アラフィフ 初産。 アラフィフ初産 45歳から出産したママたちの体験談、その現実とは?

アラフィフの出産

アラフィフ 初産

私の友人の知り合いの方の話なんですが、48歳で2人目をご出産されたそうです。 私は今44歳なのですが、数年前に2人目の不妊治療が上手くいかず断念しました。 治療に大金をかけるよりも今いる子どもとの時間を大切にしようと気持ちを切り替えました。 今後積極的な治療はしませんが、普通に仲良くしていれば数パーセントくらいは可能性があるのかな?と少し明るい気持ちになりました。 友人のお知り合いが特別なんだと思いますけど。 気になって調べたら、 2017年、40代後半の出産数は1,450人だったそうです。 少ないような多いような? 皆さまの周りで40代後半で出産された方ご存知ですか? やはり若々しい肉体の持ち主なんでしょうか? よろしければおきかせ下さい! ユーザーID: 3492630592 保育園の職員です。 今の園で8年目、兄弟姉妹揃ってお世話した子供達が沢山います。 三人姉妹の末っ子が年少さん、お姉ちゃんが年長さんから関わりのあるご家族、末っ子が年長さんの時に妊娠判明。 そもそも末っ子ちゃんも40代での出産で、もう40代半ばを過ぎて、生理が来なくなり、あぁ私もそろそろ更年期かなーと受診したら、既に5ヶ月だったと笑いながらお母さんが話してくれました。 今、その時の四女が年中さん。 お母さんは50歳超えてますよ。 でも幸せそうな仲良し家族です。 お父さんもお母さんも、一緒に送り迎えに来たり。 幸せメンタルって、身体にも影響があるのかなぁ、と思いました。 コウノトリさんが遊びに来たいような生活が出来たら楽しいですよ、きっと。 ユーザーID: 4063939235• 一応、ふたりとも47歳です。 ひとりは、「47歳で産んだ子が11歳になった!」と言ったことで知りましたが、その方のふたり目のお子さんが同級生でした。 もうひとりは、47歳らしい!と噂が駆け巡っていたのですが、他の人より付き合いがあった私は、どうも1歳サバ読んだ気がしてます。 ふたりとも、不妊治療とは無縁です。 別にもうひとり!と願っていたわけではなく、授かったから産む選択をした、という経過です。 ふたりとも、初めは更年期を疑ったようでした。 初産が遅かったけれどコンスタントに5人授かった方と成人した子どもがふたりいた方です。 ふたりの共通は、夫が年下ということですが、ふたりに接点はありませんし、産まれた年も違います。 ユーザーID: 2032095691• 昔もあったと 私は35で産んで、諸般の事情で一人っ子でいこうとおもっていたんですが、亡くなった祖母(大正生まれ)が時々思い出したように「もう産まないの?」ということがありました。 私が40過ぎの頃「いやーもう年も年だしね」と言ったら「昔は50くらいまで産む人いたよ、ほら、家族計画みたいなものも都会と違ってよく分からなかったからねえ」「もう髪も白くなった人が自分の赤ん坊背負っていたりしたよ」って。 なので、高齢になると妊娠しにくくなるのは確かでしょうけど、無いことでも無いんだと思いますよ。 今より栄養状態がいいとは言えないし家事も農作業も過酷だった時代なので、若々しいというよりは丈夫で健康ではあったのかなとは思います。 ユーザーID: 5844705091• 42歳で第1子、45歳で第2子 45で自然妊娠、46歳で 出産しました。 第2子ですが、上の子とは 15 歳 離れています。 43歳で、再婚して 44歳の時に 一度妊娠、残念ながら 流産してしまいましたが、 その時にお医者様から 「この年齢で、妊娠しても 継続は 難しいです。 辛いとは思うけど、あまり期待しない方が良い」と言われ 年齢的に そうだよね と妙に納得していたのですが…。 自営業で、一日中 立ち仕事。 妊娠中も 普通に過ごし、 海外小町なので 産後も 夫と二人で 乗り切りました。 体力と元気はありますが、やっぱり 授かりもの だなあと言うのが 正直な感想です。 私の住んでいる国では、51歳で自然妊娠された方が 今の所 最高年齢だそうです。 ユーザーID: 8107572168• 48歳、初産&自然妊娠 トピをたてたものです。 返信の仕方がわからず、トピ主のマークがつかないかもしれません、、、 みなさま、本当にどうもありがとうございます! いろいろなお話聞かせてくださって嬉しかったです。 とても稀なんでしょうけど、身近な方で40代後半でご出産された方がいらっしゃるのですね。 中には卵子提供の方もいらっしゃるのかもしれませんが、、、 どちらにせよめちゃくちゃ羨ましいです!! 第一子が赤ちゃんの頃、柔らかくてほんわかして、いい匂いがしてとにかく可愛くて、、、 本当に幸せな時間だったので、もう一度!と不妊治療していましたが、叶わず無念です。 (もちろん子供は今も可愛いですけど、次元の違った幸せな時間でした) まあ高齢で授かったら死に物狂いになるのかもしれませんね。 確率を教えてくださった方、ありがとうございます。 数値で見るととてもとても自分が該当するとは思えませんね、、、 ユーザーID: 3492630592• 海外では五十歳で出産という場合も 四十代前半なら、友人で一人いますが、知人の台湾人の方ですが、「私は母親が五十歳の時の子供なんです」とおっしゃられる方はいます。 ご自身、すらっとした美しい方で、同じく五十代なんですが、もうご両親は存命しておらず、写真のみ存在するだけだそうです。 もちろん祖父母は写真でしか見たことがないと言っていました。 同じ東洋人ですが、年を経てからのお子さんというのは、普通にいらっしゃるようですよ。 その台湾人の方のお話では、そう珍しい話でもないような感じでした。 マドンナヴェルデという松坂慶子さんのドラマがありましたが、生理があれば、可能性はあるわけなので、非常にめでたいことで、あるのではないでしょうか。 ユーザーID: 4669921062.

