イオン アプリ 機種 変更。 コークオンの機種変更時のスタンプ・チケットの引き継ぎ、バックアップ方法

イオンモバイルで機種変更する方法と注意点・手数料

イオン アプリ 機種 変更

Android端末からAndroid端末へデータの移行する方法について皆さん知っていますか。 新しいスマホを新規契約したり、機種変更でスマホに切り替わるときにデータの移行は必ず必要なことになります。 なのでここではAndroid端末からAndroid端末へのデータ移行方法について紹介します。 Android端末からAndroid端末へデータを移行する方法として主にアプリを利用した方法が主流になっています。 またアプリによって事前に設定しておくアプリがあれば、事前に用意しておく設定も異なります。 Android端末が機種変更で準備できたときにデータ移行をスムーズに行うために是非参考にしてみてください。 Android端末からAndroid端末へ機種変更する際にどのようにデータの移行をすればよいか知っていますか。 Android端末からAndroid端末に写真や電話帳のデータを移行する際は、実はAndroid端末でも対応しているツールを利用する必要があります。 もしAndroid端末で対応していないツールを利用するとAndroid端末からAndroid端末に機種変更したのにAndroid端末へ写真や電話帳のデータが移行できないことが発生する場合があります。 なので前もって確認が必要です。 ここではAndroid端末からAndroid端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行する際におすすめするツールについて紹介します。 写真や電話帳のデータ移行に失敗しないように是非確認してみてください。 一般的にAndroid端末からAndroid端末に機種変更した際にデータ移行ができるものとできないものがあります。 Android端末で何のアプリを利用しているかやスマホをどのように利用しているかで移行できるデータが異なってきます。 まずは写真や電話長といったスマホの基本データは移行することができます。 またフリーメールやブラウザのブックマーク等の個人情報に関しも設定により移行することできます。 ほとんどのデータは移行が可能です。 またLINEやゲームアプリは、上記のデータとは少しデータ移行方法が異なりますが、移行することが可能です。 また一方でキャリアメールやおサイフケータイ等のデータは移行できない場合がるので、注意してください。 それでは次にAAndroid端末からAndroid端末へ機種変更した時に、主要データの移行方法や設定について紹介します。 アンドロイドは、GooglePlayを利用していることからGoogleとの相性が非常に良いという面があります。 なのでここはGoogleアカウントを利用したAndroid端末からAndroid端末へ機種変更した時のデータの移行設定について紹介します。 みなさんはGoogleアカウントを持っていますか。 Googleアカウントはとても便利です。 最近ではGoogleアカウントを利用して、様々なサービスを利用で来たり、アカウントを共通設定にすることもできます。 なのでもしGoogleアカウントをまだ持っていない人がいれば作成するのもいいいかもしれません。 まずはAndroid端末からAndroid端末に機種変更した時にGoogleアカウントを利用してデータ移行する場合、旧Android端末でまずGoogleアカウントを確認します。 もしこれが間違っていると移行できません。 旧Android端末を新Android端末で同じGoogleアカウントを利用するようにしてください。 スマホは違うけど同じGoogleアカウントを利用することで、データを移行することができます。 なのでまずは旧Android端末で利用しているGoogleアカウントを確認して、パスポートが合っているか確認してください。 その準備ができればAndroid端末からAndroid端末へデータ移行がスムーズに行えます。 Googleアカウントを利用したAndroid端末からAndroid端末へデータを移行する設定は以上になります。 これで旧Android端末から新Android端末へデータは移行できているかと思います。 なのでまずはデータを確認しましょう。 データの確認方法としては、まずは電話帳やGoogleアプリのデータが引き継ぎできているか確認しましょう。 