うつ 休職 過ごし 方。 うつ状態で休職中の過ごし方は?

休職することになった うつの場合過ごし方は?【体験談あり】

うつ 休職 過ごし 方

カウンセリングで、うつ病で休職をしている方から「休職中の過ごし方がわからない」「みんなどうしているんですか?」などの相談をよく受けます。 休職をすることになっただけでもとても大変だというのは言うまでもありませんが、復職に向けた過ごし方がわからなければ、ただただ途方に暮れるしかありません。 ネットで調べてみても、休職した方の体験談などはあるものの、休職から復職までの過ごし方の詳細をきちんと説明している情報が少ないなと感じたので、私が書くことにしました。 ということで、この記事は「うつ病で休職をした人が、休職直後から復職後まで、より安全に復職をするための段階別の過ごし方」についてポイントをまとめています。 初めに、厚生労働省調査班の研究 (参考: の21ページに記載)では、うつ病になって休職した社員の約半数が、復帰後に再発し再休職しているそうです。 うつ病を再発して再休職した人の割合は、復帰から1年で全体の28.3%、2年で37.7%、5年以内で47.1%に達していたようで、およそ半数が復帰後5年以内に再発していることがわかります。 それだけ、うつ病からの復職を成功させることが容易ではないことがわかります。 これについて、これまで多くの休職者を支援してきたカウンセラーの立場から見解を述べると、これだけ再発しやすいのは、休職者も会社も「休職と復職についての正しい知識」を持たないことがひとつの原因なのではないかと感じます。 「休職したのになかなか良くならなくて、気持ちばかり焦って仕方がない」 「休職2回目なんですよ。 前は2カ月で復職したんですけど、すぐに具合が悪くなって、だましだまし半年勤めて結局最後は会社に行けなくなりました」 「診断書の休職期間は1カ月なので、来月から戻らないといけないんですよ。 だから、今から体力をつけようと思って運動しているんです。 でも、すぐにクタクタになっちゃって…」 カウンセリングでお会いする休職者の方の多くは、私に会うまで「正しい過ごし方」を知りません。 あなたもそうではないですか? 知っていますか? うつ病からの復職には、段階に応じた適切な過ごし方があることを。 あなたが抱えている休職と復職についての様々な疑問や不安は、誰もが同じように抱えているものであることを。 そして、あなたが正しい知識をつけることで、安全に復職できる可能性が大きく上がることを。 だからこそ、まずはこの記事を絶対に最後まで読んでください。 あなたの安全な復職を心から応援したい。 休職という耐え難い孤独と不安の真っただ中にいるあなたの支えになりたい。 その一心でこの記事を書きます。 以下、主な症状を「心」と「体」に分けて説明します。 ・何をしても楽しくない。 やる気が起きない。 ・イライラしやすい。 ・罪悪感、自責感。 ・「死にたい」「いなくなりたい」と考える。 寝てもすぐに目が覚める。 眠りが浅い。 ・食欲がなく、体重が減少する。 ・疲労感、倦怠感が続く。 ・頭が重い。 ・便秘、下痢。 ・肩こり、身体の痛み。 これらの症状が続くことにより、欠勤、遅刻、ミス、集中力の低下、コミュニケーションの減少など、仕事にも様々な支障が及ぶようになります。 心身の不調を自覚しながらも無理を続け、結果的に会社に行けなくなるほどに状態が悪化し、上司や人事、産業医などに促されてようやく精神科や心療内科を受診し、そのまま休職になる。 こんな風に、「職場で問題が大きくなってからようやく治療を受ける人が多い」ことも、うつ病の特徴です。 もうあの会社で自分の居場所なんてないし、辞めるしかないかな…。 あんな状態で引き継ぎもできずに休んじゃって、きっとみんなに迷惑をかけているんだろうな…。 初めは一ヶ月で復職するつもりだったのに、三カ月経ってもこんな状態で。 いつになったら復職できるんでしょうか…。 もう前のように接してくれないんじゃないかな…。 安全に復職ができる状態の目安として、以下の5つの項目を参考にしてください。 寝つきの悪さ、中途覚醒、早朝覚醒などの症状が見られない状態。 週5日、定時の時間内に活動できる体力がある。 疲れを感じても、睡眠をとることで回復できる。 