次の

自分を一番綺麗に見せる!アラフィフ女性が知っておきたいメイク術

アラフィフ 初産

つい濃くしすぎてしまいがちなアラフィフでのメイク 実は悩みが尽きないアラフィフ世代のメイク アラフィフともなると、シミやくすみ、たるみなど、気になる部分が増えてきて、それを隠そうとするあまり、どうしてもやりすぎメイクになりがちです。 ベースメイク一つとっても、下地、コントロールカラー、日焼け止め、ファンデーションにコンシーラー、そしてパウダー…と、上手に使いこなせていればいいのですが、一つ間違うと厚ぼったい不自然な肌に仕上がってしまいがち。 また、アイメイクにしても、アイライナーやマスカラはもちろん、アイカラーを何色も使ってグラデーションを作ったはいいけど、なんだか濃すぎる仕上がりになってしまった、ということはないでしょうか。 逆に、若い頃から同じメイクのままで、変えたいとは思いながらも、一体何をどうしたらいいのかわからない、というアラフィフさんも多いかもしれません。 不自然な厚塗り感が出るのがイヤだったり、いまいちベースメイクのやり方が分からず、適当にファンデーションを塗っているというアラフィフさんもいたりして。 もしくは、毎日忙しすぎてメイクにあまり時間をかけられない。 適当にファンデーションを塗って、眉を描くだけで精いっぱい!という人も多いのではないでしょうか。 このように、とかく、アラフィフ世代のメイクにはお悩みが尽きません。 ここでは、アラフィフ世代の魅力をより引き立てる、やりすぎないナチュラルなメイクについてご紹介していきます。 アラフィフのメイクでやってしまいがちな失敗は? 「やりすぎ」「やらなすぎ」どっちもありがちなメイクの失敗 アラフィフさんがついついやってしまいがちなメイクの失敗は、やはり「塗りすぎ、やりすぎ」ではないでしょうか。 シミやくすみなどを隠そうとするあまり、やたらベースを作りすぎてしまって、結果顔だけが白浮きしてしまったり、笑いジワにファンデーションが溜まってしまった… なんて悲劇を経験したことのあるアラフィフさんも多いかもしれません。 また、年齢を重ねるとどうしても皮膚がたるんできて、目元や口元がぼやけた印象になりがちです。 それに抗おうとするあまり、アイメイクをやりすぎて、やたら真っ黒な目元に仕上がってしまったり、リップラインがやたらくっきりしすぎて不自然な印象になってしまったりといった失敗も、できれば避けたいものですよね。 逆に、やりすぎ感を避けようとするあまり、貧相なメイクになってしまっている危険性もあります。 悲しいかな、ファンデーションをさっと塗って、眉を描くだけでもなんとかなるのは若い子の特権。 特に、外で働くアラフィフ世代であれば、ナチュラルでありながらも、それなりにきちんと見えるキレイめメイクをめざしたいものです。 とはいえ、若々しい印象でありながら、ナチュラルでキレイめに仕上げるためには、一体どういったことに気を付けてメイクすれば良いのでしょうか? アラフィフからのメイクは道具選びも大切に 良い道具は、仕上がりだけではなく使い心地も違います ナチュラルメイクでありながら、アラフィフならではの魅力を引き出すためには、まず、メイク道具から見直してみるということが必要かもしれません。 付属品のファンデーションパフや、アイメイクブラシ、チークブラシも、最近では高品質なものが増えてきてはいますが、やはり普段使いするにはちょっと物足りないかもしれません。 極端に高価なものを揃える必要はありませんが、できれば専用のものを使い分けるようにしたいものです。 たとえば、同じチークブラシにしても、付属品のものと、専用で売られているものとでは、やはり肌ざわりも、仕上がりもまったく違ってくるでしょう。 