Googleアカウントを利用しているため、Googleアプリのデータはスムーズにデータが移行ができているかと思います。 またもしデータの移行がスムーズに行えていない場合は、Googleアカウントを間違っている可能性が非常に高いです。 なのでまずはGoogleアカウントを改めて確認してみましょう。 次に紹介するAndroid アンドロイド 端末からAndroid端末へ簡単にデータ移行することができるアプリとして、「JSバックアップ」があります。 「JSバックアップ」は、スマホのバックアップを取得するために作成されたアプリになります。 「JSバックアップ」を利用するには、Android端末で「JSバックアップ」よりデータのバックアップを取得します。 そしてAndroid端末側で「JSバックアップ」よりデータを復元することでAndroid端末からAndroid端末にデータ移行できます。 また「JSバックアップ」はデータ移行だけでなはなく、万が一Android アンドロイド 端末やAndroid端末が故障したり、データが消えた場合の復元のアプリとしても利用することができます。 是非万が一のために活用してみてください。 まずはAndroid端末側で「JSバックアップ」をインストールします。 GooglePlay等からアプリを検索して、インストールしみてください。 比較て多くの人が利用しているのですぐに見つけることができるかもしれません。 また「JSバックアップ」は、一括でデータ移行もできますし。 一部を移行もできるので、どのデータを移行したいかは前もって選んでおきましょう。 ここでは一括ですべてのデータを移行する方法を紹介します。 しかし一括ですべてのデータだと少しデータ量が大きくなる可能性があります。 バックアップを取る時間も長いですし、データを新アンドロイドのスマホで復元するときも時間が掛かる可能性があるので注意してください。 それでは次に旧アンドロイドのスマホで「JSバックアップ」よりデータのバックアップを作成する方法について紹介します。 「JSバックアップ」は一括でデータいこうができるメリットから操作も非常に簡単です。 また「JSバックアップ」は一括でデータ移行できるので、写真やアプリ、電話帳といったデータをまとめてバックアップを作成します。 なのでできればバックアップの対象を絞っておくといいかもしれません。 また「JSバックアップ」よりバックアップを作成するので、旧Android端末にストレージの余裕を作成しておく必要があります。 バックアップデータを予想より大きくなることもあるので、ストレージもチェックしておいてください。 そして次に旧Android端末のデータをどこに「JSバックアップ」よりバックアップを作成するか設定します。 スマホのストレージではなく、SDカードやクラウドサービスにバックアップをとるようにしましょう。 SDカードだと新Android端末にSDカードを挿すだけで、「JSバックアップ」よりデータの復元ができます。 しかしSDカードをなくしてしまうとデータ復元できなくなるので、SDカードの保管は慎重に行ってください。 またクラウドサービスにバックアップを作成すると新Androidのスマホでクラウドサービスの設定するだけデータの復元することができます。 クラウドサービスを利用するとデータの管理はほとんどいらないので楽な面もあります。 Android端末からAndroid端末へデータの移行をする際にアプリも一緒に移行できれば、再度新Android端末でインストール作業をしなくてすみますよね。 「JSバックアップ」であれば、アプリのバックアップを取得することができます。 「JSバックアップ」アプリを起動して、バックアップを取得するときにアプリも指定するようにしましょう。 た だアプリ内のデータは、移行できないものもあります。 LINEのデータやゲームのデータがその対象になります。 なのでLINEやゲームのデータは、「JSバックアップ」で一括でバックアップを取った後に引き継ぎ設定が必要であることを忘れないようにしてください。 特にLINEは事前にデータ引き継ぎ設定があるので注意してください。 「JSバックアップ」のアプリを利用してデータの移行をする場合は、一括で行えるメリットがあるので各種データを一括でバックアップを取ることをおすすめします。 もちろん電話帳のみや写真のみのデータをバックアップを取ることができます。 しかしどうせ新Android端末にすべてのデータを移行する必要があるのなら、各種データを全て一括でバックアップを取って、一括で新アンドロイドのスマホに復元することをおすすめします。 