仕事への義務感よりも、「今の生活にも飽きてきたな」「そろそろ仕事したいな」という自然な意欲。 この状態にできるだけ早く近づけるように、これから休職中の過ごし方を具体的に説明していきます。 申請して問題がなければ支給されますが、支給が開始されるまでにけっこう時間がかかるため、早めに申請することをお勧めします。 休職する際に会社の人事担当者などから説明を受ける方がほとんどですが、意外と職場から何も知らされずに過ごす方もいます。 収入面での一定の見通しを立てておくことは復職への焦りの軽減につながりますので、休職に入る際に確認しておきましょう。 あなたが休職可能な期間を早めに会社に確認しておきましょう。 診断書を出せばあっさり復職できる会社もあれば、産業医面談や職場が定めた復職トレーニングなど、復職準備に一ヶ月以上を要する会社もあります。 復職をする際に必要な流れは事前に確認しておきましょう。 休職直後は、ほとんどの人が「休職したという事実」を受け入れられず、それに伴う強い罪悪感や不安、苦痛に悩まされます。 休職期間中に最も強い苦しみを味わうのは間違いなく休職初期です。 このような強い不安や苦痛は「復職への強い焦り」につながり、症状の悪化、休職の長期化の原因になります。 だからこそ、正しい知識を持ち、最も苦しい休職初期を乗り越えましょう。 「自分は逃げ出した」「きっとみんなに悪く思われている」などと自責的になり、復帰を焦る気持ちも強くなる。 仕事は休みだが、とにかく落ち着かず、気持ちは全く休めていない状態に陥りやすい。 ・体力をつけるために無理な運動をしたり、資格の勉強をはじめてしまったりと、体力を酷使するような行動をとりやすい。 ・平日は気分が悪く、土日になると気持ちが休めることが多い。 また、気分は天候にも左右される。 ・「診断書の期間を終了すれば復職するもの」と思いやすく、回復していない状態で復職をするケースも多い。 その場合、すぐに調子を崩し再休職となり、さらなる症状の悪化につながる。 「安心」「楽」「安全」「嬉しい」などのポジティブな感情が味わえるリラックスした生活をする。 ・無理に運動や勉強をするなど、体力を酷使することをしない。 ・医師の指示に従い、処方された薬はきちんと飲む。 ・お酒やネット、ゲーム、買い物などへの依存に気をつける。 ・規則正しい生活を心がける。 ・職場との連絡は「休職に関する事務連絡のみ」に徹底すること。 メールをチェックしたり、担当していた業務のことでいつまでも電話対応を行うなど、業務に関わることはしない。 ・診断書に書かれた休職期間は、あくまでも経過を見る期間であり「その期間が過ぎたら復職をする」ということではない。 「来月から復職だ」などと決めつけないこと。 ・焦りや不安、罪悪感などを一人で抱えない。 主治医、カウンセラー、家族などと共有する。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 休職初期の強い罪悪感や苦痛から解放され、休職の生活自体に慣れてくる時期です。 のんびりとした生活ができるため症状も改善に向かい、回復を実感できるようになります。 ・外出したり、本を読んだりといった行動が少しずつできるようになり、回復を実感することも多くなる。 一方で、外出した翌日にぐったりと疲れてしまうなど、まだまだ調子に波のある時期。 「昨日は元気だったのに…。 いつになったら良くなるんだろう」と不安になるなど、体調に一喜一憂しやすい時期でもある。 ・仲の良い同僚と会うこともできるようになるが、そこで「元気そうだね」などと言われることで、「みんな私のことをさぼっていると思っていないかな?」と不安な気持ちになることもある。 体調の波に一喜一憂しない。 ・「友達に会ってみようかな」など、チャレンジしたい気持ちがある一方で不安感も持ち合わせる。 この時期は、「チャレンジよりも自然な意欲」を大事に、無理な行動は慎む。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 状態が安定し、仕事をしていない現状では概ね支障なく生活できる時期で、通勤訓練や会社との話し合いなど、復職に向けた準備を進めていきます。 ・「仕事をしなければならない」という義務感よりも、「つまらないからそろそろ働きたいな~」という意欲が強くなってくる。 ・休職初期の罪悪感を客観的に振り返って見ることができるようになる。 「あの時は自分のことを心が弱いと思っていたけど、今振り返ると病気だったんだな…」と思える。 ・復職に向けた会社との話し合いや、復職トレーニング(復職デイケアへの参加や通勤訓練など)を開始する時期。 ・復職が具体的になってくることで、不安感も強くなる。 復帰した時のことを考えて不安になったり、会社とのやりとりが思うようにいかず、調子を崩したりすることもある。 ・通勤訓練で想定外に疲れたり、会社とのやり取りが思うようにいかないことは珍しいことではない。 「体力の課題がわかって良かった」「思うように進まないと自分はイライラしやすいんだな」など、それらの出来事を前向きに受け止めて準備していく。 ・復職後の業務内容などについて、具体的に確認をすることが大切。 不安なことは積極的に確認するようにし、心配に思うことなどがあれば上司や人事に伝えておく。 ・会社に時短勤務などの制度がある場合には、できるだけ活用する。 時短勤務をすることに対する職場への引け目は誰もが持ちやすいが、会社は「時短勤務をしてもらった方が安心」と考えている。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 ・通院、服薬は医師の指示に従うこと。 絶対に自己判断で中断しない。 ・時短勤務や残業制限など、会社で決められた就業制限は必ず守る。 ・土日は通院などの最低限の活動にとどめ、できるだけゆっくりと休養する。 ・上司や人事、産業医などには自分の体調をきちんと報告し、困ったことがあればすぐに相談する。 ・周りを安心させようとして、無理に元気に振る舞ったり、負荷のかかる仕事を引き受けたりしない。 ・風邪や発熱、体調不良などは疲労のサイン。 「うつ病とは関係ない」で済まさず、医師や上司などに報告すること。 ・飲み会は不調のきっかけになりやすいので当面控える。 「復職してちゃんとやっていくために、今よりももっとストレスに強くならないといけないと思うんです」 「もっと他の人たちみたいに、嫌なことがあっても普通に働けるようになりたいです」 私は、これまでに休職中の方からこんなお話をたくさん聴いてきました。 あなたもそうではないですか? もっとストレスに強くなって、復職して、今まで以上にちゃんと働けるようになりたい。 こんな願いはうつ病で苦しむ方なら誰でも持つものだろうと思います。 そんなあなたが、休職中に「もっとストレスに強くなる」ために絶対にお勧めしたいこと。 それは、カウンセリングを受けることです。 ただ自宅で療養して回復を待つだけではなく、状態に合わせた効果的な過ごし方についてカウンセラーから助言を受けることで、より早期の安全な復職が可能となります。 その過程で、カウンセラーと一緒に休職に至った経緯を振り返り、自分の特徴を把握し、再発予防に向けた取り組みを行っていく。 スポーツジムにトレーナーがいるのと同じイメージで、あなたの復職に向けて、カウンセラーが一緒に伴走します。 「休職した時は本当に辛かったです。 でも、あの時休職してなかったら今の自分はありません。 ずっと自分の気持ちを押し殺して、人に合わせて、いつも無理ばかりしている自分に気づけたし、変わりたいと心から思えました。 結局1年近く休んじゃったけど、今は前よりもストレスを溜めないで、楽に働けています。 休職は神様からの贈り物だったんだろうなと、今は思えるようになりました」 これは、あなたと同じように、辛く苦しい休職を経験して復職した方の言葉です。 あなたは決して一人ではありません。 そして、あなたはこの休職を機に「新たな自分に変わる」ことも可能なのです。 あなたは、これまで自分の気持ちや体調を二の次にして、周りの人や会社のことを優先して生きてきたのではないですか? あなたはもう十分頑張りました。 だからこそ、この休職期間を、ぜひあなた自身のために有効に使ってほしいです。 ご自分とゆっくりと向き合ってみませんか。 それにより、自己理解が深まり、休職という「ネガティブな経験」が「人生の資産」に変わることだってあるのです。 ぜひ、私にあなたのお手伝いをさせてください。 いつでもお待ちしています。