さっとひとはけして、べったり肌についてしまうチークブラシと、ふんわり自然な血色を演出してくれるブラシとでは、その仕上がりの差は歴然ですよね。 もちろん、定期的にきちんとお手入れをしたり、専用の洗剤で洗うなどのこまめなケアも大切です。 他に、鏡や眉カットのハサミなども、なんとなくずっと同じものを使い続けているというアラフィフさんも多いかもしれませんが、たとえば三面鏡に変えてみたり、ちょっとクオリティの高いものに交換してみてもいいでしょう。 それだででも、美容に対するモチベーションがぐぐっと上がることだって大いにありえますよ。 アラフィフ女性が知っておきたいメイク術 では、実際にアラフィフさんにおすすめの、最大限に魅力を活かしつつ、ナチュラルに、年齢相応のキレイを実現できるメイク方法について、いくつかご紹介していきます。 アイライナーに黒は使わない! アラフィフともなると、どうしても目元がたるんできたり、ヨレてきて、どうしてもぼやけた印象になりがちです。 まぶたが少しずつ下がってくるので、昔はぱっちりした目が自慢だったという人でも、たれ目になってきたり、ちょっと小粒な印象になってしまったり。 でもそれはそれで、目元が優しい印象に変わったり、笑いジワが素敵な印象を与えたりと、マイナスなことばかりではありません。 逆に避けたいのは、その変化を隠そうとするあまりに、やたら濃いアイメイクになってしまったり、真っ黒な目元の印象に仕上がってしまったりすることです。 それを避けるための一つの方法として、アイライナーに黒を使わない!という思いきったメイク方法があります。 王道のカラーはブラウンですが、他にネイビーやカーキ、濃いパープルなども雰囲気が出て素敵です。 強くなりすぎたり、キツく仕上がってしまうことが心配な方であれば、マスカラも思いきって黒をやめて、ブラウンやネイビーをチョイスするのも良いでしょう。 人とは違った、ちょっと印象的な目元に仕上げることができますよ。 手抜きメイクでもマスカラは必須! キツい、重たい印象になることは避けたいものの、アラフィフさんに絶対に抜かしてほしくないアイメイクのプロセスがマスカラです。 アイカラーやアイライナーはブラウン系などの肌になじみやすいナチュラルなカラーをチョイスして優しく自然に仕上げて、マスカラでパキッとした活気のあるイメージを添えることで、バランスの取れた目元が作れるでしょう。 アイライナーと同じく、黒だとちょっと重たい印象になりすぎるな、と感じたら、ネイビーやブラウンなどのマスカラも、最近では多く出ていますので、そういったカラーを選択するのも良いでしょう。 アイカラーと合わせて、マスカラの色を日々変えるのも素敵ですよね。 眉毛は手入れしすぎず、自然な太さを活かすのが今風! アラフィフ世代の若い頃と言えば、アムロちゃん全盛期で、なんといってもその細い眉毛が特徴的でした。 アムラーファッションに、これでもか!と抜きまくった細い眉で街を闊歩していたアラフィフさんも多いのではないでしょうか。 その影響で、今でも眉毛がまばらにしか生えてこない… と嘆いている方も多いかもしれません。 そして、きちんとした印象に仕上げたいあまり、今でも毎日眉毛のお手入れは欠かさない!という真面目なアラフィフさんも多いでしょう。 しかし、海外セレブのファッションスナップなどを見ていても分かりますが、時代は完全に太眉が席巻しています。 エマ・ワトソンのくっきり眉や、カーダシアンファミリーのしっかり眉毛が、今は最高におしゃれなんです! そのため、あまりにもお手入れしすぎた作りこみすぎの眉毛は、逆におしゃれ感に欠け、ちょっと古臭いイメージを与えかねません。 カットしすぎず、ちょっとボサッとした自然な毛流れを活かしたナチュラルな太眉は、それだけでいきいきとして、若々しい印象に仕上げてくれるでしょう。