時間の短縮にもつながるからです。 ただ写真や動画で不要のデータがある場合は、新アンドロイドのスマホに移行しないで旧Android端末に置いておきましょう。 あまりにも移行するデータが大きいと、復元に時間がかかるためです。 気を付けましょう。 旧Android端末に「JSバックアップ」で各種データのバックアップを取得してたら、次は新Android端末へデータを移行します。 データのバックアップを新アンドロイドのスマホで復元する作業になります。 もし旧Android端末でデータのバックアップが上手くできていないと、新Android端末でデータの復元ができません。 また旧Android端末でバックアップをとるときにパスワード設定をすることがあります。 最近ではデータを復元する端末側にQRコードを送ってデータの復元することもできます。 しかしのパスワードとQRコードがないとデータの復元ができなくなる可能性もあるので、気を付けて扱うようにしてください。 また「JSバックアップ」を利用すると連絡先からアプリ写真や音楽のデータなども全て一括で管理できるというメリットもあります。 一括でデータを管理できるので、いざというときにデータの復元もスムーズに行えます。 「JSバックアップ」は、連絡先からアプリ写真や音楽のデータなども全て一括で管理できるメリットがありますが、データの移行以外にもデータ紛失による復元時にもとても有効的なアプリになっています。 もしデータが紛失したり、削除されてしまったときは、「JSバックアップ」があれば、いちいちデータを選択しなくても、一括ですべてのデータが復元できます。 なので一括で復元する場合はとくにおススメのアプリになっています。 それでは次にオンラインサービス(ストレージ)を利用した場合のAndroid 端末の主要データ移行方法について紹介しまうす。 オンラインサービス(ストレージ)はみなさん活用していますでしょうか。 なぜ一番おすすめするのかというとDropbox・GoogleドライブなどのオンラインストレージにLINEのトーク履歴データをテキストとして保存しておくと、クラウド上になるのでほぼデータがなくなったり、消えたっていう原因が少ないです。 オンラインストレージを利用しているデータ消えたってこともないですし、バックアップデータをテキストで保存しても、特に管理する必要がありません。 なので安心できる対処法であり、オンラインストレージのデータでも復活できます。 次にAndroid端末からiPhone端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行するのおすすめするツールは、キャリア提供アプリで移行する方法です。 キャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行すると何がメリットであるか知っていますか。 もしキャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行していて上手くできなかった場合、キャリアに問い合わせしやすい点が、キャリア提供アプリを利用するメリットです。 Android端末からiPhone端末への機種変更が初めての人もおススメします。 しかし最近ではSIMフリーや無店舗キャリアもあるので、キャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行するアプリが利用できない場合もあります。 そのような場合は異なる方法を探して、データ移行をする必要があります。 Android端末からiPhone端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行するのおすすめするソフトは、Googleドライブ等で文書や写真を共有してデータを移行する方法です。 Googleドライブ等のクラウドサービスは知っていますか。 Googleドライブ等のクラウドサービスは、インターネットを利用してデータを保管することができるソフトです。 なのでデータの管理等もベンダーが行ってくれるのでユーザ等のあなたは特に気にする必要はありません。 なので日頃からGoogleドライブ等のクラウドサービスを利用している人は、Android端末からiPhone端末に機種変更する際にクラウドサービスを利用して、データの移行をする方法もよいかもしれません。 是非試してみてください。

