通事故による全治16週間のケガであった。 事故で寝たきりになったときに才能のない自分に何ができるのか考えた結果、長身を生かしたモデルしかないと思ったという。 しかし、アカデミーを出た後しばらく仕事がなく、実家暮らしのニートの時があった。 あらゆるバイトを経験しているため友人たちからは「バイトの達人」と呼ばれている。 実際に行ったバイトは、中華料理屋で、たくあんを包装するバイト、ネットカフェの受付、アイスクリーム屋など多岐にわたる。 いいお客さんには内緒でサービスしたり、反対に態度の悪いお客さんにはちょっとしたいたずらをした。 運動神経が良くなく、カーテンを閉め切った部屋で過ごすのが好きだったため肌が白い。 出身・家族・学歴.

次の