次の

アラフィフ初産 母になる

アラフィフ 初産

「46歳で妊娠、出産なんだけど変に思う?」 そう聞いた友人の、少し落ち込んだ声にビックリしました。 38歳で結婚、それから8年あまり、待ち望んでいた子どもを授かったと聞き、さぞや喜んでいるだろうと思ったら、 「最初は夫と飛び上がる程喜んだのよ、でもさ、よく考えたら子どもが幼稚園入る頃には私は50歳よ・・・。 職場でも妊娠したので退職しようと思うとまず上司に話したらポカンとされちゃったし。 高齢だから、病院ではリスクの話をまずされるし、なんだかどんどん不安になっちゃってね」 立て続けに話し出した彼女にうなずきながら「バカなこと言ってないで、体調にだけは気をつけて妊娠期間はノンビリ、楽しく過ごさないと!」と思わず励ましてしまいました。 ただ、実際にアラフィフで初産となると、似たような思いをしている人が多いようですね。 今回は、45歳からの初産を経験したママたちの声を集めました。 喜びよりも困惑した現実 「妊娠ときいて〝え?〟と答えた私」 42歳バツイチ(互いに子どもなし)同士の再婚でしたから、子供がいなくても楽しいパートナーとして暮らしていこうという考えでした。 それが45歳の時に胃が苦しい感じがして診察を受けたら、まさかの妊娠。 それを告げた時の夫も正直、喜ぶというより「えっ」って。 まぁ私も病院で「えっ?」でしたからね。 お互いに子供は大好きで、甥っ子たちを実の息子みたいに可愛がって運動会とかも応援に行っていたくらいですが、想定外というか思ってもいなかったので嬉しさよりも戸惑い、それから、妊娠出産の知識もなかったので 「大丈夫だろうか」という不安感が大きかったです。 いろいろ調べて出産に強い大きな私立の総合病院を選びました。 そこでとても良い先生に巡り会えて「ウチのような病院では40代出産は多いんだよ、あんまり心配しないでね」と。 だけど、自治体が行っているプレママ教室に参加してみたら、それこそ若い、20代からせいぜい30代半ばの女性ばかり。 自己紹介で最初の若い女性が年齢を言ったんですよね、それで何となくみんな年齢を言う感じになっちゃって。 私の時「45歳?え、2人目とかでもこういうの参加するんだ」ってヒソヒソって声が聞こえて・・・。 ああ、私は高齢出産だと突きつけられた感じでした。 でも病院で開催している母親教室の方は、同じく40代初産の人が数人いて、そこで話をするようになって、初めて色々と相談したり愚痴を言い合ったり、励まし合ったり出来て、本当に良かったです。 同年代の知り合いができると、アラフィフ出産もとても気楽になりますね。 一瞬でも「この年齢で妊娠とか・・・初産で・・・なんかな」と思ったことを子供に対して今は本当に申し訳なかったなと思っています。 でも、実際にアラフィフで初産という人はみんな色々困惑することがあるんじゃないでしょうか。 やったー!と思ったのは束の間で、同時に高齢出産のリスクとか、体力の問題とか、子どもが大きくなって参観日とかに行ったら〝おばあちゃん〟と思われたら・・・どうでもいいようなことまで、本当にアレコレと頭に浮かんで、最初は戸惑うというか、悩みの方が大きかったです。 障害がある可能性が高くなるのは事実ですが、すべては神さまの決めることというか、授かるものなのだから、そこは夫婦でよく話し合い、結局、事前の検査は受けませんでした。 