次の

イオンiD機種変更について|イオンiD|イオンカード 暮らしのマネーサイト

イオン アプリ 機種 変更

スマホを機種変更する時に絶対忘れてはいけないこと、それはバックアップとデータ移行の手続きです。 今回は人気アプリとアドレス帳のデータ移行方法をわかりやすくご紹介します。 LINEは事前の準備をしっかりと 機種変更後にLINEを新規登録すると、友だちやグループのほか、スタンプなどもすべて削除されてしまいます。 まずは事前に確認が3つの項目から見ていきましょう。 まずは「LINEに登録したメールアドレス」(アドレスが未登録の場合は、事前に登録が必要)と「パスワード」。 そして「引き継ぎの許可設定」です。 「引き継ぎの許可設定」は設定後、24時間以内に引き継ぎを行う必要があるので、当日行ってください。 次に、新しいスマホでLINEをインストールしたら、ログイン画面で「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。 そして電話番号を入力すると、SMS(ショートメッセージサービス)に4桁の認証番号が送られてくるので、その数字を入力すればOKです。 上記の流れで引継ぎができない場合やPC版LINEを利用して引き継ぎをする場合などは、LINEの公式サイトを参考に再度引き継ぎを行ってみてください。 フェイスブックやツイッターなどは手続き不要 フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどはログインさえできれば機種変更後も同じように使えます。 必要なのは、メールアドレスとパスワードの2つだけ。 続いてはパスワードについて。 パスワードを忘れてしまっても、メールアドレスがあれば再設定できます。 それぞれの詳細や別の方法、よくわからなかった人は公式のヘルプページを参照してみてください。 Kindleなどは再ダウンロードが必要 電子書籍やiTunes Storeといった音楽ファイルなどは、端末そのものに保存(ダウンロード)して使うようになっています。 これらの「コンテンツ購入型アプリ」は、機種変更後は改めてそのデータを取得しなければなりません。 とはいえ、一度購入しているので金額は発生せず、再ダウンロードという形で入手できます。 Kindleの例で見てみましょう。 こちらはAmazonのアカウントごとにデータを管理しているので、フェイスブックやツイッターなどと同じくログインするための情報(メールアドレスやパスワードなど)があれば問題ありません。 ログインした後に再ダウンロードすれば、機種変更後も同じように読めます。 iTunes Storeで購入した音楽も、サインインして「購入済み」のページから再びコンテンツを入手してください。 機種変更する前に確認をお忘れなく メールアドレスやパスワードなどは意外と忘れがちですよね。 スクリーンショット(キャプチャ)も、機種変更後に消してしまったら元も子もありません。 必要な項目はメモなどで確実に残しておくことが大切です。 アドレス帳の移行はアプリを活用しよう スマホを機種変更した際に意外に手間取るのが、新しいスマホへの電話番号やメールアドレスなどの「アドレス帳」の移行です。 移行するのに携帯電話のキャリアショップに出かけたり、スマホとパソコンをつなげて移行したり、スマホ内のSDカードにアドレス帳を保存してから移行したりなど、移行するのに時間や手間がかかってしまうことがあります。 機種変更したことを家族や友人に連絡したいのに、アドレス帳を移行できていないので、なかなか連絡できない。。。 このような経験をされる方も多いかもしれません。 そんな時はアドレス帳を簡単に移行できるアプリを活用しましょう。 NTTコミュニケーションズが提供するデータ移行アプリ「マイポケット」を活用すれば、古いスマホから新しいスマホへのアドレス帳の移行を簡単に行うことができます。 手元にパソコンがなかったり、iPhoneのようなSDカードが利用できない端末では特に便利です。 機種変更をしたらアドレス帳はスムーズにすぐに移したいもの。 データ移行アプリを上手に活用して、アドレス帳の移行をサクッと終えてしまいましょう! を活用したアドレス帳の移行方法は おすすめコラム• 整理収納アドバイザー・Emiさんに聞く忙しい人にオススメ!夏休み写真のシンプル整理術• きっと家族の宝物に!整理収納アドバイザー・Emiさんに聞く子どもの成長記録を上手に残す撮影のコツ• 眠っている写真が思い出とともによみがえる! 自動的に写真を選んでスライドショーをつくる マイポケットの新機能 「フォトストーリー」をご紹介!• 写真整理の時間をグンと短縮!マイポケットの「自動分類」「ラベル」を使って膨大な写真ライブラリもスッキリ整理•

次の

スマートフォンの機種変更を行う場合の注意事項はありますか?

イオン アプリ 機種 変更

三井住友銀行アプリ <Androidをご利用の場合> 三井住友銀行アプリ(Ver. 1以降)のログイン前の設定画面より、SDカードへのバックアップが可能です。 ただし、セキュリティ確保の目的により、パスワードカード(スマホアプリ版)は無効になります。 機種変更後は、アプリをダウンロードの上、あらためて利用登録をお願いいたします。 利用登録に際しては、「お届けの電話番号」にて当行からの自動コールバックを受けていただく必要があるため、「お届けの電話番号」が通話可能な番号であることを確認いただき、必要に応じて、機種変更前に変更をお願いいたします。 また、一部の通知情報や、Moneytreeの登録情報等は引き継ぐことができません。 2019年3月1日にアップデートされる以前のバージョンの三井住友銀行アプリでバックアップされたデータは、機種変更後に読み込むことができません。 バックアップを行う際は、事前に三井住友銀行アプリをアップデートしていただくようお願いいたします。 <iPhoneをご利用の場合> iTunesの暗号化バックアップ機能を使用してアプリ内データを引き継ぐことができます。 機種変更前にiPhoneの暗号化バックアップを取得し、機種変更後のiPhoneに復元してください。 くわしい手順については以下をご覧ください。 なお、セキュリティ確保の目的により、パスワードカード(スマホアプリ版)は無効になります。 機種変更後は、アプリをダウンロードの上、あらためて利用登録をお願いいたします。 利用登録に際しては、「お届けの電話番号」にて当行からの自動コールバックを受けていただく必要があるため、 あらかじめ「お届けの電話番号」が通話可能な番号であることを確認いただき、必要に応じて変更をお願いいたします。

次の