次の

夫がうつ休職して半年。夫の過ごし方・わが家のお金事情を公開!

うつ 休職 過ごし 方

・ 朝が本当に起きられなくなる ・食欲はあるのに吐き気がしてごはんが食べられない ・何をしていてもきつい。 だるい。 中でも 吐き気が一番ひどく、 ごはんを食べることができない為、 衰弱していくのが自分で分かりました。 これはヤバイ。 と思い 会社に相談し メンタルヘルスセンターを紹介されます。 一旦電話でカウンセリングしてもらい 後日、病院のほうへ行き適応障害を診断され 3ヶ月の休職を言い渡されました。 しかしそれは 間違いで 軽い洗脳状態のようなものだったと私は思います。 病院の先生に説得され、会社と連絡を取り休職の旨を伝え 恐る恐る休職期間へと入りました。 これを言われるまでは 会社を休んでいるのに 遊びにでかけるのはなんか申し訳ないなぁ~と思っていたんですね。 しかし実際に休職してみると、 ずっと家に居る生活に耐えられない。 ある程度元気になったら外へ出て遊びに出かけたほうが 健康的な生活を送れると学びました。 全力で趣味を楽しむこと 長期で休めることなど サラリーマンをしていたら盆と正月くらい。 しかも長くて10日ほどの連休です。 それがどうでしょう。 休職期間は普段では到底ありえない期間を休むことができます。 これを機に海外旅行へ行くなんてのもアリだと私は思います。 私の場合は車で旅行するのが趣味なので 国内をひたすらドライブ旅行していました。 4.復帰に向けて医師・会社と話し合う 休職からの復帰は決して無理をしないこと 休職期間は休んで遊んで メンタルをリセットするのに必要な期間です。 半年から1年間かかる方もいるだろうし 私のように3ヶ月(実際は1ヶ月で早期復帰)で済む場合もあります。 人によって様々です。 しっかりと心と体を回復させましょう。 回復が終わると、次は 復帰へ向けて考え始めなければなりません。 ここで大事になってくるのは 決して無理をしないこと。 よくあるパターンが復帰を考え始めると 鬱や適応障害の症状が再発し、また体調が悪くなり始めるというパターンです。 これは自分に甘いとかでは無く、 起きて当たり前の症状です。 悪く思わず医師へ相談し、 休職期間の延長を検討しましょう。 復帰しても結局同じように欝や適応障害が再発し 同じことの繰り返しになってしまいます。 それらが無くなり、復帰への準備が始まります。 思っている事は全て吐き出す 復帰への準備としてまず 自分が何をしたいか考えましょう。 仕事が嫌で鬱や適応障害になったのなら 職種を変えなきゃいけないし 人間関係が嫌だったのなら 部署異動を考えなければなりません。 私の場合は仕事内容に不満がとても溜まっていたので すべて医師や会社の人事に吐き出しました。 そして部署異動の希望を伝え、今に至ります。 1 .まずはしっかりと休む 2.長期休みを利用して遊ぶ 3.自分が何をして生きたいのか考える 4.復帰の際は会社へ自分の思いを全て伝える 欝や適応障害で休職する人は 世の中にはたくさんいます。 自分だけ…と暗くならずに楽観的に考えてみましょう。 そして今度は再発しないように 会社と上手く連携を取って 徐々に復帰すればいいんです。 折り合いがつかないとき、 最終手段として転職を視野に入れましょう。 あくまで最終手段ですよ。 適応障害で休職期間中の給料について 追記:2019年10月15日 また、 休職期間中の給料はどうなる? と、気になる方も多いと思います。 実際に 私の体験談と 世間一般の企業の対応をまとめていますので 合わせて読んでもらえると分かりやすいと思います。 参考にした書籍 下記の本は私が適応障害を発症し、 休職していた際に読んだ本です。 タイトルの通り終わりのない暗闇の中だと 勘違いしがちですが、意外とそうでもないことを 教えてくれました。 よかったら読んでみてください。