それが正しいのかどうかではなく、納得して決めればいいのだと思います。 そういうことも含めて、若い時ならイキオイで乗り切れる?出産も、確かに 45歳すぎての初産は色々と深刻に考えてしまう事は多いですね。 でも、結局、いくつで産んでも出産は女性にとって大変なことです。 年齢のことも気にしすぎないのが一番だと思います。 でも、コレ、無事出産したから言えることなんですよね。 特に職場では結婚して約15年、子どもが授からないんだろうという暗黙の了解?のような感じだったので、今さらながら妊娠しましたと言うのが・・・・。 悪気はないのはわかっているんですが、若い男性職員が「えっ、47歳で妊娠ってすごいっすね、うわー」って反応した時、なんか好奇の目で見られているようですごく嫌だったです。 それから、5歳の子どもがいる34歳の義妹から「よかったんだろうけど、その年齢で初産ってお姉さん、大変よ。 ママ友とか作りづらいだろうし、幼稚園とかで50歳ってママはほとんどいないけどなぁ」となにげなく言われた事もとても胸に引っかかりました。 でも5歳年下の夫はとても喜んでいます。 両親もです。 周囲の雑音は良いことだけを聞いて、アドバイスと思えるものは自分で選んで信じるものは信じて、そして変な目で見る人や興味本位の言葉は聞き流すようにしています。 でも「私も3人目は43歳だったんだけど、高齢出産は大変だよ。 産んだ後の体力もなかなか快復しないし、それ以前にやっぱり障害とかのリスクも大きいから」とアドバイスなんでしょうが、逆に不安をあおるような(あおるように私には聞こえた)ことを言う知り合いもいて、それほど気楽な妊娠期間ではなかったです。 でも、産んでみたら、どーってことない。 いや、確かに体力は大変です。 特に少し大きくなってからですね、でも、いいんですよ、初産にこだわらないなら40代の高齢ママも少なからず周囲にいますし、それに何より経済力もある。 お金ですませられることはすませる、早く産んでいる人からすると「ウソでしょ、45歳で妊娠!」って言われちゃったりしますが、気にしないことです。 その人が妊娠してるわけじゃないんだから(笑)生まれたら、ホント可愛いですよ。 実は48歳の時に産みました。 で、幼稚園でもママ同士の年齢の話にはなりますが、ひとまず、曖昧に答えてます(笑)でもまぁ、何となくはわかっているでしょうが、その辺は一応美容とかファッションとか、いろいろ気を配って、若作りはしないけど、老けて見えないように努力はしています。 何よりわが子、可愛いですよ!たまにイライラして怒鳴りつけているママを見ると、確かに遅い年齢で子どもを産んだから体力とか厳しいけど、精神的な余裕があるのかな、おおらかに子どもの成長を見守れるな、と感じます。 あまり周囲と比べないというか、この子の個性を大事にしょう、みたいなことを肩肘張らずに思えるのは、それまでの経験あればこそ、かなと思うんです。 体力なしは経済力でカバーできることもあるし、思ったよりは大変ではありません。 教育については、将来私たち親の老後は近いわけなんで、その辺も考えて、なるべく自由にさせるけど早くから自立を考えていけるよう育てないとね、なんて夫とはよく話し合っていますけどね。

次の