次の

うつ病の夫の休職中の過ごし方と復職するまで【体験談】

うつ 休職 過ごし 方

うつ病の夫との休職中の過ごし方をどうするか? 私は30代で二人の子供がいる、専業主婦です。 別のmemoで夫がうつ病になったいきさつや休職にあたって調べたことを書いてます。 夫が休職するとき、一番の不安は私が専業主婦だったので、 夫が休むとお金が入ってこなくなることです。 でも、別のmemoで書いたように、 長期の休職になっても傷病手当がもらえてお金の心配はなさそうだったので、 お金のことは気にしないようにしました。 夫が休むなら、私が少しでも稼がなくてはいけないから、仕事をさがそうかとも思いましたが、 私は器用ではないので、子供たちの面倒を見ながら仕事をするとなると毎日バタバタして、 イライラするのは目に見えています。 そんななか、うつ病で休職中とはいえ夫が家にいると、 「なんで私だけ、仕事して育児して忙しくしなきゃいけないの?」 と八つ当たりしそうなことが、目に見えていました。 また、休職直後の夫は起き上がれなくて寝室に閉じこもっていて、 一人にするのが心配だったので仕事で家を空ける気にもなりませんでした。 なので、お医者様に休職をすすめられた一か月間は、一緒に家にいて様子を見守ろうと思いました。 一か月で治って仕事に行けるようになれがそれでいいし、 休職が長期になるなら傷病手当ももらえるけれど、お給料よりはもらえる金額が減るので、 私も働かなくてはいけないなと思いました。 うつ病で休職中の夫の様子 初めの一週間くらいはほとんど寝ていました。 うつ病になって休職する直前まで、睡眠時間が数時間で会社に行っていたので当たり前かもしれませんが、 夫は基本的に体を動かすのが好きなじっとしていられない人なので、かなり異常な状態だったと思います。 本当にずっと寝ているので、生きているか心配になってたまに寝室に様子を見にいきました。 そっとドアを開けて、呼吸しているのを確認するとそっとドアを閉める…を何回繰り返したことか。 ただ睡眠時間は長かったですが、トイレ・食事・入浴は普通にしていたので、いちおう人間らしい生活はできていたと思います。 子供たちもいるので、私はなるべくふだんどおりの生活や態度でいるようにしていました。 上の子は小学生なのでパパが毎日家にいるのが不思議だったと思いますが、 「パパはものすごく疲れて病気になっちゃったから、お仕事を休んでる」と伝えてみました。 小学生の子も、片道40分かけて歩いて通学しているので、 「ぼくも疲れてるんだけどな」と思っていたかもしれませんが、 普段とは違う状態のパパに何かを感じたのか、パパが仕事を休んでいることには触れず、 いつもどおり学校に通っていました。 私も夫が、このままずっと布団で寝ている状態が続いたらどうしようと思いましたが、 うつ病ことをネットで調べているときに、 病院で先生に 「骨折したら安静にしないと、治るものも治らないですよね。 うつ病も同じです。 まずはゆっくり休みましょう」 と言われたという話をみかけました。 他にも、「無理をすると悪化するので、まずはゆっくり心と体を休ませましょう」 と書いてあったりして、 早く仕事に行けるようになって欲しいと思ってはいましたが、 「今はゆっくり休ませてあげるのが大事」 と自分に言い聞かせていました。 最初の一週間くらいはそんな感じでひたすら体を休めていましたが、 夫もだんだん活動できるようになってきました。 うつ病になったと聞いて心配してくれて、夫の兄弟が家に遊びにきてくれたりしました。 (両親には心配をかけるからと、話しませんでした) 伸び放題だった庭の木の手入れをしたり、エアコンのフィルターの掃除など 普段できない家のことをしてくれたり、簡単なものですが夕食を作ってくれたりしました。 子供たちがいない平日の昼間は、私と夫と二人でカフェにランチに行ったりもしました。 とりあえず、普通の生活ができるようになってくると、「早く、仕事に行ったら?」と言いたくなってしまいます。 「ランチ行くのだってお金かかるんだよ。 その夕食の鍋のためにかったお肉、けっこういい値段するんだけど…。 お金使った分、ちゃんと復職して働いてね」 と、休職中の夫を責めるような言葉が何度も出かかりました。 でも、うつ病は再発しやすいらしく、無理して早めに復職すると、 結局悪化して本当に長期に渡って休まなくてはいけなくなるという記事を目にし、 言いたいことは我慢して夫のやりたいように見守っていました。 そんな日々を過ごしていると、「来週から仕事に行こうかな」と夫が言い出しました。 休職した一か月が終わるのは、ちょうど長期連休の直前で、 お医者様的には長期連休明けまで休んだ方がいいのでは?とすすめられましたが、 夫は「そんなに休むと本当に行きたくなくなってしまう」と連休前の復帰を決断しました。 そして復職診断書を持って、会社に上司の方と話に行きました。 その時に「昇進の話は断りたい。 前にやっていた業務に戻りたい」と話したそうです。 上司の方も、夫の話を聞いてくれて、昇進せずもとの業務に戻ることになりました。 夫は昇進のためのレポート作成が大変な負担になっていたので、しなくていいことになり、 多少悔しい気持ちもあったようですが、ほっとしたようです。 うつ病の夫が復職 そして復職の日を迎えました。 朝、ちゃんと起きられるのか、やっぱり行けなかったと帰ってきたりしないか、とても心配でした。 起きるのは辛そうでしたが、出勤時間に間に合うように起きて、無事に会社に向かいました。 出勤したあとも、やっぱり無理だったから帰ると電話がかかってくるんじゃないかとヒヤヒヤしていましたが、 なんとか一日の勤務を終えて帰ってきました。 やはり久しぶりの仕事は疲れたようですが、心配した同僚の人たちがいろいろ声をかけてくれたので、 夫も休職明けでやりづらいということはなかったようでした。 夫が復職したのは忙しい時期で、帰ってくるのも遅く土曜日も出勤で、 「うつ病で休職明けなのにそんなに忙しくて大丈夫?早めに帰るとかさせてもらったら?」 と言いましたが、 「俺だけ特別扱いしてもらうわけにはいかない」と行って仕事に行っていました。 ちなみにその時はまだうつ病の薬を飲んでいる状態で、眠れない時は睡眠薬も飲んでいました。 薬でうつ病の症状を抑えている状態です。 ただ通院して二週間ほどでうつの状態が落ち着いてきたので、 薬の量はそれほど増やすことはなかったので、うつの症状としては軽い方だったのかもしれません。 「せっかく復職できたのに、また仕事に行けなくなったらどうするの~」と内心かなり心配していましたが、なんとか長期連休に入るまで仕事に行くことができました。 まとめ 今回、夫の休職中言いたいことはいろいろありましたが、わたしはひたすら見守りました。 でも一度だけ少し夫のことを責めるようなことを言ってしまったんです。 するとその後しばらく、 休職したばかりの頃のような何もできない布団からでられない状態に戻ってしまったんです。 やはりうつ病の人を責めるようなことは言ってはいけないんだなと学びました。 ひたすら見守るのは、なかなか辛かったですが、無事に仕事に行けるようになったので本当に良かったです。

次の